iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.05.10
2019.12.19

ディスプレイが曲がる驚愕のスマートウォッチ「Nubia α」

2018年秋に国際家電ショー「IFA2018」でデビューし、世界最大の携帯通信見本市「MWC 2019」で再登場したNubia α。コンセプトやデザインに至るまで大幅に刷新されるなど、その進化には目を見張ります。ウェアラブルウォッチならぬ「ウェアラブルフォン」とNubiaが銘打つNubia αについて、今回紹介します。

記事ライター:iedge編集部

最先端の技術を取り入れたスマホを販売するNubia

Nubiaは、スマートフォンを販売する中国企業ZTEの関連会社です。日本ではZTEはあまり知られていませんが、世界では第4位のスマホのシェアを占める大企業です。そのZTEが2015年にNubiaを立ち上げました。

両面に大きなディスプレイを搭載するスマートフォン「Nubia X」を販売するなど、Nubiaはディスプレイにこだわりがあり、今回発表したNubia αもディスプレイが特徴的です。

 

ディスプレイが曲がるNubia α

Nubia αの最大の特徴は、折れ曲がる有機ELディスプレイを搭載している点です。Nubia αのディスプレイは腕に巻きつけても大丈夫な構造になっていて、Nubiaによると10万回曲げても耐えられるとのことです。

ディスプレイの解像度は縦960ピクセル、幅192ピクセル、アスペクト比は45:9と縦長ですが、画素密度は225ppiなので、文字や映像もはっきり映し出されます。

ただし、プロセッサには世代遅れのSnapdragon Wear2100が搭載され、RAM1GB、ストレージは8GBと若干不安を感じるスペックです。しかしながら、それでも反応は良好と評判です。OSにはAndroid OSを改良したカスタムOS「α OS」が採用されています。

 

スリム化されたデザイン

IFA2018でNubia αが初お目見えした際には、ベルトの幅が広すぎて不評でしたが、Nubiaαのデザインが刷新されスリム化に成功しました。ただし、バンド全体をディスプレイ化したため、表示領域が広くなっています。

Nubia αのディスプレイサイズはなんと4インチ(約10.2センチメートル)。Apple Watchの一番大きなサイズで1.78インチですので、Nubia αのディスプレイサイズはスマートウォッチとしては規格外の大きさです。

ボディはステンレススチール製で酸化処理され、耐水性と耐熱性の両方を兼ね備えます。eSIM版のみですが、18金メッキを施したモデルがラインナップに加わり、ゴージャスな雰囲気が醸し出されています。

Nubiaはバッテリー容量について、500mAhの充電池では、1回の充電で2日もつと公表しています。これはApple Watch以上の寿命で、外出時にバッテリー切れが気になる必要もありません。

 次ページ >
Nubia αの機能・価格は?

 

Nubia αの機能

Nubia αはSIMカードを内蔵したeSIM版と、Bluetooth版の2種類がラインナップされています。グローバル版はスマホとBluetoothで接続し、スマホの代わりにほとんどの操作がNubia αで行なえます。電話の発着信はもちろん、ビデオチャットやアルバムの閲覧も可能です。

eSIMモデルでは、単体での通話やインターネット接続が可能になります。Nubia αには500万画素の解像度のカメラが搭載され、ビデオ通話も可能です。数字キーパッドを使って電話を発信し、Bluetoothヘッドセットを使って通話をします。もちろん、音声操作だけでも通話機能が利用できます。

スマートウォッチとしてNubia αを使用することも可能で、音楽再生の機能も搭載されています。アプリではSNSやWeChatといったメッセージアプリ、AliPayなどのモバイル決済や、カレンダー、ヘルストラッキングなどがプリインストールされています。また、今後Nubia独自でアプリストアを展開し、アプリの追加が予定されています。

 

ディスプレイの操作機能が多彩

ホーム画面は3分画されており、中央の時計の上下にアプリのショートカットアイコンが並びます。そのため、アプリの一覧やメニュー画面を呼び出す必要はありません。アプリケーションメニューのグループへの移動も可能で、画面を左右にスワイプするだけです。

アプリの一覧はグリーン、オレンジ、ブルーのように、色でグループ分けされています。たとえば、各グループに通話やカメラなどのアイコンが入っています。

ディスプレイのカスタマイズも可能です。ディスプレイ中央に表示された時計を上あるいは下にずらすと、ショートカットアイコンが中央に表示されます。

Nubia αの側面には、搭載されたカメラを利用した「A.I.M」と呼ばれるハンドジェスチャー機能が搭載されています。ハンドジェスチャー機能とは、カメラに映った指の動きで時計を操作できる機能です。

指先を左右に動かすと、画面を左右にスクロールでき、上下に動かすと、画面が上下にスクロールされます。画面を2本指でタッチし指先をつまむと、「戻る」の操作が行われます。

 

気になるNubia αの価格は?

世界各国でNubia αが発売予定で、Bluetooth版が全世界に向けて4月から発売、海外ではeSIMモデルのEU版が7月から9月にかけて、北米版が10月から12月に販売予定です。

eSIM版は4月10日に、既に中国で販売を開始し、Nubia αの価格は549ユーロ(約69,000円)です。Bluetooth版は若干安く449ユーロ(約57,000円)です。一方、18金メッキのeSIM版は649ユーロ(約82,000円)で販売されます。

Nubiaは日本に参入されていないので、発売は期待しにくいですが、是非とも市場に登場してほしいものですね。

関連記事

NEW

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.