iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.08.15

【2019年最新】スマートウォッチはなぜオススメなのか?人気の秘密を徹底解説

「スマートウォッチに興味があるけれど、購入するか迷っている」という方は多くいらっしゃいます。ここでは、通話や音楽を楽しめるのはもちろん、スポーツに最適、睡眠時間や血圧計測ができる、価格の安い、おしゃれなど、ネットで噂の最新情報も交えつつ、人気&おすすめのスマートウォッチをご紹介します!

記事ライター:iedge編集部

スマートウォッチとは

スマートウォッチは「ウェアラブルデバイス(身に着ける端末)」ですが、ただの時計ではありません。

代表的なのは、文字盤に当たる部分がディスプレイになっている端末です。時間はもちろん、アプリ、メール、SNSの通知、天気など、さまざまな情報が表示されます。自分で表示を切り替えたり、表示される情報をカスタマイズできたりもします。

メールやSNSなどの通知には、音声を使って返信することも可能で、通話や音楽を聴くといったスマホ独自の操作から、ランニング、睡眠、血圧の測定などヘルスケアまでできる端末もあります。

スマートウォッチの人気はここ数年で急上昇しており、iPhoneやAndroidなどのスマホと連動させれば、より便利に使うことができます。まさに「スマート機能を持つ次世代の時計」なのです。

 

スマートウォッチのタイプ

各メーカーから、さまざまなタイプのスマートウォッチが販売されています。代表的で人気&おすすめの3つのタイプをご紹介します。

見た目は機能性と同じくらい重要ですので、自分に合う端末を絞り込む際のヒントにしてくださいね!

タッチディスプレイ型

もっともスタンダードで人気があり、おすすめなのがタッチディスプレイ型です。iPhoneやAndroidなどのスマホ操作に慣れている方なら、いちばんしっくりくるでしょう。端末の種類も豊富で、直感的に操作できる点や、表示される情報量が多い点が特徴です。

アナログ型

文字盤がアナログ時計のようなデザインになっているタイプです。「仕事柄、派手な時計はNG」「アナログの文字盤が好き」といった方に人気です。見た目はアナログ時計ですが、スマホと連動し、通知も受け取れます。人と違うデザインを求めている方にもおすすめです。

ネオンサイン型

スポーティーかつスタイリッシュなスマート感で人気があるのが、ネオンサイン型です。上の2タイプと比べて装着感は少なく、ランニングなどでも邪魔になりにくいため、おしゃれに決めたいビジネスマンにもおすすめです。もちろん、スマホ連動・通知も可能です。

 

スマートウォッチのOS

iPhoneにはiOS、AndroidスマホにはAndroid OSといったように、メーカーや機種によって搭載されているOSが異なります。AndroidからiPhoneなど、種類の違うスマホに変えた経験がある方は、操作性の違いで慣れるまで戸惑ったことがあるのではないでしょうか?

これはスマートウォッチも同じで、OSは使い勝手に関わってきます。

例えば、スマホはAndroid、スマートウォッチはwatchOSという場合、それぞれを個別に使用すること自体は問題ありませんが、技術的にペアリングできなかったり、うまく作動しないアプリや機能が出てきたりすることもあります。

そうしたことも頭に入れつつ、ここではまず、OSの種類を把握しておきましょう。

Apple の「watchOS」

「watchOS」は大人気のApple Watchに搭載されているOSで、2019年秋には早くもバージョン6が登場予定となっています。使っているスマホがiPhoneならおすすめです。

文字盤のスタイリッシュさは、さすがはAppleのひとこと。一度に表示されるアプリと機能が豊富なので、一目であらゆる情報を入手することができ、もちろんSiriも使えます。

操作性の高さに加えてiPhoneとの相性も抜群ですから、各種通知、アプリの起動、通話など、ストレスなく使用できるでしょう。なお、Androidスマホユーザーも単体なら使用できますが、ペアリングはできませんのでご注意ください。

Googleの「Wear OS by Google」

Android OSを開発するGoogleが手がけるスマートウォッチ向けのOSが「Wear OS by Google」で、YouTubeなど、Googleのサービスをよく利用する方におすすめです。iPhoneと違い、Android端末にはさまざまなメーカーが参入しており、豊富なデザインがリリースされています。

なお、「Wear OS by Google」は「iOS9.3以上」に対応していますので、iPhoneでも使用可能ですが、国ごとのプラットフォームの制限により使えない機能もあります(2019年7月調査時点)。

Samsungの「Tizen」

Samsungの「Tizen(タイゼン)」はGalaxy Watchに搭載されているOSです。スマホにも搭載されていましたが、Android OSとiOSの人気には太刀打ちできず、撤退した経緯があります。

ただ、スマホからは撤退したものの、スマートウォッチをはじめとするIoTデバイスにはまだTizenが搭載されているものは多くあります。

Florent Revestの「Asteroid OS」

あまり聞き慣れないと思いますが、「Asteroid OS」というOSもあります。「Wear OS by Google」で作動するスマートウォッチの一部で使うことができるLinuxをベースとしたオープンソースのOSで、一部の人には人気のOSです。

誰でも自由にソースコードを改良したり再配布したりできますが、基本的にスマートウォッチのOSについては「watchOS」、「Wear OS by Google」、「Tizen」を知っていれば十分です。

 次ページ >
スマートウォッチでできること

1 2 3 4 5 6

関連記事

NEW

3万点以上のアートをリアルに表示する「Meural(ミューラル)」って?

NETGEARの「Meural」は、絵画や写真といったアート作品を表示させるためのスマートアートキャンバス。テレビやモニターなどのディスプレイとは何が違うのか? どんな用途で使われているのか? 発売元 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.20
NEW

【引っ越しプロジェクト vol.3】追い焚きボタンを自動化したい!

寒い日々が続きますね。こんな日々は夜にゆっくりお風呂に入って身体を温め、リラックスしたいもの。 しかし…。今すぐ入りたい!と思っても「追い焚き」に一定の時間がかかってしまいます。これがストレス。なんと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.15

翻訳機を使ってケバブ屋の店主と話したら、謎が解けた話

中学生のころから英語が大の苦手。とくにリスニングは酷いもので、外国人に話しかけられると、歌舞伎町で恐い人とすれ違うよりも緊張します。海外旅行や出張に行くと英語を勉強しようと思うのは “あるある”ですが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.