iedge
  • iedge
動画
2020.01.13
2020.01.13

防犯に便利なキュリオロックとは?機能や安全性など徹底解説

IoT家電が数々と発売される中、スマートロックに興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。スマートロックを導入することによって、自宅の防犯性能が一気に高まります。家のカギを無くしてしまったり、防犯性能をもっと強化したりしたいという人は、スマートロックの導入を検討してみてください。

今回は、IoTデバイスに特化した製品を提供しているQrioのスマートロック「キュリオロック」をご紹介します。キュリオロックにはどんな機能や特徴があるのか、安全性は問題ないのかなど徹底解説します。

記事ライター:iedge編集部

キュリオロックとは?

キュリオロック(Qrio Lock)とは、さまざまなIoTデバイスを提供しているQrioが販売しているスマートロックの一つで、一つ前のキュリオスマートロックの改良版です。

IoTデバイスに詳しい人にとっておなじみとなるブランドであり、さまざまな改良を経て進化したキュリオロックはカギが自由になる生活を実現させてくれるでしょう。

iPhoneやandroidの両方に対応しているので、スマートフォンの機種を問わず利用できます。さらにキュリオロックの初期設定もスマートフォンにダウンロードしたデバイスアプリでできるため、難しい設定を行うことなくオートロック化が可能です。

キュリオロックが発売される前の主流デバイスだったキュリオスマートロックを使用していた人は分かるかもしれませんが、キュリオスマートロックは動作が遅く、カギが開くまでの時間が長いという欠点を抱えていました。

しかし、キュリオロックは動作が改善されてカギが開くまでの時間が大幅に短縮されたと高い評価を受けています。

 

キュリオロックのさまざまな特徴

さまざまな進化を遂げたキュリオロックにはさまざまな特徴や機能が備わっています。特にカギを忘れやすい人ほど、導入を検討する価値があると言えるでしょう。

それでは、キュリオロックのさまざまな特徴について解説します。

ハンズフリー解錠

キュリオロックの最大の特徴と言えるのが、ハンズフリー解錠です。両手が塞がっていたり、カギをどこにしまったか忘れてなかなか家に入れなかったりした経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。キュリオロックはスマートフォンがポケットに入っているだけで自動的に解錠してくれる機能があります。

スマートフォンにダウンロードしたキュリオロックのアプリが自動的に反応するため、スマートフォンをポケットから取り出す必要性もありません。さらに徹底した利便性を確保しているハンズフリー解錠には、以下の3つの特徴があります。

・ロックの位置を取得

・住宅エリアを登録

・自宅に近づくと解錠

ダウンロードした専用アプリから、ロックされているキュリオロックの位置情報を取得するのが特徴です。取得した位置情報は自分のスマートフォンのみに保存されるため、不特定多数の人に悪用される心配がありません。

取得した位置情報は、自分のスマートフォンに自宅から100m圏内の住宅エリアが登録されます。スマートロックを導入したことによって誤解錠しないか心配に思う人もいるでしょう。しかし、キュリオロックは自宅にいる時にドアに近づいても解錠することがありません。

そして住宅エリアの圏外から帰宅するとキュリオロックが帰宅を検知し、ドアに近づいたタイミングで自動的に解錠されます。これなら荷物で両手が塞がっていてもカギを取り出す必要性がありませんし、何よりカギを無くしてしまってもスマートフォンさえあれば自宅に入れるのが大きなポイントです。

ただし、連携しているBluetoothでキュリオロックとスマートフォンが接続してくれないとカギが開かない事態になってしまうので、接続環境には十分に注意しましょう。

オートロックで防犯性能を高める

外出する際にカギを閉め忘れた経験をした人もいるのではないでしょうか。キュリオロックなら、基本的な機能であるオートロックがカギの閉め忘れを防いでくれるメリットがあります。キュリオロックのオートロックは、付属のドアセンサーによってドアの開閉を検知してくれるため、ドアを閉め忘れる心配がありません。

また、ドアが閉まった瞬間に施錠してくれるので外出時に施錠を待つ必要がありません。ドアセンサーの開閉設定を行うことで、ドアが完全に閉まっていない状態であれば閉扉を認識されないため、勝手に施錠されないので便利です。ホテルのオートロックのようにドアを閉めたらすぐにカギがかかることがないので、もしすぐに忘れものを取りに行く場合でも安心です。

さらに、数分程度のちょっとした外出時に役立つ一時停止機能が搭載されています。解錠、施錠、解錠の順番でつまみを回すとブザー音がなり、一時停止の状態になります。単なるオートロックではなく、優秀なドアセンサーによる開閉設定が非常に役立つでしょう。

スマートフォンのアプリでカギが操作できる

キュリオロックは、スマートフォンのアプリからでもカギが操作できます。本来はポケットにしまっていてもハンズフリー解錠によって直接操作しなくてもいいのですが、カギを使わずにスマートフォンから解錠できるのは大きな魅力です。

スマートフォンさえあればカギを家に置き忘れたり無くしたりしていても、問題なく家に入れるのでいざという時に便利です。

様々なドアに対応している

キュリオロックは、IoTデバイスを玄関ドアに取り付けるだけでいいので設置するのが非常に簡単です。それだけでなく、付属のオプションパーツを使えば自宅のドア環境に合わせて設置できます。しかも、キュリオロックを取り付ける際は穴明けが不要で特別な工事を必要とせず、付属の両面テープでくっつけるだけで設置完了なのです。

キュリオロックは工事や穴開けが必要ないことから賃貸住宅でも取り付けられるのがポイントで、両面テープも後残りせず剥がれにくいです。対応しているサムターンはドア付きタイプ、面付き箱状タイプ、プッシュプル錠タイプの3種類となっています。

一方で、ドアノブ付きタイプは対応していません。何故ならドアノブ付きタイプにはドアの内側にドアを開閉させるためのつまみ、通称サムターンがないのでキュリオロックは対応できないからです。したがってドアノブ付きタイプの場合はキュリオロックが設置できないので注意しましょう。

事前に自宅のサムターンに取り付けられるか確認したいときは、キュリオロックの取り付け確認ができるペーパークラフトを利用するのがおすすめです。こちらは事前に無料で郵送され、既にカット加工されているのですぐに組み立てられます。

きちんと取り付けられなければ意味がないため、取り付け確認をしてから購入検討できるのが大きなメリットです。キュリオロックを取り付けたときの見た目を気にする人もいるかもしれませんが、シンプルなデザインにこだわっているのでインテリアにそぐわないといった問題が起こりません。

共有できる合鍵

キュリオロック一つだけで家族や友人と合鍵を共有できる機能もあります。これまで、誰かにカギを渡す際は、合カギの専門店で作ってもらう必要がありました。カギしかし、スマートフォンでキュリオロックを共有するだけで、自由に合鍵を作成したり、変更したりできるのです。

共有機能を活用すれば個人だけでなく家族全員で共有できるので、家族全員がカギを持っていない状態でも問題なくカギの開閉が可能です。やり方は至って簡単で、合鍵を作成したらカギを共有するためのURLを発行します。そして、共有したい人にメッセージやメールなどで送信するだけです。

これでURLを受け取った人だけが合鍵を使えるようになります。また、スマートキーにはマスターキー、ファミリーキー、ゲストキーの3種類があります。

マスターキーはキュリオロックの登録を管理する人が持つキーで、キュリオロックに関する以下の全ての設定が可能です。

・ハンズフリー解錠

・リモート操作

・合鍵の作成・管理

・ロックの設定

・ロックの初期化

・ドア2ロックの設定

ファミリーキーはマスターキーほどの機能はありませんが、ロックの設定がいつでもできるのがポイントです。合鍵の作成や管理もできますが、できるのはゲストキーの作成と管理だけなので注意しましょう。

・ハンズフリー解錠

・リモコン操作

・合鍵の作成・管理

・ロックの設定

そしてゲストキーは一時的に発行する合鍵で、利用できる機能が限られていることから一時的に合鍵を共有したいときに便利です。マスターキーやファミリーキーによる管理から許可されているときに使用が可能で、必要なくなったときは管理下で自由に解除できます。万が一勝手に家に入られることもありません。

・ハンズフリー解錠

・リモート操作

利用用途に応じて自由に操作ができるため、大変利便性が高いと言えるでしょう。

スマートスピーカーにも対応

キュリオロックは、スマートスピーカーにも対応しています。AmazonのAlexaやGoogleアシスタントに対応しているので、スマートフォンを操作しなくても声だけでカギの状態を確認したり、カギの解錠や施錠ができます。ただし、キュリオロックの音声操作には別売りのキュリオハブが必要なので注意しましょう。

また、音声によってカギの解錠・施錠に対応しているのはAmazonのAlexaのみなので、Googleアシスタントを所有している人は音声による解錠・施錠ができないので注意が必要です。

アップルウォッチで解錠&施錠

カギを持たずにスマートフォンからでも解錠・施錠ができるのは大変便利ですが、いちいちスマートフォンを取り出してアプリを起動し、解錠、施錠を行うのが面倒だという人もいます。そこでもっと手軽に解錠・施錠を行いたいのであれば、アップルウォッチを導入するのがおすすめです。

キュリオロックは最新のアップルウォッチシリーズ4にも対応しているので、スマートフォンを取り出さなくてもアップルウォッチからカギの操作ができます。ただし、リモート操作やハンズフリー解錠には対応していないので、スマートフォンと兼用して使うのがおすすめです。

スマートフォンを持たない人でもスマートキーがある

キュリオロックを設置してもスマートフォンがないとカギの開閉ができなくなるのではないかと思うかもしれません。ですが、キュリオロックには専用のスマートキーがあるので、スマートフォンを持たない人でもボタン一つでカギの開閉ができます。

特にスマートフォンの操作になれていないお年寄りや、まだスマートフォンを持たせるには早い子どもに持たせるなど、ボタン操作一つで誰でも簡単にカギの開閉ができるのは嬉しいですね。

 

次のページ>キュリオロックをもっと便利にするには・・・?

関連動画

  • ついにSuica対応開始!スマートウォッチ売上上位”Garmin”のおすすめはコレ

    動画 2020.07.04
  • 次世代スマートホームに必須!クラウド型スマートリモコン「surco」とは?

    動画 2020.07.02
  • ドッグカメラのファーボとは?特徴や新旧モデルを徹底比較

    動画 2020.04.17
  • オーストラリアに入国したらPixel 4の「モーションセンス」が使えるようになったから試してみたよ

    動画 2019.12.19
  • 賢すぎる防犯カメラ「Netatmo presence」をお勧めする理由とは?

    動画 2020.01.13
  • FingerTipsはスマートリモコン。どんなときでも、スマホを自由にコントロール

    動画 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.