iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.07.10
2020.01.20

5G提供開始間近!今のスマホで使える?料金や開始時期は

モバイル業界で最も注目されている次世代通信規格「5G」について、提供開始時期や通信料金、スマホの買い替えが必要かどうかなど、いろいろな疑問に答えます。
2020年1月10日時点で、すでに目の前まで来ているテクノロジーで、IoTが激変することは間違いありません!

記事ライター:iedge編集部

速いだけじゃない!5Gのメリット

5Gの主なメリットは、「高速・大容量化」「多数端末接続」「低遅延」の3つです。例えば、大勢の人が同じ場所で、リアルタイムなスポーツやコンサートを、4Kなどの高精細動画でストリーミング視聴することが可能になります。

5Gは、正確には5Generationの略で日本語では第五世代移動通信システムとも呼ばれています。2020年1月10日時点では4Gがメインとなっていますが、次世代の通信テクノロジーとしてすでに高い注目を集めています。

最も大きな違いとしては、通信速度があげられます。4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsが限界ですが、5Gの通信速度は最大100Gbpsまでアップします。単純計算で通信速度は100倍以上早くなると予測されているために、高い注目が集まっているのです。

昨今、動画は4Kが当たり前になっていますが、それに連れてファイルサイズもアップしています。せっかくきれいな動画であっても、それを再生するだけのネットワーク環境がなければ宝の持ち腐れとなってしまうのです。

その点で、5Gの通信速度であれば4K動画もあっという間にダウンロードが完了して、なめらかな再生を実現します。また、Webページの閲覧やアプリのダウンロード時間の短縮も期待できます。

通信速度の次に5Gのメリットとして取り上げることができるのが、同時接続性能の高さです。基地局1台から同時に接続できるデバイスの数を、4Gに比べて飛躍的に増やせることができます。

これまでは、自宅のパソコンやスマートフォンなど数個程度の接続を想定していたものを、5Gによって100個程度の機器やセンサーを同時に接続できるのです。センサーも接続できるというのが、IoTでは最も大きなメリットとなります。

また、5Gの導入によって最もメリットを受けるのがIoTです。工場のスマート化、建設現場における建機の遠隔操縦、遠隔手術、セキュリティの強化など、様々な分野でIoT機器が重要な役割を担うようになります。

最後に、速度アップが期待できるだけでなく低遅延であるという点も大きな違いです。4Gの遅延は50ミリ秒未満でかなりの革新が見られているのですが、それでも自動運転などに利用するためにはまだまだ不十分な状態です。

そこで、5Gでは1ミリ秒の超低遅延を実現しており自動運転や医療の分野での活用も期待されています。

 

5Gのサービス提供開始は2020年から!

2020年1月10日時点で、ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアは2020年春、楽天モバイルが2020年6月ごろから5Gの提供を開始する予定だと発表しています。

2020年に向けて、各社は5Gを用いた実験を行ったり、プレサービスの実施を予定していたりします。

ドコモは、5Gのプレサービスを2019年9月20日、ラグビーワールドカップ2019の開催と同時に開始しました。スタジアムやライブビューイング会場で、5Gに対応したスマートフォンを貸し出し、観客はリアルタイムにマルチアングル視聴を行えるといいます。

マルチアングル視聴とはいったい何なのでしょうか。まず、スタジアムに設置された複数のカメラで試合の様子を撮影し、その映像を元に自由視点VRが作成されます。

この自由視点VRは、5Gの特徴である「多数同時接続」「超高速・大容量通信」「低遅延」を最大限に活かして、観客が手に持つ端末にリアルタイムに配信されます。

ユーザーは、どの座席に座っていても、スマートフォンやタブレットでぐるぐると縦横無尽に視点を変えながら、自由に試合を観戦することができるのです。

さらにドコモは、スタジアムやライブビューイング会場以外の全国各地でも、プレサービスの提供を予定しています。スマートフォンだけでなく、カメラ、イヤフォン、AR、VRなどあらゆるデバイスを連携させた、5Gにしかできない新体験を提供するとしています。

auもまた、2019年11月にFAI Drone Tokyo 2019 Racing and Conferenceでもプレサービスを実施した実績があります。また、2018年6月に、沖縄でのプロ野球公式戦にてマルチアングル視聴の実験を成功させています。

ソフトバンクも同様に、2019年5月からプレサービスを提供しています。スタジアムの臨場感を体験できる、VRを用いたイベントを行う予定だとしています。

ちなみに海外に目を向けると、すでにアメリカでは商用の5Gサービスの提供がスタートしています。2018年にベライゾン・コミュニケーションズ(やAT&Tが固定ブロードバンドの代替というスタンスで、5Gのサービスを開始ました。

また、スイスやイギリスなどでもサービスが開始されており、日本は出遅れている感じは否めませんね。ただ、日本では東京オリンピックをメインターゲットとして、急ピッチで整備が進んでいます。

 

1 2

関連記事

【IoTマスターへの道 vol.21】IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普通のwifiとどう違うの?

担当編集者の塚岡氏が引っ越しをした。 新居にお邪魔した下村山だったが...そこで彼が見たモノとは一体...!? 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.2 とても間抜けなスマートボット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

アレクサの値段はいくら?月々の料金やアレクサの機能について解説

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWind ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

【CES2020】鏡に様々な情報を映すスマートミラーは世界市場では当たり前の製品に

多数の機能を持つスマートミラー「Venus」 CESでは毎年出品された製品の中から、イノベーティブな製品に対してアワードが贈られています。そして、スマートミラーの中にもこのアワードを受賞した製品があり ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.10

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.