iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.12.20
2019.12.25

吸い込み・掃き掃除が一台で可能な「minibot スマートロボット掃除機 X5」

今まで床の掃除といえば、埃やチリを掃除機で吸い、掃除機をかけ終えた後に、床を除菌シート等で拭いていた方が多いのではないでしょうか。minibot スマートロボット掃除機 X5は、吸い込み掃除・拭き掃除を一台で可能とする、今注目のスマートロボット掃除機です。今回はそんなminibot スマートロボット掃除機 X5の機能についてご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

「minibot スマートロボット掃除機 X5」は今までの掃除機と何が違うの?

基本的な掃除機の機能といえば、床におちている埃やチリ等のゴミを「吸う」ことがメインです。同じようにスマートロボット掃除機の代表格であるルンバは、吸い込みによって自動で部屋の中を綺麗にしてくれるアイテムとして、今でも親しまれています。

今回発売されたminibot スマートロボット掃除機 X5は、掃き掃除に加えて、今までにはなかった「拭き掃除」もできる機能も兼ね備えています。当たり前のように別々で行っていた床掃除と拭き掃除を、minibot スマートロボット掃除機 X5oであれば1台で可能どちらの掃除も可能となるのです。

さらにminibot スマートロボット掃除機 X5には便利な4つの操作方法と、選べる3つの掃除モードが搭載されています。

4つの便利な操作方法

・声で操作
・スマートフォンのアプリで操作
・付属のリモコンで操作
・本体スイッチで操作

多彩な3つの掃除モード

・AUTO(ジグザグ)クリーニング
・SPOTクリーニング
・EDGE(壁際)クリーニング

このように、部屋の配置や間取り、用途に合わせてクリーニングモードを使い分けることができます。

今回はなんといっても水拭き掃除が可能なことが一番のポイントです。同梱の水タンクユニットに交換することにより、水拭き掃除も可能になります。今まで別途用意していた水拭きモップや、水拭きシートを買う必要も一切ありません。

minibot スマートロボット掃除機 X5の充電機能は、最大120分の長時間稼働をしてくれます。設定によって、フル充電してから掃除を開始するというモードも選べ、状況に応じて掃除の設定ができます。

 次ページ >
Amazon Alexaやgoogle homeに対応!

関連記事

NEW

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.