iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.12.03
2019.12.18

圧倒的コストパフォーマンスを実現するスマートホームカメラ「Wyze Cam Pan」

発売から7カ月で20万人のユーザー数を達成した、安価で高性能なスマートホームカメラ「Wyze Cam」の後継機種「Wyze Cam Pan」が2018年5月に発売されました。米国Amazonでは、既に人気を博しています。
突出した安さにもかかわらず、他社のスマートホームカメラと比較しても性能は劣るどころか、より魅力的です。広い視野や大容量無料ストレージなど、他にはない素晴らしい特徴があります。

記事ライター:iedge編集部

Wyze Cam Panの特徴とは?

とにかく安い

「Wyze Cam Pan」の価格は、なんと約$30です。他社のスマートホームカメラがほとんど$100以上で売り出されている中、この安さは目を引きます。

パン&ズームで部屋中の隅々までチェックできる

「Wyze Cam Pan」は連携アプリからの操作で、カメラに映る範囲を動かせるのが最大の特徴です。これは旧機種、他社スマートホームカメラとの大きな違いと言えるでしょう。

水平方向に360度回転、垂直方向にも93度まで傾けることができ、アプリから部屋の様子を隅々まで見ることができるので、ペットや子供など、動き回る対象をチェックするのにも便利です。

高性能なアラート機能

動きや音を検知すると、連携したスマートフォンアプリやアレクサに通知を送り、自動で録画を開始します。リアルタイムに画面を見ることも、録画を後から見ることも可能です。

これは多くのホームカメラにも搭載されている機能ですが、他機種に比べ、圧倒的に価格が安い「Wyze Cam Pan」でも、過不足ない検知および通知機能が利用できるのは、大きな魅力でしょう。

また、「Wyze Cam Pan」独自の機能として、火災や一酸化炭素のアラームと思われる音を検知すると、アプリやアレクサに通知を送ることができます。

大容量ストレージ

14日間動画を保存できるクラウドストレージが無料で利用できます。クラウドストレージには、動きや音声によって自動で開始、終了した動画が保存されます。マイクロSDカードを挿入すれば、連続撮影やタイムラプス撮影も可能です。また、他社のホームカメラと比べても、クラウド、ローカル共に驚きの大容量です。

暗くてもしっかり撮影

赤外LED6個を搭載し、約9メートル先までクリアに撮影できます。

 次ページ >
人気の他2機種と徹底比較

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.