iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.21
2019.12.26

世界一スマートなメジャー?スマホ連携や音声メモもできる「Bagel」

メジャーというと、計るたびに目盛を読んで、それをメモしておかなければならないのがこれまでの当たり前でした。メジャーとペンを持って計測するのは意外と面倒ですし、いざ必要なときにそのメモが見当たらないなんてこともよくある話ですね。

そこに革命をもたらしたともいえるのが、「Bagel」です。3つの計測機能とデータの記録、音声メモやスマートフォンとの連携など、現代の技術を大いに活かした全く新しいメジャーです。

記事ライター:iedge編集部

「Bagel」とは

Bagelは、Bagel Labsというカリフォルニアのスタートアップが開発した「スマートデジタルメジャー」。簡単に説明すると、スマートフォンなどと連携でき、データをデジタルで保存可能なメジャーです。2016年に、Kickstarterで製品化のためのクラウドファンディングを行い、目標をはるかに超える出資を得て、製品化されました。

Bagelにはいくつかのボタンとディスプレイ、そしてマイクがついています。本体の中央にあるボタンがセーブボタンです。長さを計ると、計測した数値がディスプレイに表示され、セーブボタンを押すことで本体に記録される仕組みになっています。

これまでのメジャーでは、長さを計りたければ自分で目盛を読んで、記録したければ自分でメモなどを残しておかなければなりませんでした。しかし、Bagelなら、その面倒な部分を全て請け負ってくれます。私たちはただいくつかのボタンを押すだけで、計測から記録まで簡単にできるのです。

 

Bagelに搭載された3つの計測機能

Bagelには、3つの異なる計測機能が搭載されています。

ひとつめがひもで長さを計る「String」。従来のメジャーと同じように、ひもを引っ張りだして計りたい部分に当てて使います。ただし、ひも自体には一切目盛がありません。Bagel自体が引き出されたひもの長さを自動で計って表示してくれるのです。

最長3mの長さまで計測でき、ひもは最大50kgの重さまで耐えられるようになっています。家具や家電の大きさを決めたりするのはもちろん、ダイエットや服の採寸のために体の部分を計るなど、幅広い場面で役に立ってくれそうです。

ふたつめが、ホイールを転がして計る「Wheel」です。Wheelモードにすると、ホイールの前のガイドランプが点灯します。このランプに合わせることで、直線状に動かしやすくなり、正確な計測ができるようになるというわけです。

あとは、計りたい部分に沿ってホイールを転がすと、その分の長さがディスプレイに表示されます。高いところや湾曲した場所など、ひもを当てづらい場所で活躍してくれる機能です。

なお、最大10mまで計れますが、計測時にずれてしまったりするともう一度初めからやり直さなければならないこと、ガイドがあっても真っすぐ動かすのは難しいことから、あまり長い距離を計るのには向いていないでしょう。

三つめが、超音波を使って距離を測定する「Remote」という機能です。Remote機能は、今いる場所から、離れたところの壁などにレーザーポインターを当てて使います。すると、Bagelからレーザーポインターまでの距離を超音波によって測定してくれるのです。最短30cm、最長5mまでの距離を計ることができます。

超音波による計測なので、多少の誤差はあるようですが、離れたところまでの距離をその場で計れるのはとても便利です。手が入れづらいような狭い場所も計れますし、天井など、届きづらい場所までの距離もわかります。

計測したら、本体中央のセーブボタンを押して記録します。本体には100件までのデータを記録しておくことができます。

 次ページ >
音声メモで詳細も記録可能

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.