iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.09
2019.12.26

Sengled Element Color PlusはHueの独壇場を切り崩せるか?

2018年現在、スマートライトはPhilips Hueの独壇場となっています。もちろんHueは非常に魅力的なデバイスですが、もう少しほかの選択肢があってもいいかもしれません。

そこで出てくるのが、今回紹介するSengled Element Color Plusです。順に見ていきましょう。

記事ライター:iedge編集部

Hueの約半額の値段!

Sengled Element ColorはHueのほぼ半額であるため、Hueと同じ値段で電球を2つも入手可能です。これは、Hueと競争するにおいて有力な要素ですが、いくつか妥協点があります。

まず、ライトを制御するために使用するアプリはそれほど操作項目が多くなく、Hueよりも多少反応は悪くなります。

それでも、Sengledの電球は堅実に機能し、価値のある選択肢として考慮に値するほど十分に機能します。

従来の白熱電球のような雰囲気を持つ設定は、デフォルトの柔らかい白色光の設定だけであることを考えると、主光源としてよりもアクセントライトとして優秀なようにも思えます。

つまり、色の変化するスマートライトのより安価なエントリーポイントを探しているならば、あまり満足できない可能性がありますので、その点は注意が必要です。

Sengled Element Color Plusは、スターターキットの販売と、電球単体の両方で販売されています。スターターキットは電球2つとハブのセットで、約80ドルで販売されています。

Amazon Echo Plusなど、Zigbeeハブをすでに所有している場合は、そちらでも代用可能ですが、Sengledの専用ハブ以外を使用すると、アプリによる操作が不可能になります。

単品で電球を2つ購入する場合に比べて20ドルの違いがあり、この価格差をどう捉えるかは、個々の生活スタイルに依存するかもしれません。

 

抜群の省電力!カラー時には少々パワー不足も

ここで、Sengled Element Color Plusの実際の数字を見てみましょう。デフォルトの設定では、Sengledは800ルーメンの光を放ちます。これは60ワットの白熱電球の場合とほぼ同じですが、実際の消費電力はわずか9ワットです。

光度を測定してみても、775ルーメンとほぼ同じ水準です。これは、ほぼ誤差の範囲内であり、カタログ通りのスペックと言えます。消費電力を考えると、これは素晴らしく効率的です。

また、アプリではいくつかのプリセットだけでなく、色温度をメーターで調整できます。最も暖かいものは色温度が1,993 Kで鈍いオレンジ色になり、最も寒色設定だと6,059 Kの青白い光になります。

これらの光はいずれもそれほど明るくはありませんが、それぞれ229および373ルーメンになっています。たとえるならば、ろうそくのようなものです。

これは、おそらく夜間照明としては機能するでしょうが、昼間の照明としては満足できないでしょう。結局のところ、Sengledを主光源として採用するならば、デフォルトの設定にする必要があるということです。

 次ページ >
IFTTTとの連携で無限の可能性

1 2

関連記事

NEW

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.26

高い評価を得る“oculus go”レビューから見える特徴や注意点とは

oculus goとは oculus goとは、アメリカのVR関連企業「Oculus VR」が開発したVRゴーグルです。現在は「Facebook」に買収されたのち、「Facebook Technolo ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.20

【IoTマスターへの道 vol.22】おれ......すまーとろっくすき......ついに設置!!!セサミmini

実家をIoT化した際に断念したスマートロック・セサミミニ。 遂に自宅に設置するときがきた......!!! 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.19

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.