iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.06
2019.12.26

Amazon EchoとFire TVがひとつに!Fire TV Cube

Amazon Echoシリーズの大ヒットでスマートホーム市場をけん引し続けるAmazon。そんなAmazonのIoTデバイスで、Echoシリーズに次ぐ人気を誇るのがFire TVシリーズですが、両シリーズを1つにまとめた新製品が登場しました。

それが、今回紹介するAmazon Fire Cubeです。両者ともリビングルームに置くことが想定されるデバイスのため、今回の統合は自然な流れだと言えるでしょう。

しかも、ただ2つを組み合わせただけでなく、リビングルームに嬉しいスマートリモコン機能も備えたFire TV Cubeは要注目です!さっそく、詳しく紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

Amazon EchoとFire TVが合体!

スマートホームという言葉が身近になってきたこの頃、リビングルームに複数のスマートデバイスを置く家庭も多くなったことかと思います。

Amazon EchoとFire TVを統合した形になるFire TV Cubeは、スペースや配線の節約になるだけでなく、両者の機能がよりネイティブに連携できる点で魅力的なデバイスです。

マンハッタンでFire TV Cubeの会見を行ったAmazonのサンディープ・グプタ氏は会見の中で、テレビ周りの機器を操作するために3種類のリモコンをそれぞれ使い分けるジェスチャーを見せ、Fire TV Cubeの目的はこれらの操作をより「スマート」にすることであると語りました。

そのために、Alexaの音声操作、FireTVの機器との物理的接続を掛け合わせた機種の開発に至ったということです。

ホームシアターシステムとの連携を考えると、Alexaだけでは不十分です。ここで、ユニバーサルリモコンとしてのFire TV Cubeの出番となります。

ただ、ユニバーサルリモコンとしてのFire TV Cubeは、まだ十分な準備ができているとは言えません。

例えば、Logitech Harmonyのリモコンとしては、まだ対応が完了していません。ただ、ハードウェア的な準備は整っているため、より良いスマートライフが今後実現していくでしょう。そして、Amazonはそのための実績も持っています。

現状では、Alexaによる制御のほうがうまく動作するようです。シンプルに「Alexa、ESPNをつけて」(英語)のコマンドで、ESPNを視聴することが可能になります。同様に、Comcast、DirecTV、Dishなど、米国のほとんどのセットトップボックスを制御できます。

またAmazonは、家庭用ゲーム機やBlu-rayプレーヤーのFire TV Cubeを通した制御を実装してはいませんが、今後のアップデート次第で対応する可能性があるとのことです。

 次ページ >
リビング仕様に最適化

 

リビング仕様に最適化されたハードウェア

Fire TV Cubeのリモコン設定手順は簡単で、Amazonのサイトで詳しく説明しています。

残念ながら、付属のリモコンは変更されておらず、音量ボタンもないため、音量コントロールのためには音声を使用する必要があります。本体に届くほどの音量で話したくない場合は、リモコンのボイスボタンを押しながら話すこともできます。

その他においては、Fire TV Cubeは基本的にEcho DotとFire TVのハイブリッドです。Amazonの他のストリーミングデバイスで共有されている使いやすいインターフェイスも備えており、音声制御についても洗練されています。

ただ、Echoでは部屋のどこからでも声を拾えるようなマイクアレイになっていますが、Cubeではテレビの脇に置くことを想定して、8本のマイクがすべて前を向いています。

Fire TV CubeはHDR10とDolby Atmosのサウンドをサポートしていますが、Dolby Visionはサポートされていません。

また、Echoデバイスとしては、Alexaコマンドを通常のAmazon Echoとほとんど同じように実行でき、期待通りの動作が可能です。

ルーチン機能にも対応しており、たとえば「Alexa、おやすみ」と言えば、あらかじめ設定しておいた通りにスマートライトや他のAlexa互換デバイス、さらにはテレビの電源をオフにするような使い方も可能です。

音楽もAmazon Echoと同じように再生可能ですが、Amazon Echoと同様、Spotifyはサポートされていません。

 

国内発売はまだ先?

Fire TV Cubeは非常に有望なデバイスですが、現在のところ、まだ完全に準備はできているわけではないようです。対象が米国のプライム会員に限定されていることも、まだ世界的な販売については準備段階にあることを示しています。

一般的に、Amazonデバイスはまずプライム会員向けの招待制で発売され、その後、一般発売というプロセスをたどることが多いため、Fire TV Cubeが本格的に展開されていくことになるのはまだ先になりそうです。

現在、日本国内での発売は未定となっています。ただ、現状ではAlexaとFire TVの連携が日本語対応していないため、発売するにしても、それが実現して以降ということになる可能性が非常に高くなっています。

Amazon Echoは無事、待望の日本国内展開を果たしただけに、Fire TV Cubeの日本国内展開にも期待せざるを得ません。日本国内のスマートホーム市場のさらなる発展に期待していきましょう。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.