iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.02
2019.12.27

「BioMan」は“着るだけ”で心拍数を計測できる新しいスマートシャツ

心拍数を計測できるデバイスといえば、腕に装着する時計型のウェアラブルデバイスをイメージする方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介する「BioMan」は、ただ“着るだけ”で心拍数を計測してくれる新しいスマートシャツです。

記事ライター:iedge編集部

スマートシャツ「BioMan」とは?

普段あまり意識することのない心拍数ですが、エクササイズを効率よく行うためにはもちろん、健康的な生活を送るうえでも心拍数の状態を知ることは非常に重要です。

健康志向が高まるにつれ、心拍数を計測できる時計型のウェアラブルデバイスが次々と登場する中、今回ご紹介する「BioMan(バイオマン)」は、AiQ Smart Clothing Inc.(台湾)が開発した“着るだけ”で心拍数を計測できるスマートシャツです。

一定の心拍数を保ちながらエクササイズすることは、より高い効果を得るために欠かせない条件です。

「BioMan」を着用して運動をすることで、リアルタイムに心拍数が把握できるため、次のように意識して運動強度を調整することができます。

※強度50~60% 運動不足解消や体力回復のための非常に軽い運動
※強度60~70% 基本的な持久力の増加や脂肪燃焼を目指す軽い運動
※強度70~80% 有酸素運動能力が向上する普通の運動
※強度80~90% 短時間での最大運動能力が向上するきつい運動
※強度90~100% 上級アスリートなどの瞬発力向上のための最大強度の運動

たとえば、ダイエット目的でウォーキングをする場合、1日1万歩を心拍数60~70%の強度で行ったり、高齢者の運動不足のためのウォーキングであれば50~60%の強度で行ったりするなど、目的や体の状態に合わせて自分で調整しながら行えるようになるのです。

なお、「BioMan」が計測した心拍数はBluetooth経由で、

Runkeeper
Nike+
Polar Beat
Strava
Runtastic Running Pro

など、「BioMan」に対応しているさまざまなスマホのフィットネス系アプリからチェックすることができます。

心拍数以外にも、たとえばRunkeeperアプリでは、歩数、平均歩幅、歩行距離、運動時間、平均速度、消費カロリーなどが計測できますので、エクササイズを振り返ることもできますし、健康管理にも大いに活躍してくれることでしょう。

 次ページ >
もちろん洗濯だって普通にできる

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.