iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.01.17
2019.05.01

スマートホームとプラットフォーム!押さえておきたいサービスを紹介

近年、爆発的に普及してきているスマートホームですが、ITベンダーから通信会社、ユーザー系ベンダー、ベンチャーなどさまざまな企業によって、多くのプラットフォームが構築され、認知度向上の観点からはメリットだと言えます。

しかしながら、実際にスマートホームを利用するユーザーにとって、複数のプラットフォームを活用するのは非常に面倒だと感じるのではないでしょうか。そこで今回は、スマートホームのプラットフォームの中でも代表的なものをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマートホームとプラットフォームの関係性

そもそも膨大なIoTデータを収集・ストック・サービス化するためには、その基盤となるプラットフォームが重要です。IoTやスマートホームをしっかりと理解できていない人も少なくありませんが、モノにただセンサーを取り付けるだけではありません。

プラットフォームには「データを収集する役割」「データを蓄積する役割」「アプリケーションの開発環境」と大きく3つの機能が挙げられます。すべての企業がこれらすべてを兼ね備えたものを用意することは難しく、市場で提供されているプラットフォームを必要に応じてスマートホームに活用しています。

 

IFTTT

異なるソーシャルメディアやデバイスを連携させることが可能なIFTTTです。「If This Then That」の略で、「コレがきたらアレをやる」という意味です。Twitter、Facebook、Evernote、Google Calendar、Dropboxなど、さまざまなWebサービスと連携していることが強みとなっています。

また、Google Homeに搭載されている「Google Assistant」にも、ネットワークを介して情報の取得や解決を行っています。IFTTT上でGoogle Assistantは「コレがきたら」という部分のみに反応し、「アレをやる」というアクションは各デバイスで行います。

 

HomeKit

スマートフォン市場で大きくシェアを獲得しているApple社が提唱するスマートホーム用プラットフォームの「HomeKit」は、ホームアプリケーションで設定して、自宅にある対応の製品をすべて簡単に一か所でコントロールすることが可能です。

またホームアプリケーションでシーンを設定すれば、一回の操作で複数の製品を連動させることができます。他にも、Apple社独自の音声アシスタント「Siri」に声をかけるだけで、スイッチを切り替えたり、照明を暗くしたり、曲を変えてくれたりします。

 

AWS IoT

世界190か国に対してクラウドサービスを提供しているAWS(Amazon Web Service)が2015年10月に発表したプラットフォームが「AWS IoT」です。接続されたデバイスが簡単かつ安全にクラウドアプリケーションなどとやり取りができる、スマートホームにも応用できるプラットフォームとなっています。

その特徴はIoTデバイス向けのSDK(ソフトウェア開発キット)が提供されている点で、デバイスを簡単にAWSへと接続することができます。またAWSのさまざまなサービスと接続し、データと通信を保護するとともに、大量のデータを確実に処理することが可能にしたり、他のシステムと連携させたりすることができます。

 

インテルがスマートホームの標準プラットフォーム実現へ

半導体メーカーとしてシェアトップを誇っているインテルの日本法人が、関西電力、Kii、ぷらっとホームといった3社の協力のもと、世界標準のプラットフォームを採用したスマートホームの家庭向けIoT実証実験を開始しています。

同社はエネルギー業界への取り組みのひとつにスマートホームを位置づけており、それを実現するために宅内インフラを確保し、さまざまなデバイスとの相互接続性とセキュリティの担保を目指し、主に、環境センサー、IoTホームゲートウェイ、クラウドで構成されています。

また、単純に住宅のオートメーションを推進しているのではなく、各ユーザーに合ったスマートホームを実現するプラットフォームの構築を掲げています。実証実験については、2018年3月末までに、関西地区の100世帯にセンサーとゲートウェイを設置して行う予定となっています。

 

まとめ

スマートホームを実現するためには、膨大なIoTデータを収集・ストック・サービス化できる「プラットフォーム」の存在は欠かすことができません。そんな中でさまざまな企業がプラットフォームの構築を行っているために状況はやや複雑ですが、それに惑わされることなく、自身に合った製品を見つけ出して活用していきましょう。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.