iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.01.22
2019.05.01

今すぐ始められる簡単ホームセキュリティデバイス「leafee mag」

株式会社Stroboが2016年12月より販売を開始している「leafee mag」は、スマホアプリで今すぐ簡単にホームセキュリティが始められるスマートホーム向けIoTデバイスです。しかも1,000円台という低コストで始められるというから驚きです。

記事ライター:iedge編集部

leafee magとは?どうやってホームセキュリティを実現するのか

leafee magはスマートな“開閉センサー”で、窓やドアなどに取り付けておくだけでスマホアプリから瞬時に「開閉状態」を確認できる便利なIoTデバイスです。

leafee magはセンサー(本体)とマグネットのセットで販売されていて、それぞれを対象物に取り付けておくだけで、両者が10mm以上離れた際に「開いている」と認識してくれます。

BLE(Bluetooth Low Energy)経由でスマホと連携することが可能で、無料の専用アプリから開閉状態を一括でチェックすることができます。

センサーのサイズは縦横42mm×42mm×厚さ8mmで、重さが電池を含めてもわずか15g程度、マグネットは縦30mm×横10mm×厚さ8mmで、重さが5g程度と非常にコンパクトに仕上がっています。

leafee magをリビングなどの窓に取り付ける場合、“鍵を閉めた状態”でガラス側にセンサーを、カギの部分にマグネットを取り付けておけば、両者が10mm以上離れた場合に窓が開いていると判断してくれます。

また、窓以外にもたとえば大切なモノをしまってある引き出し、玄関や金庫のドアなどにも設置できますので、使い方次第で様々な場所の戸締りをチェックできるようになります。

特に朝など出かける前のバタバタしている時でも、leafee magのアプリを通して戸締り状況を一括チェックできますので、一つ一つ確認する手間も省けて大変便利だとユーザーから好評を得ています。

 

leafee magで屋外からも戸締り状況をチェックするには

BLEはあくまで近距離で通信可能な規格になりますので、残念ながらこれだけでは屋外でリアルタイムにチェックすることができません。

出張先から「そういえば戸締りは大丈夫だったかな?」とふと心配になった時にチェックしたり、あるいは旅行中に異常な開閉があった場合などに即座に通知したりしてくれるような機能を利用したい場合は、leafee Premiumへの加入が必要になります。

leafee Premiumでは自宅など(leafee magを取り付ける場所)にゲートウェイ「leafee Hub」を設置することができます。

leafee HubはWi-Fiに対応していますので、自宅などのホームネットワークに接続してスマホアプリと連携しておけば、屋外からでもリアルタイムにleafee magの状態をチェックできるようになるという訳です。

leafee Premiumの料金は、すでにセンサーを持っている場合leafee Hubのレンタル代5,980円(税抜・支払いは1回限り)と、leafee Cloudのサービス利用料980円(税抜・毎月)となり、8個までセンサーを登録することができます。

なお、leafee Premiumに加入すると、屋外からleafee magをチェックできる以外に、個人・グループ問わずLINEのトークとの連携もできるようになります。

LINEのトークと連携した場合「とじまり」と打つだけで戸締りの状態をチェックして結果を返信してくれます。グループを作れば家族みんながその情報を共有できますので大変便利です。

leafee Premiumに加入しておくことのメリットとしては、共働きで子供がいる世帯の場合、leafee magを通じて玄関のドアが開いた(子供が無事に帰宅した)ことが会社にいても分かることや、離れて暮らす高齢の両親の自宅に取り付けておけば、そっと戸締り状況を見守ってあげることもできます。

また、異常な開閉についてもLINEに通知してくれますので、万が一の際に迅速な対応を取れる可能性が高くなりますし、子供の帰宅前であれば侵入者と鉢合わせにならないように注意を促すこともできます。

さらに近年、特に女性の一人暮らしにおけるセキュリティの重要度が高くなっており、ニーズが高まっていることもあって、帰宅前に戸締り状況をチェックできるleafee Premiumサービスへ加入する若い女性も増えているとのことです。

 

ほかにもあるleafee magの便利な使い方

leafee magは、窓やドアの戸締りをチェックしてくれるだけではありません。センサーとマグネットが10mm以上離れれば「開いている」と判断してくれる機能を利用すれば、エアコンに取り付けることも可能です。

これはleafee magのテスト中にユーザーが考案した使い方とのことですが、エアコンの吹き出し口にマグネットを、そのすぐ横の本体にセンサーを取り付けておくと、オンになっている場合離れますので稼働状態が分かるというものです。

さすがにオンになっていた場合に外出先からオフにしてくれるという機能はありませんが、グループトークで共有できれば、帰宅が早い誰かにオフにするよう頼むこともできます。

 

leafee magは「ホームセキュリティを導入してみたい」方の入門に最適

設置も設定も簡単で、外出先からいつでも戸締り状況がチェックでき、そのうえPremiumに加入してもHubのレンタル費用を支払ってしまえば月々1,000円台から始められるというleafee magは、「まずIoTデバイスを用いたホームセキュリティを導入してみたい」という方にうってつけのデバイスです。

直販サイトまたはAmazon.co.jpで購入することができますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.