iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.14
2019.05.01

ただ見守るだけじゃない。ペットと遊ぶこともできる「Petcube」が人気

外出先からネットワークカメラで留守番中のペットの様子を見守ったり、搭載されているマイクとスピーカーを通して音声を届けたり……ということはすでに他のカメラでもできますが、今回ご紹介するPetcubeはさらに上を行く、ペットと「遊べる」カメラです。

記事ライター:iedge編集部

まずは“おやつが飛び出す”Petcube Bites

クラウドファンディングサービスKickstarterに登場して話題を呼んだPetcubeは、カメラはカメラでもペットと遊ぶことができてしまうカメラです。

カメラの種類は2つあり、それぞれ遊び方が異なります。最初にご紹介するのは、おやつが飛び出すPetcube Bitesです。

縦長で壁に取り付けることもできるタイプのPetcube Bitesは138℃のワイドアングル・1080pHDビデオカメラで、大容量のコンテナが搭載されており、その中に2ポンド(約907g)のおやつを収納することができます。

*なお、飛ばすことになりますので、中に入れるおやつは必然的に“カリカリ”なものに限ります。

中に収納したおやつはアプリで設定した時刻になると自動的にトスされ、最大で6フィート(約1.8m)まで飛ばすことができます。

ペットは、まるで飼い主におやつをそっとトスしてもらうような感覚で飛び上がったり、食べ損ねた時は追いかけたり、といったことを体験することができます。

もちろん、Petcube Bitesは普通のネットワークカメラとしての機能も搭載されていますので、スマホアプリで映像を見ながらペットに話しかけたり、お手、お座りなどの指示を出したり、ペット側の音声を聞くこともできます。

 

これで運動不足の心配なし?Petcube Play

続いてご紹介するのはPetcube Playです。

Petcube Bites同様に138℃のワイドアングル・1080pHDビデオカメラで、お互いの音声を聞いたり聞かせたりできる双方向オーディオを搭載しています。

形状はPetcube Bitesと異なりキューブ体になっていますので、どこにでも簡単に設置できますし、標準型トライポッド(三脚)マウントなどのオプションも用意されています。

このPetcube Playの最大の特徴は、内蔵されたレーザートイ(レーザーポインター)でペットと遊ぶことができるという点です。

ペット、特に猫を飼ったことがある方はよくご存知のことと思いますが、壁に映った光を動かすと必死になって追いかけて飛び上がって、捕まえられずにどんどんムキになっては追いかけて飛び上がって……を繰り返します。

これがペットにとっては非常に良い運動になり、またストレス解消にもなるのですが、不在の時間が長いとなかなか遊んであげるタイミングもなく、ペットの自主性に任せるしかありません。

その結果、退屈になったペットが暴れてティッシュを散らかしたりテーブルの上の花瓶を割ったり、というよく見る光景に出くわして困っている方も多いのではないでしょうか?

そんな時、このPetcube Playのレーザートイがあれば、外出先からでもスマホアプリを使って飼い主がペットの動きを見ながら指で動かすこともできますし、またオートプレイにしておけばカメラが自動でペットの相手をしてくれますので、まさにペットの運動不足・ストレス解消にはピッタリと言えます。

そのうえ留守宅の音や動きを検知し、異常があった場合にのみ警告を発し、スマホに通知してくれます。なお、カメラは「通常のノイズ」と「異常があった場合の音」を区別してくれるとのことです。もし受け取りたくない場合は、サイレントモードにしておくことで通知されません。

 

Petcube Careに加入すればさらに安心

Petcubeの各カメラで撮影した映像を録画してクラウドに保存できるサービスがPetcube Careです。

10日間または30日間いずれかを選ぶことができ、クラウドにアップした映像は見やすいタイムライン形式で表示されますので、1日のペットの様々な場面を簡単に再生して確認することができます。

飼い主がいないところで、ペットが普段は見せない表情や動きをしていたり、何かやらかしたりといった決定的瞬間が収められているかもしれません。

また、カメラが留守宅に異常が発生した場合に、警告メッセージを送信すると同時に録画も開始されるようになります。ペットの様子をすぐに確認できますので、万が一の際の迅速な対応にも繋がります。

 

ペットと一緒にいる安心感が得られるPetcube、ぜひ欲しい一台

ペットは今や私たちの大切なパートナーです。たとえ言葉が通じなくても私たちに大きな癒しや活力を与えてくれますし、飼い主である私たちもそんなペットを大切に育てたいと願うものです。

Petcube Bitesをリビングに、そしてPetcube Playを各部屋に置いておけば、いろいろな状態のペットを見守ったり遊んであげたりすることができますし、何らかの異常事態が発生した時もより速やかに確認しやすくなります。

なお、販売価格は参考ですがAmazon.co.jpでは、

Petcube Bitesが49,471円

Petcube Playが19.800円

で販売されています。

すでにペットを飼っている方、これから飼おうと思っている方はぜひチェックしておきたい次世代型ペットカメラです。

関連記事

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

100%ワイヤフリーのWebカメラ!Arlo Essentialで屋外の見守りを

自宅の外にある自動車や自転車への犯罪に対して、監視カメラを設置することは有効な抑止力になります。しかしながら、監視カメラを設置するには、普通は電源などのケーブルが必要です。自宅の環境によっては設置が難 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.