iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.17
2019.05.01

外出先から操作可能な寒冷地向けエアコン「メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2」

日立が2017年9月6日に販売を開始した「メガ暖 白くまくん EKシリーズ」は、外気温マイナス15℃でも約55℃の高音風で30分間連続運転可能など、寒冷地向けの様々な機能が搭載されている、スマホで操作可能なスマートエアコンです。

記事ライター:iedge編集部

メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2の特徴や機能

現在、日立が販売している寒冷地向けエアコン「メガ暖 白くまくん EKシリーズ」は

 

・8畳向けRAS-EK25H2

・10畳向けRAS-EK28H2

・14畳向けRAS-EK40H2

・18畳向けRAS-EK56H2

 

の4機種です。

価格や消費電力量、通年エネルギー消費効率(APF)などの違いはありますが、基本的な性能やスマホで外出先からコントロールできる機能などはほぼ変わりません。今回はその中でも最もポピュラーな10畳向け「メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2」をメインにご紹介します。

特徴1.パワーがすごい

「温風プラス」ボタンを押すと約50℃~55℃の高音風で30分間連続運転してくれます。もっと暖かい空気が必要な時、冷えた室内を一気に暖めたい時などに重宝しそうな機能です。

なお、メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2の「温風プラス」運転時の風向きは自動設定されて変更できないほか、室内温度が高くなりすぎた場合は自動で「温風プラス」運転を中断することがあります。

特徴2.足も暖かい

「足もとサーチ」ボタンを押すと吹き出し口上部に設置された「くらしカメラF」が足もとを検知し、気流をコントロールしてくれます。足もとが暖かくなり、下から上への気流で部屋全体も効率良く暖まります。

特徴3.快適暖房アシストで暖かさが長続き

メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2の運転中は「みはって霜取りS」機能が室外機の温度に加えて外気温も細かくチェックしてくれます。これにより必要なタイミングでのみ霜取り運転が行われますので、暖房の効果を持続させることができます。

運転後は「みはって霜取りS」が室外ユニットの霜の付き状態をチェックしてくれます。霜が付いていると判断した場合は自動で霜取り運転を行ってくれますので、次回稼働時がスムーズになり、暖房効果を早めてくれます。

また、霜取り運転前には暖気の吹き出し口の温度を上げてパワフル運転してくれますので、霜取り運転の影響で室温が下がってしまわないように配慮されています。

そのほかにも、霜取り運転で流れた水が室外機底部で凍結するのを防ぐ「凍結防止ヒーター」機能や、熱交換器のフィンに「親水加工」を施すことによって水を流れやすくし、霜を付きにくくするなど、メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2には寒冷地向けの様々な工夫が盛り込まれています。

 

メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2には日立独自の技術も採用されている

白くまくんといえば「カラッと除湿」を思い浮かべる方も多いことと思いますが、もちろん今回のメガ暖 白くまくん RAS-EK28H2のシリーズでも一年中活躍してくれる「カラッと除湿」を継承しています。

また、通風路・フラップ・フィルターには日立独自の「ステンレス・クリーンシステム」が採用されていて、常にエアコン内部を清潔に保てるほか、フィルターは自動掃除機能でお手入れも非常に楽になっています。

さらに、先ほどご紹介した、足もとを検知してくれる「くらしカメラF」は「ecoこれっきり」モードでも大活躍してくれます。

「ecoこれっきり」はボタンを押すだけで、メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2が次のように様々な情報を取得して最適な運転を行ってくれます。

 

・人の位置や足もとを検知して温風を届ける

・室内での活動量が多い時は控えめに運転する

・日差しが差し込んでいる時はパワーを抑えて運転する

・室内に人数が増えると温度の変化を予測して控えめに運転する

 

これによって、いちいち風向きや風量、温度などをコントロールしなくても快適な空間を保てるうえに、省エネ効果も期待できます。

 

スマホからメガ暖 白くまくん RAS-EK28H2をコントロール

スマホ用アプリ「日立エアコンモバイルコントロール」をインストールすれば、外出先からでも現在のエアコンの状態を確認できたり、エアコンのオン・オフや運転モードの選択ができたり、風速・設定温度の調整をしたりすることが可能です。

仕事から帰るまでに部屋を暖めておきたい時にも便利ですし、「エアコン消したかな…?」と消し忘れが不安な時もその場でメガ暖 白くまくん RAS-EK28H2の状態をチェックしてオフにすることができますので安心です。

対応しているOSはAndroid 2.3.3以上、iOS 7.0以上で、タブレットでの動作確認は行っていないとのことです。

なお、スマホについては機種やメーカーによって動作確認が済んでいないものもありますので、お手持ちのスマホが動作確認済みかどうかはスマートフォン接続確認機種一覧にてご確認ください。

 

メガ暖 白くまくん RAS-EK28H2、寒冷地にお住いの方はぜひ注目したい

さすが寒冷地向けと言われているだけあって様々な嬉しい機能が満載の「メガ暖 白くまくん EKシリーズ」ですが、気になるお値段はオープン価格となっています。各店舗とも価格に開きがありますが、参考として、

 

・8畳向けRAS-EK25H2 144,855円~221,300円

・10畳向けRAS-EK28H2 136,710円~224,410円

・14畳向けRAS-EK40H2 180,090円~273,700円

・18畳向けRAS-EK56H2 203,580円~263,200円

 

が市場相場のようです。10畳向けメガ暖 白くまくん RAS-EK28H2は最もポピュラーなこともあり、お手ごろ価格で購入できる店舗が多いようです。

寒い冬を快適に過ごすことができ、かつ省エネにも貢献してくれるEKシリーズ、寒冷地にお住いの方はぜひチェックしておきたいスマートエアコンです。

関連記事

NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24
NEW

ついに登場!翻訳機能搭載の【スマートマスク】がスゴすぎる!

日本の企業が開発したスマートマスク「C-FACE」とは? 「スマート◯◯」とはインターネットにつながるモノを意味します。スマートフォンを筆頭にスマートスピーカー、スマートリモコン、スマートキーなど身の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.