iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.11.26
2019.05.01

グーグルのスマートホームってどんなもの?

Google(グーグル)も、Google Home(グーグルホーム)というスマートスピーカーに参入しています。アメリカでは2015年にすでに実用化され、販売されていたのですが、日本では日本語対応が遅れに遅れて2017年になってしまいました。いったいGoogle Home(グーグルホーム)ではスマートホームのどのようなことが実現するのでしょうか。

記事ライター:iedge編集部

Google Home(グーグルホーム)の魅力

今、Amazonやマイクロソフトなどもスマートスピーカーに参入しています。実際に買ってみるとまだまだ精度は甘いのですが、それでも最先端のテクノロジーを使ってどんなことができるのか、ワクワクしますよね。

スマートホームデバイスであるGoogle Home(グーグルホーム)はさまざまなことが実現できますが、特に注目を集めたのがスピーカー機能です。といっても音を出すこともできますが、より重視されるのが音を集める機能です。また、Amazon Echoでできることはすべて、Google Home(グーグルホーム)でも実現可能だといわれています。

一方、Amazon Echoは声を発するだけで、Amazonのカートに対象のほしい製品が入ったり、テレビがついたり、Amazonプライムが再生されたりなど、いろいろな機能がついています。

Amazon Echoにするか、Google Home(グーグルホーム)にするかは悩みどころですが、意外とスマートホーム化に適しているのはグーグルの方ではないでしょうか。やはりAmazonはどうしてもショッピング前提になってしまうので、お金のかからないグーグルをまずは導入してみてはいかがでそうか。

 

Google Home(グーグルホーム)の可能性

スマートホームを実現するにあたり、Google Home(グーグルホーム)の可能性を見ていきましょう。Google Home(グーグルホーム)はいろいろなことができます。

たとえば、ニュースをスピーカーから流すことができ、音楽なども聞くことができます。そしてChrome Castを自動で再生させ、テレビで大画面映像を楽しむこともできるので、生活に様々な彩りがもたらされます。

また、スマートホーム化のみならず、グーグルのもっとも大切な機能である検索サービスを、自由に声で操作することができます。音声認識機能はグーグルの得意中の得意である機能のため、さまざまな検索を行って、結果を返してくれます。

位置情報やスケジュール確認もできるので、声で操作して明日の予定を知ることもできますし、今すぐ知りたいことがあるけれど他のことで手が離せないといったときなどに非常に便利です。

買い物リスト機能もあるので生活の利便性が高まりますし、Google Home(グーグルホーム)にはスマートホームを全体的にコントロールするスマートリモコンの機能もついています。

アラームをセットしたり、タイマーをセットしたりもできるので、ちょっと手が塞がっている料理中などに、声で操作して検索をかけてレシピや家事ノウハウを呼び出すことができ、Google Home(グーグルホーム)があるだけでスマートホームならではの手間のかからない暮らしを満喫することが可能です。

なお、アメリカ版Google Home(グーグルホーム)は、さらに電話機能もついていますが、日本ではまだまだ発展途上のようです。

 

スマートホームとグーグルの相性は抜群

スマートホームはWi-fi接続した各家電製品を、クラウドによるインターネット越しにスマホなどのデバイスで操作し、生活のトータルソリューションを実現するものです。

スマートホームとグーグルの相性は抜群なので、スマートスピーカーを選ぶのであれば、ぜひGoogle Home(グーグルホーム)を試してみてください。

しかし、グーグルは意外と発展途上の製品をマーケットに出す傾向があるため、購入したGoogle Home(グーグルホーム)にいくつか機能面で不満があっても、それは今後の伸びしろがあるということで前向きに捉えましょう。

スマートフォンのAndroidも登場した当時はひどかったですが、今は安定しており、大きなマーケットを獲得しています。

スマホのように今後スマートホームが普及してくれば、さらにグーグルも技術力をつけてより安定した機能をもたらしてくれるはずです。グーグルは世界でもトップクラスのエンジニアが集まっているため、今後のGoogle Home(グーグルホーム)のスマートホーム技術の進化を期待していきましょう。

関連記事

NEW

スマートホームと連携可能な空気品質モニター「Awair」で常にお部屋を快適な状態に!特徴や設定方法まで解説

IoTと接続できる便利な空気品質モニター!Awairとは Awairとは、「Awair社」が開発する空気の品質を計測できる「IoT(モノのインターネット)」モニターです。普段目に見えない空気の成分を測 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.27
NEW

【インタビュー】対応時間が4割削減!『SpaceCore』リレーション機能の効果とは

営業社員がいなくても管理物件が増える理由 東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩5分にあるアイエフシー・コーポレーション(東京・港区)は、東京23区の都心部で、広さ30平米~6 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.27
NEW

スマートウォッチを使いこなしてより便利な生活へ!購入時にも役立つ基本機能7つを紹介

スマートウォッチの機能1:電話やメールの通知を受け取れる スマートウォッチの代表的な機能として、電話やメールの通知を受け取れるという点が挙げられます。 iPhoneやAndroidスマホなどに電話が掛 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.