iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.07.24
2019.12.05

【シェアでコスト削減】5Gに必要な基地局の整備はどうなる?

超高速大容量・低遅延・大多数機器接続可能の3つの特性を併せ持った新世代の「移動体通信規格(スマホなどの携帯通信機器の通信技術)」である「5G」。日本でも各キャリア(「ドコモ」、「KDDI」、「ソフトバンク」「楽天モバイル(2019年10月からキャリアに)」)へ電波割り当てが完了し、2019年夏以降から順次5Gサービスが展開されます。
5Gで使われる電波は高周波数なので直進性が高く、遠距離にまで電波が届かないため、通信しているユーザーにより近い位置を中心に基地局を増設する必要が出てきました。しかし各キャリアごとに基地局を地方にまで整備しようとすると、莫大なコストがかかります。
そこで検討されているのが基地局のシェアです。今回は5Gの基地局の仕組みや5G普及は基地局シェアが鍵になることなどをご紹介します。「5Gの基地局がどのように整備されていくのか分かりやすく知りたい」という方はぜひご覧ください。

記事ライター:iedge編集部

5Gの基地局の仕組みはどうなる

現在、一般的な「4G」の電波は遠距離にまで届くので、基地局が離れていてもユーザーがスマホなどを使ってデータ通信できます。これは4Gの電波が「回折性(障害物などを迂回する性質)」を持っているからです。

しかし5Gの電波は4Gの電波より高い周波数で、回折性があまりありません。ですから金属の壁など、障害物があるとすぐ電波が弱くなってしまい、電波がユーザーに届かなくなってしまいます。そこで従来の基地局をより細かく分けて、電柱などユーザーの環境により近い位置で5Gのデータ通信ができるような仕組みが導入されていく予定です。

ただし、基地局を増設するには課題がいくつかあります。例えば都市部では5Gを使ってくれるユーザーは多く見込める分基地局を設ける土地の確保も大変で、増設時に各キャリアが土地を探すのにも苦労する状況です。

また、地方では土地は豊富にありますが、人口密度が高くありません。その分5Gの利用者が少なくなるので、増設しても各キャリアがきちんと採算が取れるかを懸念しています。

その他、地方では景観も重要になってきますが、5Gの基地局が乱立すると景観を損なう可能性もあります。このように5Gの基地局をしっかり機能させる仕組みを作るには、課題が山ほどあります。

日本政府は各キャリアが5G利用申請後5年以内に、「エリアカバー率(日本で5Gが使える地域が全国でどのくらいあるか)」を少なくとも50%以上にするよう条件を出しています。

そのため、5Gの基地局整備における課題を今のうちに解決しないと、エリアカバー率50%以上を達成できない危険性もあります。この状況を打破するために考え出されたのが基地局のシェアという考え方です。

 次ページ >
5G普及の鍵は基地局シェア

 

5G普及は基地局シェアが鍵

基地局シェアは、電柱など5Gで通信するユーザーの近くに置いた基地局を、各キャリアで分けようという考え方です。基地局には共用アンテナを置き、各キャリアでこのアンテナを共用してユーザーにデータを送信します。

無線機など通信制御に必要な各設備は各キャリアが用意しますが、それも共用アンテナの近くにまとめて置くことでスペースを節約できます。また、各キャリアで別途基地局を置くよりも必要な土地の面積も小さくなり、維持費などメンテナンスにかかる費用も少なくなります。

ということは、その分、基地局にかかるコストも削減できるので、地方でも安心して各キャリアが基地局を提供できるようになるのです。

アンテナを共有すると電波干渉が起こるかもしれないなど、基地局をシェアすると起こるかもしれないデメリットもあります。それでも全体的にメリットの方が大きい基地局のシェアが今後5G普及の鍵になるのは間違いありません。

「東京電力パワーグリッド」とKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークでは、2019年度上期に基地局シェアの検証実験を行うと公表しました。東京電力パワーグリッドが提供した電柱に、3キャリアが用意した基地局設備を設置して基地局シェアの有用性を実験します。

基地局シェアの課題が実験で見えてくれば、そこから課題を解決しながら基地局の整備が一気に進むはずです。ドコモはこの実験に参加していませんが、基地局に関する問題は他キャリアと変わりません。今後の動きに注目したいところです。

 

世界でも基地局に関する市場が白熱している

世界でも、基地局に関する市場が今白熱しています。基地局メーカーにはスウェーデンに「エリクソン」、中国には「ファーウェイ」、フィンランドの「ノキア」の3社を始めとした有力企業があり、各企業が基地局の派遣をかけて争っている状況です。

そして、世界の基地局市場シェアが少ない日本でも「NEC」がサムスン、「富士通」がエリクソンと組んで5G基地局開発を行うと発表しました。大手ベンダーと組んで資源・技術を共用し、世界市場で競争しようという考えが見て取れます。

5Gの基地局が整備されるにあたって、基地局ベンダー間での競争も激しくなっていくでしょう。その中で5Gの技術がどのように進化していくのか、楽しみではありますね。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.