iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.04.23
2019.12.24

Google Homeに対応しているおすすめのスマートリモコンを紹介

日本で販売されている家電は、リモコンを使った赤外線通信で操作するのが一般的です。Google製のスマートスピーカーGoogle Homeは、インターネットを利用した機能を提供するため、基本的にGoogle Home単体では家電の操作ができません。
そのため、Google Homeで家電を操作するにはスマートリモコンが必要になります。スマートリモコンとは、赤外線リモコンをインターネットに接続してくれるリモコンです。スマートリモコンがあれば、赤外線で操作する家電をGoogle Homeの音声操作できるようになります。
ここでは、Google Homeで家電を音声操作するために必要なスマートリモコンについて解説し、Google Homeに対応しているおすすめのスマートリモコンを紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマートリモコンの操作方式は3種類

冒頭でスマートリモコンがあればGoogle Homeで家電操作ができると説明しましたが、スマートリモコンですべての家電操作をできるわけではありません。スマートリモコンの操作方式によって「電源のオンオフ」「エアコンの温度調整」など、特定の操作のみ行えるようになります。

スマートリモコンには下記3種類の操作方式があります。スマートリモコンによって対応している操作方式は異なり、2つ以上の操作方式に対応しているスマートリモコンであれば2つ以上の操作方式を組み合わせて家電操作することも可能です。

・スマートホーム機能連携(Direct Actions)
・カスタム機能連携(Conversation Actions)
・IFTTT経由の連携

スマートホーム機能連携は、Google Homeを使用して家電操作する方式のなかで最も一般的な操作方式です。「OK Google リビングの電気をつけて」のように、自然な音声入力で家電操作ができるのが特徴です。

スマートホーム機能連携はエアコンの温度調整や風量調整に対応していますが、その他の家電は電源の切り替えしかできず、細かい操作ができないのがデメリットです。

カスタム機能連携は、家電の細かい操作ができる音声操作方式です。電源のオンオフだけではなく、テレビのチャンネル変更や音量変更、エアコンの温度調整や風量調整などの操作にも対応しています。カスタム機能連携では「OK Google (スマートリモコン名)を使ってテレビのチャンネルを1にして」というように、毎回スマートリモコン名を伝える必要があります。

IFTTT経由の連携は、「OK Google (好きな言葉)」と好きな言葉を登録して音声操作ができる操作方式です。スマートホーム機能連携、カスタム機能連携で設定できない操作を登録して家電操作ができます。言葉を登録しなければ家電操作ができないので設定の手間がかかりますが、設定してしまえば、家電を柔軟に操作できます。

 次ページ >
おすすめスマートリモコン3選

 

低価格で様々な機能があるLS mini

LS miniは、AIによるエアコンの自動制御機能や、マクロ機能による家電の一括操作機能があるスマートリモコンです。定価は税込6,980円で、価格に対して他のスマートリモコンよりも機能が豊富という特徴があります。

LS miniには温度センサーが付いているので、部屋が寒いと自動的にエアコンの温度を上げてくれたり、湿度が高いと自動的に除湿モードに切り替えてくれたりします。また、帰宅した際に電源を付けたい家電を登録しておけば、音声操作で登録した家電を一括で電源オンにすることもできます。

スマートホーム機能連携、カスタム機能連携、IFTTT経由の連携すべての操作方式に対応しているので、簡単な操作から細かい操作まで対応可能です。

 

高性能スマートリモコンNature Remo

Nature Remoは、様々なセンサーを搭載しており、外出先からの家電操作にも対応している高性能なスマートリモコンです。定価は税込11,980円でスマートリモコンの価格としては少し高めですが、価格に見合った性能となっています。

Nature Remo には、iPhoneとAndroidで使える専用スマートフォンアプリがあります。スマートフォンアプリには主要家電メーカーのリモコンが標準搭載されており、外出先からでも簡単に家電を操作できます。

また、Nature Remoには下記のセンサーが付いているので「部屋の温度が20度以下になったら自動的に暖房を付ける」「部屋が暗くなったら自動的に照明の電源をオンにする」などの設定が可能です。

・温度センサー
・湿度センサー
・照度センサー
・人感センサー

スマートホーム機能連携、カスタム機能連携、IFTTT経由の連携すべての操作方式に対応しています。

 

スマート家電コントローラRS-WFIREX3

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3は、温度センサー、湿度センサーが付いているスマートリモコンです。iPhoneとAndroidに対応した専用スマートフォンアプリから家電操作も可能です。

スマート家電コントローラにはタイマー機能が付いており、タイマーが付いていない家電でもタイマー機能で電源を切り替えることができます。

定価は税込7,560円で、価格に見合ったそれなりの機能が付いているスマートリモコンとなっています。高性能な機能は必要ないけれど、スマート家電を使いたいという方におすすめのスマートリモコンです。

スマート家電コントローラは、スマートホーム機能連携、カスタム機能連携、IFTTT経由の連携に対応しています。

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.