iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.04.11
2019.11.25

Google Homeで照明をスマート化させるには?「オッケーGoogle、電気つけて」を可能にする3つの方法

大人気のスマートスピーカー「Google Home」。その使い方は様々ですが、中でも「オッケーGoogle、電気をつけて」というシーンはテレビコマーシャル等でも印象的です。まずは照明から、家をスマート化してみませんか。

記事ライター:iedge編集部

Google Homeと照明を連携させるには

Google Homeを手に入れただけでは、声で電気を付けることはできません。家電側もスマート対応しているか、スマートリモコンやプラグなど、他のガジェットと組み合わせる必要があります。

 

Google Homeに対応しているスマート照明

 Philips 「Hue」

スマート照明といえば、Philips社の「Hue」。スマート照明の先駆けとなった有名な製品です。Google HomeとLEDランプをWi-Fi接続で中継する、ブリッジと呼ばれる機器とセットで販売されています。白い光のLEDランプの他に、1600万以上の色の種類を再現できるカラフルなタイプもあります。

ブリッジ1個で50個のLEDランプを制御することができるので、最初はブリッジ付きのスターターキットを、後にLEDランプを買い足していくと良いでしょう。白い電球2個とブリッジのセットはAmazonで約12,000円、白い光のLEDライトは単体で約3,000円で販売されています。

 LIFX「スマートLED電球」

この製品は、「Hue」のブリッジのような機器を必要とせず、ライト本体だけでネットワークに接続することが可能です。ライトを取り付けるだけで、すぐにGoogle Homeからオンオフを操作することができます。

また、オンオフだけでなく、1日の中で明るさを変化させたり、ライトの色を変えたりするのも自由自在です。値段はライト1つで約5,000円となっています。

 Magic Hue「Magic Wi-Fi スマートLED」

これもWi-Fi内蔵型でブリッジのいらない製品ですが、2個セットで約4,000円と、最も安価に手に入ります。ただし、PhilipsやLIFXのライトのように何色もの光に変化させることはできず、選べるのは暖かい白色か、冷たい白色の2種類です。

音楽と同期して、リズムに合わせて光を変化させる機能があります。パーティーにも、リラックスタイムにも活躍しそうです。

アイリスオーヤマ「LED電球」

Wi-Fi内蔵型です。明るさのみと調節できるタイプ、白い光と暖かい光の2種類が選べて明るさが調節できるタイプ、様々な色に変更できるタイプと3種類のラインナップが用意されています。

最も値段の低い、明るさのみを調節できるタイプが約3,000円となっています。日本メーカーということで、安心して選べるチョイスといえるでしょう。

ソニー「スピーカー搭載マルチファンクションライト」

シーリングライトにスピーカーが付属した斬新な製品です。音楽はスマートフォンからストリーミング再生したり、Micro SDカードに保存されたものを再生したりすることができます。

名前の通り多機能で、温度、湿度センサーで部屋内の環境を調節したり、スマートフォンアプリを通してメッセージを再生したり、人感センサーで防犯対策や電気代の節約をすることも可能です。また、エアコンやテレビなど赤外線リモコンで操作する家電を、声で操作できるようにするスマートリモコンの機能もあります。

価格はAmazonで約56,000円と高価ですが、スマートリモコンやスピーカーの機能を併せ持つスマートライトだと考えるとお得かもしれません。

 次ページ >
ライト交換以外の操作方法は?

関連記事

NEW

不動産会社向けスマートホームサービス『SpaceCore』 が注目される理由

今後、日本でスマートホームが広がる理由 日本国内では、まだまだスマートホームが普及していない。 アクセルラボの調査では、日本国内におけるスマートホームの認知度は56.4%と半数以上が知っているにもかか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.04
NEW

家電操作、太陽光充電、枯山水…?まさかテーブルにそんな機能があるなんて!注目のIoTテーブル3選

スマートホームのハブになる「Smart Table」 テーブルについたまま、家中の家電を操作できたらとても便利ですよね。もちろんスマートスピーカーやスマートフォンでもできることですが、一見ガジェットに ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.04
NEW

自宅のソファからアリーナ最前列へ!VRゴーグルで音楽ライブを楽しめるサービス6選

VARK 画像引用元:https://vark.co.jp/ VARKは、VTuberやボーカロイドなど、バーチャルタレントのライブパフォーマンスをVRで体験できる配信サービスです。Oculus Go ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.08.04

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.