iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.12.14
2019.12.25

ボディデザインもIOT技術でコントロール!YUNMAI スマート体重計とは?

体調管理やダイエットのために体重測定を欠かさない方は、少なくないのではないでしょうか?毎日体重計に乗る習慣は素晴らしいことですが、せっかく毎日測定しているのですから、データとして集計したいものです。今回は、スマートフォンやタブレットなどのガジェットと同期して体重のデータ管理を行えるYUNMAI スマート体重計を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

手頃な価格で高性能なスマート体重計をリリースするYUNMAI

YUNMAI スマート体重計をリリースする「アモイYUNMAI技術有限公司」は、中国の5大経済特区の1つである福建省厦門"アモイ"でコンピュータや携帯電話などの通信製品、その他の関連製品のソフトウェア開発を行うハイテクメーカーです。

2002年6月の設立から携帯電話の画像データの同期と管理を行うソフトウェアの開発を行い、100社の以上の携帯電話メーカーへの納入を行う中国最大のスマートフォンのソフトウェア開発会社の1つに成長しました。

携帯電話の画像データの同期と管理のテクノロジーを転換して開発されたのが、リーズナブルな価格設定で高性能だと注目されるYUNMAI スマート体重計でブランド名のYUNMAIの中国語表記は"雲麦"です。

リリース当初から一部のユーザー層よりカルト的な支持を得ていましたが、最新モデルのYUNMAI Mini 1501 INTERNATIONAL VERSIONは、一般的なユーザーにも受け入れられる高性能スマート体重計だと言えるでしょう。

 

10種類のデータ測定を16人分も登録できるYUNMAI スマート体重計

YUNMAI スマート体重計は素足で乗るだけで体重、体脂肪率、内蔵脂肪、推定骨量、基礎代謝、内臓脂肪、水分量、体内年齢、BMI、タンパク質を測定します。また、生体電気インピーダンスを搭載する4つの高精度圧力センサとBIAチップで測定し、体組成データ作成、スマートフォンのアプリに体の健康点数を表示します。

最大16人の計測データを同時に管理することが可能で、スマート体重計に乗るだけで起動しユーザーを自動的に識別する「乗るピタ機能」も採用しています。

スマートフォンとの同期はBluetooth4.0で行われ、iPhoneやAndroid端末上の「YUNMAI」アプリで体重の増減を測定データとして管理できます。

 次ページ >
計測データを管理するアプリ「雲麦」とは?

関連記事

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

FOSSIL スマートウォッチの口コミ・評判を解説

便利な機能があると話題のスマートウォッチ。FOSSILからも、2021年9月27日に最新スマートウォッチが発売されました。 ここでは、「どのような機能が使えるのか」「使い心地はどうなのか」といった特徴 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.14

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.