iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.12.14
2019.12.25

ボディデザインもIOT技術でコントロール!YUNMAI スマート体重計とは?

体調管理やダイエットのために体重測定を欠かさない方は、少なくないのではないでしょうか?毎日体重計に乗る習慣は素晴らしいことですが、せっかく毎日測定しているのですから、データとして集計したいものです。今回は、スマートフォンやタブレットなどのガジェットと同期して体重のデータ管理を行えるYUNMAI スマート体重計を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

手頃な価格で高性能なスマート体重計をリリースするYUNMAI

YUNMAI スマート体重計をリリースする「アモイYUNMAI技術有限公司」は、中国の5大経済特区の1つである福建省厦門"アモイ"でコンピュータや携帯電話などの通信製品、その他の関連製品のソフトウェア開発を行うハイテクメーカーです。

2002年6月の設立から携帯電話の画像データの同期と管理を行うソフトウェアの開発を行い、100社の以上の携帯電話メーカーへの納入を行う中国最大のスマートフォンのソフトウェア開発会社の1つに成長しました。

携帯電話の画像データの同期と管理のテクノロジーを転換して開発されたのが、リーズナブルな価格設定で高性能だと注目されるYUNMAI スマート体重計でブランド名のYUNMAIの中国語表記は"雲麦"です。

リリース当初から一部のユーザー層よりカルト的な支持を得ていましたが、最新モデルのYUNMAI Mini 1501 INTERNATIONAL VERSIONは、一般的なユーザーにも受け入れられる高性能スマート体重計だと言えるでしょう。

 

10種類のデータ測定を16人分も登録できるYUNMAI スマート体重計

YUNMAI スマート体重計は素足で乗るだけで体重、体脂肪率、内蔵脂肪、推定骨量、基礎代謝、内臓脂肪、水分量、体内年齢、BMI、タンパク質を測定します。また、生体電気インピーダンスを搭載する4つの高精度圧力センサとBIAチップで測定し、体組成データ作成、スマートフォンのアプリに体の健康点数を表示します。

最大16人の計測データを同時に管理することが可能で、スマート体重計に乗るだけで起動しユーザーを自動的に識別する「乗るピタ機能」も採用しています。

スマートフォンとの同期はBluetooth4.0で行われ、iPhoneやAndroid端末上の「YUNMAI」アプリで体重の増減を測定データとして管理できます。

 次ページ >
計測データを管理するアプリ「雲麦」とは?

関連記事

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

スマートホームハブとは?メリット・デメリットとおすすめのブランド

近年話題のスマートホームは、コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、さらに注目を集めています。そんなスマートホームを実現させるために欠かせないものが「スマートホームハブ 」です。本記事では、スマートホー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.02

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.