iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.12
2019.12.26

Garminが販売するスポーツマン向けのスマートウォッチ「vivoactive J HR」 

Apple Watchをはじめ、数多くのウェアラブルなスマートウォッチが販売されています。GPS製品を販売するGarminは、スマートウォッチの販売にも力を入れています。
「vivoactive J HR」はGarminが販売するスマートウォッチのひとつで、スポーツマン向けに設計されています。今回は、vivoactive J HRの高機能の数々を紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

vivoactive J HRの特徴 

ウェアラブルなスマートウォッチであるvivoactive J HRは、Garminが販売するスマートウォッチのなかでも高機能な製品です。時計機能はもちろんのこと、GPSと心拍計も搭載されています。

vivoactive J HR本体のサイズは30.2×57.0×11.4mmで、バンドのサイズは137mmから195mmまで調節可能です。

高解像度のタッチスクリーンを採用し、20.7×28.6mmの縦長ディスプレイは大きめで、非常に見やすい設計となっています。ディスプレイの下に2つの物理ボタンが設置され、操作性も高いです。

充電式リチウムバッテリーを採用し、バッテリー寿命はGPSがオフの状態で最長8日、GPSがオンの状態では最長13時間vivo active J HRを連続使用可能です。

 

さまざまなスポーツに対応

Garminが販売するスマートウォッチの中でもvivoactive J HRは高機能で、多くのスポーツに対応します。

「ランニング機能」では、加速度計を搭載し、ピッチを計測する「フットポッド」なしでも、屋内での運動距離を計算できます。また、自己ベストの管理もvivoactive J HRで可能です。

「サイクリング機能」では、オプションでスピード測定機能やペダルの回転数を計測する「ケイデンスセンサー」が搭載されます。

「スイミング機能」を活用すると、時間や距離、ペースやストローク数、消費カロリーなどを記録します。

「ゴルフ機能」を使うと、コースの任意の場所からショットのヤード数を正確に計測します。また、グリーンの前後、中間までのヤード数も計算可能です。

そのほかにもデジタルスコアカード機能が搭載されるなど、ゴルファーにとって便利な機能が満載となっています。

 次ページ >
多くの活動量を計測可能

 

多くの活動量を計測できるvivoactive J HR

vivoactive J HRには光学式心拍計が搭載され、手首にvivoactive J HRを巻くだけで心拍数を測れます。また、消費カロリーを計測する機能もあり、光学式心拍系と連動して、心拍に基づく消費カロリーを計測できます。

ペースや時間、距離といった目標を設定すると、ペースが離れたことを知らせる「ペースアラート」や、目標に達するとアラームが起動する機能があります。

 

vivoactive J HRと連携するアプリの機能も豊富 

vivoactive J HRは、「Connect IQ」と呼ばれるGarminが開発したアプリと連携可能です。「Connect IQ」は「Applications」、「Data Fields」、「Watch Faces」、「Widgets」と呼ばれる4種類にアプリに大きく分けられます。

「Applications」は、活動量の測定や動作をつかさどります。データを表示する「Data Fields」で、表示させるデータをカスタマイズ可能です。

「Watch Faces」は時計のデザインを変更するアプリで、「Widgets」は天気や気温、カレンダーなどを管理するアプリとなっています。

Connect IQで用意されるアプリの数も多く、ランニングやサイクリング、プールでのスイムやスノーボードなど、多くのスポーツに対応したアプリを搭載しています。

また、ミュージックプレイヤーや歩数、カロリー、睡眠などを管理するウィジェットも多彩です。

Connect IQアプリは、vivoactive J HRと連携したスマホ上でも管理でき、スマホにインストールしたアプリ上で、vivoactive J HRにて計測したデータを確認できます。

ウォーキングやサイクリング、ランニングといった種類別に消費カロリー数が棒グラフで表示されるので、視覚的にわかりやすい仕様になっています。

 

vivoactive J HRの気になる値段は? 

vivoactive J HRの本体は、税別27,593円で販売されています。多様なアクセサリーも用意され、別途購入可能です。

vivoactive J HRを巻くベルトをカスタマイズ可能で、ベルト交換キットは税別5,000円で販売されています。

このほかにも、

スピードセンサー 税別6,400円
ACアダプタ 税別2,500円
ワイヤレス温度センサー 税別4,400円

などが販売されています。

カメラなどのvivoactive J HRと連携可能な機器も多く、本格的なアスリート向けのスマートウォッチに仕上がっていますので、気になる方はぜひともチェックしてみてください。

関連記事

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

スマートホームハブとは?メリット・デメリットとおすすめのブランド

近年話題のスマートホームは、コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、さらに注目を集めています。そんなスマートホームを実現させるために欠かせないものが「スマートホームハブ 」です。本記事では、スマートホー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.02

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.