iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.08
2019.12.26

失くしそうなモノに貼り付けるだけ 紛失防止タグ「MAMORIO FUDA」 

電車やタクシーの中に、財布や携帯電話を忘れた経験は、誰もが一度はあるのではないでしょうか。スマートフォンの場合は、GPSを活用した「iPhoneを探す」のような機能が、iOS系のタブレットに搭載されています。
とはいえ、GPSがオフ状態の場合や、スマホでないモノを失くした場合には、このような機能を利用できません。そこでおすすめなのが、今回紹介する「MAMORIO FUDA」です。「MAMORIO FUDA」は、モノに貼り付けるだけで、失くした場所を検知できる便利なタグなのです。

記事ライター:iedge編集部

「なくすを、なくす」をモットーに 

「MAMORIO FUDA」を開発した株式会社MAMORIOは、「なくすを、なくす」をスローガンに紛失防止デバイスを開発するIoTのスタートアップ企業です。海外にも「Tile」といった忘れ物防止タグが数多くリリースされていますが、従来の忘れ物防止タグと比較するとMAMORIO FUDAの小ささは際立っています。

バルセロナで開催される世界最大級のモバイル見本市である「Mobile World Congress」で、Japan Rising Startupsとして選抜された株式会社MAMORIO。一般のお客さんのMAMORIOへの評判は高いといいます。国内でもJR東日本と共同で、主要4駅で忘れ物自動通知サービスの実証実験を2018年6月に開始するなど、国内外で注目されるスタートアップ企業です。

 

MAMORIO FUDAのスペック 

先述のように、MAMORIO FUDAのサイズは、紛失防止タグとしては非常に小さく、縦24mm、横36.2mm、厚さ3.4mmほどです。ポリ塩化ビニルを素材とした本体の重量も、たった3.4gしかありません。

使い方も非常に簡単で、絶縁シートを本体から剥がして、紛失したくないモノに貼り付けるだけです。柔らかいので、多少でしたら曲がりますが、曲面に貼らないほうがいいでしょう。平面のモノに貼り付けるのがベストだといえます。なお、両面テープでモノに貼り付けますが、何度も貼り直しできませんので注意しましょう。

 次ページ >
MAMORIO FUDAの使い方

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.