iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.06
2019.12.26

スマホのシェア率1位を誇るサムスンのスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」 

iPhoneやMacbookなどを販売するアップルが2015年にIoTに対応するスマートウォッチを販売して以来、数々のスマートウォッチがリリースされました。スマホを販売する会社に限ると、2018年8月現在、スマホのシェア2位に躍り出たHuaweiも、Huawei Watchを販売していますが、サムスンもまたスマートウォッチを発売しています。
「Galaxy Gear S3 frontier」は、Galaxy Gear S2の後継機に相当します。今回は、Galaxy Gear S3 frontierの機能について、詳しく紹介します。

記事ライター:iedge編集部

サムスン独自のOSを搭載したスマートウォッチ

Apple Watchならば、Appleの設計したWatchOS、Googleが販売するAndroid Watchならば、同社が開発したWear OSがそれぞれ搭載されています。

Galaxy Gear S3 frontierには、サムスンが独自に開発したtizen OSが搭載されています。そのためiOSを搭載したiPhoneとの連携はできず、Android系のスマホとのみ連携可能です。

環境光センサーを搭載するために画面下部が切り抜かれた製品が多いなか、Galaxy Gear S3 frontierのディスプレイは完全な円形表示なのも特徴です。「Super AMOLED」と呼ばれるサムスンのスマホにも採用される有機EL(有機化合物に電圧を加えると、熱をほとんど出さずに発光する仕組み)が、ディスプレイに採用されています。

円盤周辺には、回転式ベゼルが張り巡らされているのも、Galaxy Gear S3 frontierの大きな特徴のひとつです。指が引っかかりやすいようにギザギザ状になっており、ベゼルを回すだけで、電話やボリューム調整、アラームのオンオフ、メッセージのスクロールやアプリの切り替えなど、あらゆる操作を簡単に行なえます。

右側面には2つのボタンがついており、上が戻るボタン、下がホームボタンに該当します。背面にはなんと心拍計センサーが搭載され、Galaxy Gear S3 frontierを装着しながら、心拍数も計測します。

バッテリーの持続時間もGear S2よりも大幅に改善され、4日間の連続使用にも対応します。Watch Onlyモードにしておくと、バッテリー残量が5パーセントでも約10時間は時計表示が可能です。

 

通話も可能なGalaxy Gear S3 frontier 

Galaxy Gear S3 frontierにはスピーカーも搭載されています。連携したスマホとBluetooth接続すれば、電話の発信および受信がGalaxy Gear S3 frontierでも可能です。スマホに着信があると、Galaxy Gear S3 frontierのディスプレイにも着信状態が表示されます。

通常のスマートウォッチと異なり、Galaxy Gear S3 frontierではそのまま通話が可能で、音声もクリアです。

 次ページ >
搭載されるアプリも豊富

 

Galaxy Gear S3 frontierに搭載されるアプリも豊富 

Galaxy Gear S3 frontierに対応するアプリも多く、たとえば、メッセンジャー系アプリの「Googleハングアウト」も使用可能です。通知だけでなく、定型文やスタンプ、文字入力での返信など、すべてに対応します。

そのほかにも、LINEやGoogle Play Musicなど、多くのアプリに対応します。Galaxy Gear S3 frontierで対応するアプリはAndroid Wearではなく、サムスンが提供するアプリストアからアプリをインストールする仕組みです。ウォッチフェイスのカスタマイズももちろん可能となっています。

活動量計としての使用も可能で、上述の心拍計機能のほかにも、GPSとの連動でアクティビティを記録します。目的地までの距離やルートの確認、ランニングやゴルフのスコアまで、Galaxy Gear S3 frontierひとつで記録可能です。

 

Galaxy Gear S3 frontierのラインナップと価格は? 

サムスンはGalaxy Gear S3 frontierのほかにも、Galaxy Gear S3 Classicをリリースしています。Galaxy Gear S3 Classicは高級感のあるデザインで、Galaxy Gear S3 frontierのほうは革新的なデザインに設計されています。スペックはほぼ同じで、Galaxy Gear S3 frontierのほうが若干重くなっています。

このほかにも、ゴルフ用に、Galaxy Gear S3 frontier Golf Editionが販売されており、ゴルフに最適化され、世界6万カ所以上、国内約2,260カ所のゴルフコースに対応しています。グリーンまでの距離やコース全体が把握できるだけでなく、ゴルフ場のコースビューまで確認できます。

Galaxy Gear S3 frontierはスペースグレイとブルーブラックの2色が用意され、Amazonでの参考価格は2018年8月現在、税込み39,800円になっています。

関連記事

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

100%ワイヤフリーのWebカメラ!Arlo Essentialで屋外の見守りを

自宅の外にある自動車や自転車への犯罪に対して、監視カメラを設置することは有効な抑止力になります。しかしながら、監視カメラを設置するには、普通は電源などのケーブルが必要です。自宅の環境によっては設置が難 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.