iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.10.25
2019.12.26

Amazonがイベントで発表した一番のビッグニュースは壁掛け時計ではない

記事ライター:Yuta Tsukaoka

スマートプラグ、STB、そして電子レンジと壁掛け時計で湧いたAmazonイベント

シアトルで行われたamazonのイベントの様子
(画像引用:TechCrunch)
https://techcrunch.com/2018/09/20/amazon-launches-an-alexa-microwave-with-built-in-popcorn-dash-button/

2018年9月20日にシアトルで開かれたAmazonのイベントでは、実にさまざまなデバイスが発表され、少なくとも私の界隈は大きく湧いた。

刷新されたEchoシリーズ(うち、New Echo PlusとEcho Show、New Echo Dotは日本でも発売される)に、スマートプラグEchoシリーズと連携するアンプ、サブウーファー、そしてAlexa搭載の電子レンジ壁掛け時計…。

日本在住の私は後半、指をくわえて見ているだけだったが(もちろん、在米の友人にすぐ電話して購入の手続きを頼んだ)、もっとも興奮したのはガジェットの発表ではなかった。

どうもあまりメディアに取り上げられていないのだが、AmazonはAlexaというAIに画期的な機能を組み込もうとしている。

 

「勘」を働かせるAlexa Hunches

amazonのアプリが表示されたスマートフォン画面
(画像引用:TechCrunch)
https://techcrunch.com/2018/09/20/amazons-alexa-can-now-act-on-hunches-about-your-behavior/

Amazonがこれだけたくさんの製品を発表したということは ――そのニーズがあるなしに関わらず同社はこれから家庭にたくさんのIoTデバイスが入り込むと考えているわけだ。

となると問題になるのが、これまでの記事でも取り上げてきた「スケール問題」である。

たとえば、仕事部屋のEcho Dotに「電気をつけて」と言っても「どの照明を点けましょうか?」とトンチンカンな返事をすることがあるだろう。朝、仕事部屋に入ってきてまずリビングの照明を点ける奴がどこにいるんだと叱りたくなるが、そこはぐっと我慢だ。

なぜなら、Echo Dotが課題を処理する「スケール」――すなわち自分のコントロール下にあるスペースはその家の中全体(正確には自宅Wi-Fiの受信範囲)なので、ただ「照明」と言われても「どの照明なのか」が判断できないのである。

その解決策として、AIスピーカーは「目」を持つべきというのが私の主張だが、Amazonはそれをソフトウェア的に解決しようとしている。

それが、Alexa Hunches(Hunch=勘)である。ユーザーの毎日の振る舞い、ルーチンを深層学習によって理解して「勘」を働かせ次の動きを先回りするのだ。

先ほどと同じく、私の朝のルーチンを例に取ろう。

私は毎朝、仕事部屋に入るとEcho Spotにデスクライトと水槽の照明を点け、エアコンを動かし、ニュースを読み上げてもらっている。ほとんど毎日だ。

Alexa Hunchesが実用化されると、これを繰り返すうちにEcho Spotがこんなことを言い始めるのだ。「リビングのエアコンがついたままですが、私が消しておきましょうか?」

 次ページ >
AIスピーカーはパートナーになる

関連記事

NEW

成功者続出!Apple Watchにはダイエットを成功へ導く秘訣が詰まっていた

ダイエットの味方「アクティビティ」アプリがすごい Apple Watchに元々入っている「アクティビティ」アプリが、ダイエットの強い味方になります。 「アクティビティ」が記録しているもの 画像引用元: ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.23
NEW

もう寂しいなんて思わない!「LOVOT」が一人暮らしにおすすめな4つの理由

LOVOT(らぼっと)とは 画像引用元:https://lovot.life/lovestory/ 役に立たないけど、あたたかい ”愛されるために生まれてきた”ペット型ロボット、それがLOVOT(らぼ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.22
NEW

外国のメーカーだけど大丈夫?OPPO(オッポ)スマホにおサイフケータイは搭載されているのか

対象機種は一部!OPPOのスマホでおサイフケータイは使えるの おサイフケータイとは日本独自の決済サービスであり、スマホに内蔵されている「Felica」というICチップを使って下記のような操作ができます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.