iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.09.29
2019.12.26

ペット事業に参入したシャープによる猫用システム「ペットケアモニター」

「システムトイレ型ペットケアモニター HN-PC001」は、シャープが開発した猫用の健康管理システムです。シャープというと、台湾にある鴻海(ホンハイ)傘下の電機メーカーとしても有名ですが、今回、犬や猫などのペットの健康管理ビジネスに参入すると発表しました。

ここでは、シャープが手がける「ペットケアモニター」の機能について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

AIやIoTに参入するシャープ

シャープが掲げる「AIoT」とは、AIとIoTを組み合わせた造語です。これまでシャープは、スチームオープンレンジ「ヘルシオ」や、ロボット掃除機「ココロボ」といった生活家電のAIoT化に取り組んできました。

今回販売されることになったペットケアモニターも、AIoT化された生活家電のひとつです。

実は現在、15歳未満の子どもの数を、犬や猫といった動物の飼育頭数が大きく上回っている状況です。IoTを考慮したスマートライフに、家族の一員であるペットを組み込むのが、シャープの狙いといえます。

ペットケアモニターで計測されたデータを解析するAIは、島根大学との共同研究によって開発されました。また大阪府立大学との共同研究により、史上初の犬の自律神経バランスを数値化する技術の開発に成功しました。

シャープが販売するペットケアモニターは、IoTを活用したペット事業の第一弾という位置づけです。

 

ペットケアモニターの構成はこんな感じ

ペットケアモニターは、計量機能のついた猫用のトイレが本体になっています。オプションとして、「猫砂」と呼ばれるペットケアモニター用のチップと、ペットシーツ20枚があります。猫砂はペットケアモニターの内部に敷き、ペットシーツは中に敷くようになっています。

複数の猫を飼っている場合には、個体識別バッジを首輪に装着して使用できます。これにより、最大3頭まで猫を管理可能です。

 次ページ >
ペットケアモニターの機能

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.