iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.28
2019.12.26

電気ポットで高齢者を見守り!象印が開発したi-Potとは?

近年、問題視されている高齢者の孤独死。まさか自分の親に限って…と考えたくない気持ちはわかりますが、離れて暮らす家族の安否はいつも気になるものですよね。とは言っても、毎日電話をしたり、出向いたりすることは難しいのではないでしょうか。

「一緒に暮らせば解決できるけど、それも難しい」そんな悩みを抱えている人におすすめしたいのが、象印から販売されている電気ポットです。こちら、実は家族の安否を知らせてくれる電気ポットなのです。

記事ライター:iedge編集部

1、見守り役は“ポット”にお任せ

 

「電気ポットが家族の安否を知らせてくれる」とは、にわかに信じがたいですが、そもそもどうして電気ポットなのでしょうか。まずは、その理由から確認していきましょう。

1-1 毎日使うものだから

お茶、コーヒー、紅茶など、私たちは毎日のようにお湯を必要とします。インスタント食品を作る時だって電気ポットは活用できますよね。ここがポイントです。電気ポットが毎日使われていれば、元気で暮らしているというバロメーターにもなるのです。

 

1-2 誰でも使えるものだから

高齢者は最新の機械が苦手。でも、電気ポットならどうでしょうか?昔から使用している人がほとんどなため、使い方に苦労することもありません。特別な操作など一切必要とせず、誰でも簡単に使うことができます。

 

1-3 生活になじんでいるから

「見守るだけなら他にも方法はあるのでは?」と考える人もいるかもしれません。でも、いきなり新しい機械が部屋に置かれたらどうでしょうか?変に監視されている気分になりますよね。しかし、電気ポットなら、部屋に置いてあっても不思議ではありません。だからこそ、生活空間になじむのです。

 次ページ >
象印の「みまもりほっとライン」

関連記事

NEW

意外と知らない!便利なsiri活用法10選

siriの活用法1:音声だけでアラームを登録 siriに対して「Hey Siri、3分後にタイマーをセットして」、「Hey Siri、8時に目覚ましを鳴らして」と話しかけるだけでアラームが登録されます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.22
NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.