iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.17
2019.12.26

クリエイティビティは人間の聖域か? ―AIが生み出したジャパニーズアイドルたち

記事ライター:Yuta Tsukaoka

架空のアイドルを自動生成するGANs


(video:株式会社データグリッド/YouTube)

まずは上の動画を見てほしい。

これはアイドル画像のモーフィング動画ではない。なんと、AIによってアイドルの顔が自動生成されているのだ。これを開発したのは京都大学初のベンチャー、データグリッド。

次々と安定的に高解像度で架空のアイドルの顔が生成されていく「アイドル生成AI」を開発したという同社によると、この基幹技術は敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial networks = GAN / GANs)とのこと。

いったいGANsとはなにか、解説しよう。

 

ふたつのAIが「競い合う」ニューラルネットワーク

ネットワークが連結するイメージ

GANsは、カンタンに言うと「生成側」と「評価側」の2つに分かれたAIがそれぞれ競い合うことで高度なクリエイティビティを持つニューラルネットワークのことである。

言葉にすれば、やるべきことは単純だ。まず、アイドル動画を機械学習によって大量に流し込み、それらを合成して新たなアイドル画像を作り出す「生成側のAI」を作る。

続いて、同じく大量のアイドル動画によって学習した「評価側のAI」を作る。そして、それらを相互に競合させるというわけである。

生成側のAIは評価側のAIから高く評価されるように生成アルゴリズムを自己学習で修正していき、評価側のAIは生成側のAIにケチをつけるよう、やはり評価アルゴリズムを自己学習で調整し続ける。

つまりこれ、人間がクリエイティビティを高めていく「弟子と師匠」または「同門のライバル」の関係に極めて近いのである。

 次ページ >
クリエイティビティはAIに奪われるか

関連記事

NEW

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.