iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.16
2019.12.27

もうジムは必要ない。「Move It」で自宅にパーソナルトレーナーがやってくる!

ジムに通いたいけれど踏み出せずにいる方、自分なりにトレーニングしているけれどついつい手抜きしてしまう方などは、どうか安心してください。「Move It(ムーブイット)」があれば、もうジムは不要、手抜きも一切しなくなります。ぜひとも理想のボディを手に入れましょう。

記事ライター:iedge編集部

自宅にいながら4種類のトレーニングが手軽にできる「Move It」とは?

今回ご紹介する「Move It」は、自宅にいながらにしてジムさながらの本格トレーニングが行えるだけでなく、ついつい手抜きをしてしまいがちな自主トレーニングにおいても、高い効果を発揮してくれるスグレモノです。

メタボを解消したい、運動不足を解消したい、痩せマッチョを目指したい、ダイエットをしたいなど、さまざまな理由でジムに入会し、トレーニングを開始したまでは良かったものの、以下のような理由で辞めてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

※どうもモチベーションが持続してくれない
※月謝を払っているものの仕事が忙しく通えない
※最初は良かったが自宅から遠いのでなかなか通えない

「Move It」はこうしたトレーニングを必要とするすべての方にとって、強い味方になってくれるでしょう。

「Move It」とは、本格的なトレーニングを自宅で行うことができるスマートフィットネスジムで、次の4種類のトレーニングが可能です。

1「PUSHUP STAND」

プッシュアップスタンド腕立て伏せ用の器具で、左右に2つの器具を設置し、ハンドルを持って行います。

2「AB WHEEL」

アブホイールは腹筋用の器具で、膝を床につけた状態でハンドルを握り、アブホイールを前進、後退させることで腹筋を鍛えることができます。

3「RESISTANCE BAND」

レジスタンスバンドはチューブトレーニングを行うための器具で、左右のハンドルを握って伸縮させることで、肩、背筋、二の腕など、さまざまな部位を鍛えることができます。

4「JUMP ROPE」

ジャンプロープ、つまりお馴染みの縄跳びです。持久力、三角筋、すねなどの強化に最適です。

これらの器具をフルに活用してトレーニングを行うためのスペースは、わずか3m×3m程度ですので、リビングや寝室でも行うことができます。

 次ページ >
“手抜きしちゃえ”が通用しない

関連記事

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

100%ワイヤフリーのWebカメラ!Arlo Essentialで屋外の見守りを

自宅の外にある自動車や自転車への犯罪に対して、監視カメラを設置することは有効な抑止力になります。しかしながら、監視カメラを設置するには、普通は電源などのケーブルが必要です。自宅の環境によっては設置が難 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.