iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.04
2019.12.27

AlexaやGoogleアシスタントに対応 ジオフェンシングで撮影モードの自動切り替えもできるセキュリティカメラCanary View

2013年にセキュリティカメラ、サイレン、気候モニターを搭載した複合型スマートセキュリティデバイスCanary All-in-Oneを発表して以来、Canaryはスマートセキュリティのパイオニアとして、商品を発表し続けています。

今回紹介するCanary Viewは、Canary All-in-Oneの廉価版で、基本的な機能に絞ったコンセプトになっています。

記事ライター:iedge編集部

基本を押さえた充実スペック

Canary Viewのスペックを見ると、基本を押さえた堅実なものになっています。

All-in-Oneにはあったサイレンや気候モニター機能は削っていますが、FHD1080p解像度の撮影、147度の視野、モーション検知、夜間撮影、オプションになりますが双方向オーディオと、セキュリティカメラに求められる機能を網羅しています。

また、 AlexaとGoogleアシスタントにも対応しており、様々な機器と連携したスマートホームの一部となることで、さらに魅力的なデバイスとなっています。

Canary Viewのデザインを見ていくと、ほぼCanary All-in-Oneと同じデザインであることが分かります。長さ2mのMicro USB電源ケーブルが付属しているため、設置位置に関しても十分な柔軟性が得られます。

オプションで有料会員になることで(毎月10ドルまたは毎年99ドル)、カメラにさまざまな機能拡張を追加可能です。

ホームモニタリングとモーション検出は標準で利用可能ですが、会員登録することで、30日間のビデオ保存、双方向オーディオ、PCへのライブストリーミング機能が追加されます。保証期間も1年から2年に延長されるので安心です。

また、デバイスを購入する際、2年間契約すれば、無料でカメラ本体を入手できます。これは携帯電話のビジネスモデルを参考にしたもので、スマートホーム製品にも適したものであると考えられます。

 

スムーズな操作性が魅力だが、通知周りに弱点アリ

全体として、Canary Viewのパフォーマンスにはいいところと悪いところが混在しています。初期設定中、Android向けのCanaryアプリはアカウント設定中に数回クラッシュするなど、思ったより不安定でした。

しかし、一度カメラとスマートフォンをペア設定すれば、あとはスムーズに設定を続けられました。ファームウェアのアップデートも自動的にインストールされるため、アップデートのタイミングを心配する必要はありません。

設定が完了すれば、Canary Viewの操作はとても簡単です。アプリのボタンから在宅モード、外出モード、ナイトモードを選択して、モーション検出やアラート機能を切り替えます。

また、ジオフェンシング機能を使用して制御することもできます。この機能を使用すると、設定した区域内を出入りすることで自動的にモードを切り替えることができます。

画質は素晴らしい品質です。特に、昼間の撮影に関しては全く不満がありません。競合他社のカメラで、しばしば生じる汚れやブロック感がなく、かなりシャープです。

カメラの土台に埋め込まれたリングライトは、暗い部屋での動画撮影に役立ち、内蔵の赤外線も、高品質な映像に役立っています。

一般的にライブストリーミングでは、映像がスマートフォンに表示されるまで約1秒かかっていますが、Canary Viewでは5〜6秒かかります。PCへのストリーミングの場合は、それが15秒へ拡大されます。Canaryによると、このタイムラグは今後のアップデートで改善されていく模様です。

なお、これらのタイムラグは、通知においても存在します。外出モードでモーションが検出されたとき、通知がスマートフォンに届くまでに2分ほどかかることがありました。競合他社が数秒で通知を送信できることを考えると、これはマイナスポイントとなりえます。

 次ページ >
スマートホーム連携機能も搭載

 

スマートホーム連携機能も搭載

多くのスマートセキュリティデバイスがスマートホームプラットフォームとの連携を強化する中、Canary ViewもAmazon Alexa、Googleアシスタント、Wink Homeをサポートしています。

Amazon Echo Show、Echo Spot、Fire TVでは、デバイスにビデオをストリーミング可能で、Googleアシスタントでは、現在自宅に誰がいるかを表示可能です。

有料会員には、双方向オーディオが有効になり、カメラの内蔵スピーカーとマイクで競合他社よりも高音質でやり取り可能となっています。しかし、この機能は競合他社では無料プランで利用可能なことが多く、有料限定にするのは、いささか魅力に欠ける感じがしました。

 

タイムラグ問題を除けば、非常に優秀なデバイス

Canary Viewは全体的に非常に優秀なセキュリティカメラですが、モーション検出やストリーミングのタイムラグは本当に惜しい点です。これさえ改善されれば、無条件でお勧めできる非常に優秀なデバイスと言えるでしょう。

シンプルでスムーズな操作で、素晴らしい画像品質と優れたデザインが売りの完成度の高いデバイスです。今後、日本国内での展開があった際には、是非チェックしておくべきでしょう。

関連記事

NEW

未来の住まいがここに!スマホや声で家電を操作できる 大阪の最新スマートホームショールームに行ってきた

  大阪に新たなスマートホームの体験拠点が誕生した。 株式会社アクセルラボ(本社:東京都新宿区)は、ハウスメーカーやディベロッパー、管理会社などの不動産事業者向けスマートホームサービス「Sp ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2024.05.14

Roborock S8 Pro Ultraにロボット掃除機の未来を見た

ロボット掃除機を買い替えた  2023年10月、コロナ禍で少しだけ流行った地方移住ブームに乗り切れなかった私は、今更になって都内から地方都市への移住を果たした。東京都の地区40年-14平米ワンルームマ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.12.04

着実な広がりを見せるスマートホーム市場〜最新の動向についてアクセルラボが発表〜

 スマートホームサービス「SpaceCore」(スペース・コア)などを手がけるアクセルラボが、消費者と不動産事業者を対象に「スマートホームに関する調査報告会」を行った。  同調査は、全国の18~69歳 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.09.05

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.