iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.04.26
2019.12.27

5つのセンサーで環境を守ってくれるeSensor、便利な使い方も併せてご紹介

Link JAPANから発売されているeSensorは、室内環境をスマホからチェックすることができるIoTデバイスです。今回はeSensorに搭載された機能や、eSensorがもっと便利になる使い方などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

eSensorに搭載された機能

今回ご紹介するeSensorに搭載されているのは、

温度センサー
湿度センサー
照度センサー
音センサー
空気質センサー

という5つのセンサーです。

eSensor専用アプリをインストールしたスマホとWi-Fi(IEEE802.11 b/g、2.4GHz)接続することで、外出先からでも室内環境をモニタリングすることができます。

eSensorに搭載されたセンサーをもう少し詳しく見ていきましょう。

温度センサー/湿度センサー

言うまでもなく快・不快を感じる最も大きな部分は温度と湿度のバランスです。eSensorを設定したアプリを立ち上げれば、即座に温度や湿度を確認することができます。なお、動作温度は温度センサーが0~55度、湿度センサーが5~95%となります。

照度センサー

eSensorが光を検知すると、アプリでは暗・薄暗・明などと表示されます。どの程度の照度で暗・薄暗・明になるのかは、一度チェックしておいた方が良いかもしれません。

音センサー

eSensorが音を検知すると、アプリでは静・中・大などと表示されます。ごく一般的な日常生活の中で発生する音に関しては概ね「中」と表示されるようですが、やはり一度、どの程度でどんな表示になるのかはチェックしておくことをおすすめします。

空気質センサー

eSensorの空気質センサーは、主にトルエン、ホルムアルデヒド、アセトン、酢酸エチルなどに代表される揮発性有機化合物(VOC)の数値を計測します。これらVOCはシックハウス症候群の原因とも言われていますので、小さい子供やペットがいる家庭では重宝する機能ではないでしょうか。

なお、空気質が悪化してくると、eSensor本体のLEDも赤く灯りますのでより分かりやすい仕組みになっています。eSensorでは、これらの情報をスマホからいつでも簡単に確認することができます。

 次ページ >
eRemoteとの連携がベスト

関連記事

NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24
NEW

ついに登場!翻訳機能搭載の【スマートマスク】がスゴすぎる!

日本の企業が開発したスマートマスク「C-FACE」とは? 「スマート◯◯」とはインターネットにつながるモノを意味します。スマートフォンを筆頭にスマートスピーカー、スマートリモコン、スマートキーなど身の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.