iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.03.29
2019.12.27

スタイリッシュでスタンダードなセキュリティカメラ Hive View

英国のスマートホームブランドHiveによるセキュリティカメラ、Hive Viewはそのユニークで美しいデザインとシンプルな操作性、安定した動作が魅力です。

他製品との連携が少し弱いという欠点もありますが、スマートホームセキュリティ初心者にとっては最適なエントリーモデルとなっています。

記事ライター:iedge編集部

インテリアデザイナーによる特徴的デザインとスタンダードで堅実な性能を両立

スイスのインダストリアルデザイナー、イヴ・ベアールによるデザインが特徴的なHive Viewは、シンプルな見た目通り、すぐに使い始めることが可能になっています。

また、立方体のカメラユニットはマグネット式のメタルスタンドから取り外して、短時間バッテリー駆動させることもできます。

ただ、これらを除けばHive Viewは驚くほど標準的なセキュリティカメラです。130度の広角視野、1080pライブストリーミング、夜間モード、イベントトリガー録画と、セキュリティカメラの基本機能を堅実に押さえています。

あえて言うなら、イベントトリガー録画において、歩く人間とその他の動きを区別する機能がありますが、これもいくつかのカメラにすでに搭載されており、他製品との差別化にはならないでしょう。

ただし、機能を漏れなく搭載し、安定した動作が可能という点で、Hive Viewはスマートホームセキュリティ初心者のユーザーにとって、最適なデバイスかもしれません。

 

クラウドで月30日間録画可能

Hive Viewの発売と共に、Hiveは新しいクラウドサービスHive Video Playbackを開始しました。月額6ドルで30日間分ビデオ録画が可能です。定期購入なしでは、カメラ本体に24時間の保存が可能で、初月無料キャンペーンを行っています。

Hive Viewは、Hive Close to Homeスターターパックの一部として販売されています。

上記にはその他、スマートライト、ドアおよびウィンドウセンサー、スマートプラグ、スマートハブが含まれ、350ドルです。また、2年間月額14.58ドルの割賦コースも選択可能となっています。

 次ページ >
簡単設定で取り入れやすい

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.