iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.02.23
2020.01.29

完全キーレスのタッチスクリーン式スマートロックObsidian

非常に多くの種類のスマートロックが市場に出回り注目されている昨今、今回紹介するKwiksetの新製品Obsidianは、その中でごくシンプルなコンセプトが目を引きます。物理キーなし、Bluetoothなしで、タッチスクリーンキーパッドとデッドボルトだけです。

Z-Waveのスマートホームハブを備えた家庭においては、キーレスエントリーのスマートロックとして、最小かつ有用な選択肢となるでしょう。それでは、Kwiksetの新製品Obsidianについて、詳しくお伝えしていきます。

記事ライター:iedge編集部

Kwikset初の完全キーレスロックObsidian

画像引用:https://www.kwikset.com/obsidian.aspx

 

Kwikset社は家庭用の鍵を扱う1946年創業の老舗企業で、近年は「Kevo」をはじめとしたスマートロック製品も多く取り扱っています。Obsidianは同社にとって初めての完全な「キーレス(物理的な鍵を使わない)」製品となりました。

Obsidianは黒曜石という意味で、その名のごとく本体は黒を基調としたデザインとなっています。タッチスクリーンが起動していなければ、Obsidianはただの黒い塊のようで、ドアに取り付けられたセンサーのように見えるかもしれません。

2種類のモデルが発売されていて、価格はモデルによって異なります。1つは暗証番号式のタッチスクリーンキーとして単体で動作するモデルで、定価は180ドル(約20,000円)です。

もう1つのモデルは通信機能を有し、音声アシスタントによる操作やIFTTTとの連携が可能となっています。定価は229ドル(約25,000円)です。今回の記事では、後者のモデルを中心に紹介します。

Kwikset Obsidianは乾電池駆動で、4本の単三電池が必要になります。電池残量が低下すると、音とLEDによる警告表示が行われますが、電池が完全に切れたときには、本体下部に9V電池を使用することで、一時使用が可能です。

設置過程は簡単なものです。Kwikset Obsidianの外側と内側部分をそれぞれドアに取り付けたら、あとは自動的にキャリブレーションが行われ、スマートホームプラットフォームに接続する準備が整います。

 

IFTTT連携で使用の幅が拡大

Kwikset Obsidianは現在、WinkやSmartThingsのようなZ-Waveハブと連携しています。Apple HomeKitやGoogle Homeには対応していませんが、IFTTTのカスタムレシピを使用することで、Obsidianを操作することができます。

一度カスタムIFTTTレシピを作成したら、Googleアシスタントに話しかけるだけで扉を施錠できるようになりました。Amazon Alexaを用いても同様です。IFTTTのレシピを必要としない分、より簡単かもしれません。こちらも特に誤作動等なく、ドアを施錠可能でした。

Kwikset Obsidianには廉価モデルで最大16、フルモデルで30種類の暗証番号が保存可能です。番号は4~8桁で設定可能です。マスタコードを有効にして、追加のコードを承認したり、削除したりすることもできます。

ユーザーコードを追加するには、ロックの内部カバーの下にあるプログラミングボタンを押し、キーパッドのチェックマークキーをタップし、4〜8桁のコードを入力したらロックキーをタップします。

Kwikset ObsidianにはKevoのような独自アプリがないので、キーパッド自体またはそれぞれのスマートホームプラットフォームからコードを作成する必要があります。

残念ながらSmartThingsとAlexaアプリに関しては、2017年12月時点でコード作成をサポートしていませんでした。これが可能であれば非常に快適な利用が可能になるため、悔やまれます。

 次ページ >
直感的な操作の反面スマートでない点も

関連記事

スマートリモコンでできること 購入前の注意点も紹介

近年、暮らしを便利にするスマートホーム化が進んでいますが、スマートホーム化には様々なアイテムが使われます。その一つとして人気のアイテムがスマートリモコンです。今回は、スマートリモコンでできることについ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.11.10

賃貸物件でも後付けできるスマートロック3選 最新家電で快適生活

オートロック機能やスマホから施錠ができるスマートロック。スマートロックは付け外しが簡単なタイプであれば、賃貸物件でも後付けできます。そこで今回は、賃貸物件でも後付け可能なスマートロック3選を、スマート ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.11.04

アレクサのスキルとは?追加方法や無料のおすすめスキルをジャンル別に紹介

生活をより豊かに・便利にしてくれると人気の「Amazon Echo」。 Amazon Echoに搭載されている「アレクサ」にはたくさんのスキルをつけられます。 本記事は、アレクサのスキルの追加・削除方 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.10.28

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.