iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.02.17
2019.04.30

ぜひ利用してみたい「IoTがある暮らし」を体験することができるホテル

メディアなどでもIoTやスマートホーム関連のニュースを目にする機会が非常に多くなりました。「色々なモノがインターネットに繋がって暮らしが便利になる」となんとなく想像できても、実際どういうものなのかは体験しなければわかりません。今回は手軽にIoTがある暮らしを体験できるホテルのご紹介です。

記事ライター:iedge編集部

最先端のIoTデバイスが設置されているホテルとは

2016年夏、福岡県福岡市博多区に日本初となるIoTデバイスを集結させた近未来の体験型宿泊施設& AND HOSTEL(アンドホステル)1号店がオープンし、大きな話題を呼びました。

運営は、東京都目黒区に本社を構えるand factory株式会社です。現在、横浜市と株式会社NTTドコモと共同で「I・TOP横浜」プロジェクトの一環である「未来の家プロジェクト」におけるさまざまな実証実験を行っている企業でもありますので、ご存知の方も多いかもしれません。

チェックインやチェックアウトなどはもちろん、空調管理、睡眠管理、家電のコントロール、さらには観光案内など、とにかく滞在中のあらゆるシーンにおいて「IoTがある暮らし」を体験できる“体験型宿泊施設”として登場したIoTホテルである& AND HOSTELは現在、福岡市のほか、浅草、上野、秋葉原、神田など都心部を中心に店舗を展開しており、2018年には10店舗まで拡大する予定とのことです。

では、具体的にどのような「IoTがある暮らし」を体験できるのか、IoTホテルに設置されているデバイスとともに見てみましょう。

 

IoTホテルに設置されているデバイス

& AND HOSTELに設置されているIoTデバイスはさまざまなメーカーのものです。

いずれも個々で「鍵の開閉」「カーテンの開閉」「家電のコントロール」などを行うにはそれぞれに専用アプリが必要だったものを、一つのアプリのみですべてをコントロールできるようにプラットフォームを開発しました。

1号店である& AND HOSTEL FUKUOKAを例にIoTホテルデバイスをご紹介します。

Sleepion2

月の明るさにロウソクのゆらぎを取り入れた光、ラベンダーやヒノキなど天然アロマの香り、12曲の胎内回帰サウンドを組み合わせることで睡眠環境を整えてくれます。

Atmoph Window

壁などに設置するだけで、数百種類にもおよぶ世界中の景色を選んで映し出すことができるほか、音の効果でまるでそこに自分がいるかのような体験ができます。

Qrio Smart Lock

スマホから部屋の鍵を施錠したり解錠したりできるほか、家族や知人など特定の人とだけ鍵のコードをシェアすることができます。

Hue

最大1,600万色の中から自分好みの色を選ぶことができる照明です。やさしい光、元気が出る光、集中力が増す光などを直感的に選んで自分だけの空間を演出できます。

iRemocon

赤外線リモコンを使用する家電の赤外線信号を学習して記憶するデバイスです。これ一台あれば赤外線リモコンを使用する家中の家電をコントロールできます。

スマート宅配BOX

スマホアプリで鍵の開閉ができる宅配BOXです。不在時でも荷物の受け取りができるほか、荷物が届いたことを通知したり、取り出したことを配送会社に通知したりすることもできます。

BOCCO

手のひらサイズのかわいいロボットは、アプリから送信したテキストメッセージを音声で再生してくれます。録音機能を使えば音声のやりとりも可能です。

MESH

センサーやボタンなど機能ごとにブロックタイプのMESHタグがあり、アプリ上でそれらを組み合わせることで自分だけのIoTデバイスを作ることができます。

SmartEyeglass

視線を大きく変えることなくハンズフリーでさまざまな情報を取得することができる透過式メガネ型ウェアラブルデバイスです。目の前の景色に情報が重なるリアルな拡張現実(AR)を体験できます。

PlugAir

専用アプリをインストールし、イヤホンジャックに差し込むだけでさまざまなコンテンツを楽しむことができるガジェットです。

IoTホテル滞在中は、このような10種類のIoTデバイスを存分に使うことができます。

 

IoTホテルは今後どんどん増えてくる

IoTがある暮らしを体験することができる最先端の宿泊施設のご紹介でしたが、いかがでしたか?

つい数年前までは、まだまだ遠い未来のことだと思っていたIoTがある暮らしはすでに始まっており、Amazon EchoやGoogle HOMEなどのスマートスピーカーの普及によって今後一気に加速していくものと思われます。

また、こうしたIoTホテルは、今後どんどん増加することが見込まれています。

滞在者が便利で快適な暮らしを体験できるという以外にも、経営側にとっては人手不足の解消や経費削減、言語が違う海外からの旅行者にも良質なサービスを提供することができるといったさまざまなメリットがあります。

今回ご紹介した& AND HOSTELは一般的なドミトリーのほかに、IoTがある暮らしを体験できる部屋が用意されています。福岡店ではIoTダブルルームが1泊9,800円(1人4,900円)、キングルームでも1泊10,800円(1人5,400円)とリーズナブルですので、興味を持たれた方はぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか?

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.