iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2022.12.09
2022.12.22

スマートベッドとは?海外で話題の最新高級ベッドについて紹介

記事ライター:iedge編集部

電動ベッドと睡眠センサーを組み合わせ、その人の睡眠のデータを収集して快適な眠りのサポートをしてくれるスマートベッド。近年、メディアでも取り上げられるなど大きな注目を集めていますが、スマートベッドはどのようなことができるのでしょうか。

今回は、スマートベッドでできることについて、おすすめのスマートベッドと共にご紹介します。

スマートベッドが可能にすること

スマートベッドとは、センサーなどの技術を活用してその人の睡眠に関するデータを収集し、快適な眠りを実現するベッドのことです。具体的には病院などで使う物を除く、電動ベッドと睡眠センサーを組み合わせたベッドのことを指します。

スマートベッドは、健康管理のニーズが高まる高齢者や仕事などの疲れを少しでも取りたいという社会人から人気が高く、年々需要が高まっています。需要の高まりと共に様々な種類のスマートベッドが販売されており、ユーザーの睡眠状態に沿ってベッドの角度を変える製品やスピーカー、本棚、マッサージなどの機能を備えた製品なども登場しています。

スマートホームの普及に伴い、スマートベッドも注目を集めており、今後も需要が高まるでしょう。

おすすめのスマートベッドを紹介

前述の通り、需要の増加に伴って最近は多種多様なスマートベッドが販売されています。そこでここからは、おすすめのスマートベッド3選をそれぞれの特徴と共にご紹介します。

「Active Sleep」シリーズで不眠を解消!

まずおすすめするスマートベッドは、パラマウントベッド株式会社が販売している「Active Sleep」シリーズです。Active Sleepシリーズをおすすめする理由は、それぞれの眠りやすい角度を見つけて快適な眠りをサポートしてくれるから。

これまでのベッドは、睡眠中は平らな状態が基本でした。しかし、Active Sleepシリーズは角度をつけて眠る「入眠角度」が特徴で、睡眠の状態に合わせた形状が変化します。

また、アプリと連動して利用できる「睡眠スコア」や「眠りのコンシェルジュ」「リモコン操作」「高性能センサー」など、様々なオプションでより快適な環境を実現できる点もおすすめのポイントです。

「nerum app」シリーズはスマホで操作可能!

株式会社インテリアオフィスワンから発売されているnerum appシリーズは、スマホのアプリから操作できる点が特徴的なスマートベッドです。アプリは「App Store」「Google play」どちらにも対応しているため、ほとんどのスマホで操作可能。ベッドの背上げ・下げ、脚上げ・下げがスマホで手軽に操作できます。

また、USB端子でスマホの充電が楽な点や、他のスマートベッドと比べて比較的値段設定が低い点もおすすめのポイントです。

「Emfit QS」で今お使いのベッドをスマートベッドに!

Connected Design株式会社から発売されているベッドマットセンサー Emfit QSもおすすめです。

ベッドマットセンサー Emfit QSは、ベッドマットやマットパッドの下にセンサーを設置することで、睡眠状態のデータを収集、睡眠データをチェックして生活習慣の見直しを手助けしてくれるスマートベッドです。データを一つにまとめれば、遠くに住む家族の睡眠習慣もチェックできるため、まだベッドに入っていないなどの異変にも気づけて安心。一人暮らしの高齢の親などへの利用にもおすすめです。

こんな人にスマートベッドはおすすめ

睡眠状態やデータを記録し、快適な眠りをサポートしてくれるスマートベッドは以下のような人におすすめです。

 

・睡眠不足に悩む人

・介護を見据えた電動ベッドが必要な人

・日々のコンディションを知りたいアスリート

・遠くの家族が心配な人

 

まず、睡眠不足に悩む人におすすめです。なぜなら、スマートベッドは毎日の睡眠データをセンサーで収集し、収集したデータをもとに快適に眠れる角度などを判断して快適に睡眠できるようにサポートしてくれるからです。

また、介護を見据えた電動ベッドが必要な人や遠くの家族が心配な人にもおすすめです。なぜなら、スマートベッドは電動式でベッドの角度を変えられたり、スマホと連動していつもの時間にベッドに入っているかを確認できるからです。特に、介護を視野にベッドを買い替える場合はスマートベッドの購入をおすすめします。

国内で買えるスマートベッドではどれがおすすめ?

快眠を求める層は、実は20代が最も多いというデータがあります。一方で、現在の日本のスマートベッド市場は介護用、医療用が中心であり、なかなか介護用や医療用ではないスマートベッドが見つからないというケースも少なくありません。

「より快適な電動ベッド」や「睡眠データが取れるベッド」はありますが、国内でスマートベッドを購入したい場合は実績のあるパラマウント製がおすすめです。パラマウント製のスマートベッドはおしゃれなデザインで若者でも使いやすく、アフターフォローも万全のため安心して利用できるでしょう。

国内では入手性に難がある

ベッド周りでできることを増やして、QOL向上を図るタイプのスマートベッドは国内ではあまり販売されていません。そのため、現時点では国内でのスマートベッドの入手性には難があります。とはいえ、海外メーカーのサイトからの購入など、海外製品購入も様々な面でハードルが高いのが現実です。

世界で徐々に普及し始めている

近年、日本ではスマートベッドの需要が高まっています。しかし、スマートベッドの需要が高まっているのは日本だけではなく世界中で徐々に普及し始めているのです。このような動きから、嗜好品としてのスマートベッド市場は今後発展が見込まれ、購入のハードルも低くなることが予想されます。

まとめ

備え付けのセンサーによって快適な眠りをサポートしてくれるスマートベッド。需要が高まっているとはいえ、国内ではなかなか見つからないということも少なくありません。しかし、海外製品の購入もハードルが高くなかなか購入できないという方がほとんどでしょう。

国内でスマートベッドを購入したい場合は、実績が高く安心のパラマウント製がおすすめです。

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.