iedge
  • iedge
ニュース
2022.12.02
2022.12.22

Meta Quest Proのスペックまとめ 価格は22万6800円

記事ライター:iedge編集部

リアルにゲームの世界に入り込めるVR。より臨場感のある音でVRの世界を楽しみたい場合は、高性能なVRヘッドセットを選ぶことが大切です。

アメリカのMateが新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」の発売を発表しました。今回は、「Meta Quest Pro」の製品概要と特徴的な機能をご紹介します。

新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」を正式発表

アメリカのMateが、VR/AR開発者向けの年次カンファレンス「Meta Connect 2022」にて、新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」の発売を発表しました。日本時間の10月26日に発売、10月12日より事前予約がスタートしており、価格は22万6,800円です。

「Meta Quest Pro」は、従来モデル「Meta Quest 2」のハイエンドモデルであり、ゲーム以外にもビジネスやクリエイト等の用途でも使用できます。

後継機というよりもビジネス用途とされる理由

前述の通り、「Meta Quest Pro」はゲーム以外にビジネス用途としても使用されることが想定されています。後継機というよりもビジネス用途とされている理由は、サイズ調整できる画面を複数開くことができる等マルチタスクに対応しているからです。

また、重量バランスや流線形のフォルムにこだわったことで着け心地がアップしており、眼鏡をかけたままでも快適な着け心地を実現しています。そのため、長時間の仕事でも体の負担が少なく、業務に集中しやすいでしょう。

 

Meta Quest Proの製品概要

「Meta Quest Pro」には、液晶ディスプレイや256GBのストレージが搭載されていたり、新型コントローラー「Meta Quest Touch Pro」が同梱されています。ここからは、それぞれの概要について、その他のスペックと共に詳しくご紹介します。

液晶ディスプレイ

Meta Quest Proに搭載されている液晶ディスプレイは、同社のQuest2と比較して1インチ当たりのピクセル数(画素密度)が37%向上していたり、片目あたりの解像度が1800×1920と高性能を実現しています。また、新たに500を超えるLEDを個別に制御できるローカルディミング(調光)技術を採用、色域が1.3倍広くなっているなど、表現力も大幅に強化されており、これまで以上にリアルで色彩豊かな映像を楽しめます。

ストレージ

ストレージは256GB、RAMは12GBがそれぞれ搭載されています。さらに、バッテリーの持続時間は1〜2時間であり、SoCにはQualcomm Snapdragon XR2+プロセッサーを搭載しているなど、Quest2に比べてパフォーマンス性も格段に進化しています。なお、バッテリーの持続時間はあくまでも目安で、使用するコンテンツの種類によって前後します。

コントローラー

Meta Quest Proには、新型コントローラー「Meta Quest Touch Pro」が同梱されています。Meta Quest Touch Proは、360度カバーできるセルフトラッキングコントローラーであり、これまで以上に細やかな操作が可能になりました。また、TruTouchハプティックフィードバックという振動機能も搭載されており、直感的な操作も実現しています。

その他のスペック

Meta Quest Proには、上記以外にも以下のスペックがあります。

 

スペック
重量 722g
カメラ ・ルームスケールに5基(外部)

・表情トラッキングに3基(内部)

・視線トラッキングに2基(内部)

センサー ・近接センサー

・ジャイロスコープ

・加速度計

・環境光センサー

・磁力計

・気圧計

レンズ パンケーキレンズ
通信 Wi-Fi 6E/Bluetooth 5.2
その他 ・視線トラッキング

・リアルタイム表情トラッキング

・マイク3基搭載

・バッテリーをヘッドバンドに内蔵

・専用充電台付

 

特徴的な機能

Meta Quest Proには最新型であり、さまざまな機能が搭載されていますが、特に特徴的な機能として「パススルー映像」と「アイストラッキング機能」があります。ここからは、それぞれの機能について詳しくご紹介します。

パススルー映像

Meta Quest Proには、カラー表示のパススルー映像が搭載されています。パススルー機能はQuest2にも搭載されていますが、Quest2はコントローラーの位置を追跡する機能の拡張のために搭載されたものとして、白黒表示でした。しかし、Meta Quest Proはカラー表示になったことで、Quest2に比べてよりリアルな映像を楽しむことができます。

また、激しい動きでもトラッキングできるようになりました。これにより、スポーツ系のゲームもリアルに楽しめます。

アイトラッキング機能

アイトラッキング機能とは、目の動きを感知する内部センサーのことです。メタバース上でアバターを使って他人と交流する際も、アバターがあたかも自分と同じように実際の顔の表情を反映させられます。つまり、ヘッドセットを通じてメタがヘッドセット使用者の感情表出を把握できるのです。これにより、これまで以上にリアルなコミュニケーションが可能になります。

 

まとめ

アメリカのMateの新たなVRヘッドセット「Meta Quest Pro」。Mateならではの高スペックさで、これまで以上にリアルなVR体験が可能になります。

VRヘッドセットをお探しの方は、Meta Quest Proがおすすめです。

関連ニュース

2022年12月発売の新製品家電3選!除菌・清潔にこだわる家電特集

毎月様々な家電製品が新発売されていますが、2022年12月も多種多様な家電製品が販売されます。そこで今回は、数ある新製品家電の中から除菌や清潔に適した新製品家電を3つに厳選してご紹介します。 新型コロ ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

Pixel Watchのスペック・特徴 Pixel Watchを使ってできること

近年、日本ではスマートウォッチが普及しつつありますが、これまで、日本のスマートウォッチ市場はApple社が販売している「Apple Watch」が主流でした。そんな中、新たにGoogleからGoogl ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

2022年11月発売の新製品家電3選!スタイリッシュデザインの家電特集

暮らしを支える家電。家電は毎月多くの新製品が販売されています。そこで今回は、2022年11月に発売される新製品家電のうち、スタイリッシュデザインの家電3選をご紹介します。   ドラム式洗濯乾 ...

続きを見る
ニュース 2022.12.22

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.