iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.01.12
2019.05.01

Wireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometerとは

気の合う仲間と屋外でバーベキュー。なんとも楽しいひと時ですが、ふと「そのお肉、ちゃんと火は通っているの?」と心配になることはありませんか?素人が焼くお肉ほど怖いものはありません。生焼けの肉を食べてお腹を壊した、なんてことにならないように、しっかり温度管理してくれるデバイス、Wireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometerの登場です。

記事ライター:iedge編集部

Wireless Meat Thermometerとは

お肉に刺してスマホアプリでチェックするだけで内面温度が簡単にチェックできてしまうという、何とも便利な「 Wireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometer 」は、自宅キッチンでの調理はもちろん、屋外バーベキューやオーブングリルなどを楽しむためのワイヤレス“肉温計”です。

本デバイスはBluetooth対応の調理温度計で、iPhone/iPad/iPodなどのiOS 7.1以降のデバイスおよび、android OS 4.3以降のデバイスで使用することができます。

*なお2017年11月現在、上記Amazon.comのページ内からは日本への発送は行われておりませんので、正規代理店による国内販売開始などを待つことになりそうです。

屋外でのお肉の調理は食中毒などのリスクが伴うものですが、それと同時に懸念するあまり焼き過ぎて美味しくなくなってしまうということもあります。

硬くなったお肉が好きな方は良いのですが、できればベストな仕上がりで美味しくいただきたいもの。そんな時にWireless Meat Thermometerを刺せば、10秒ほどで温度結果をLCD(液晶)ディスプレイに表示してくれます。

ちなみに15秒~20秒ほど待つと“より正確に安定した”測定結果を表示してくれるとのことです。

測定可能な温度範囲は-40℃~250℃となっています。一般に「柔らかくジューシーに仕上がるお肉の中心温度」は65℃と言われていますので、十分対応してくれる範囲です。

カウントアップ/ダウンをタイマー設定できるほか、ユーザー側で選択可能なアラートでお知らせしてくれますので「うっかり焼き過ぎ」などを防ぐこともできます。

また、Bluetoothは最大約30フィート(9m程度)まで離れていても測定してくれるとのことですので、タイマー設定をしつつ他の仲間とお酒や会話を楽しんでいても安心です。

ただし、障害物があるなど環境によっては30フィート以下になってしまいますので、正常に作動するかチェックしてからお酒や会話を楽しむことをお勧めします。

またお肉を煮込む際、もしあなたが調理経験に乏しく自信がない場合でも、USDA(アメリカ合衆国農務省)が認可済みの温度で様々なお肉の種類や甘さなどのレベルがプログラムされており、自動設定してくれますので、安心して調理を任せることができます。

 

Wireless Meat Thermometerをアプリで使用する方法

画像引用:https://www.amazon.com/Wireless-Thermometer-Lumsing-Bluetooth-Thermometer-Including/dp/B074M9Q9GW/

Wireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometerはそれ単体でも温度を測定して表示してくれますが、アプリを使うことでタイマー設定やアラート設定、調理サポートなどの機能を活用できますので、より強力な味方になってくれます。

iOS 7.1以降またはAndroid OS 4.3以降のデバイスに専用アプリ「Grill Smart」をインストールし、Wireless Meat Thermometerの電源をオンにします。

続いてスマホなど端末側のBluetoothをオンにすると、GS_XXXXというデバイス名が表示されますのでペアリング操作を行い、Wireless Meat Thermometerの裏側のペアボタンを押します。

Wireless Meat Thermometerのインジケーターが青の時はペアリング中、ピンクになればペアリング完了の合図です。

 

Wireless Meat Thermometerの仕様や価格について

お花見やキャンプなどをする季節になってくるとニーズが高まりそうなWireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometer、参考までに販売価格は39.99ドル(1ドル110円換算でおよそ4,400円程度)となっています。

カラーはブラックまたはシルバーの2色、本体サイズは3.15インチ×3.15インチ×0.87インチ(約8cm×8cm×2,2cm)、重量は0.19ポンド(約86g)ですので持ち運ぶ際もかさばらずに済みます。

単4電池2本で作動するのですが、バッテリーが減ってくると通知してくれますので安心です(屋外で使用することが多い方は電池のスペアは必須でしょう)。

*パッケージ内容はWireless Meat Thermometer本体のほか、針が2本とマニュアル1冊となります。

ちなみにアプリでは調理履歴などをグラフィカルな図表や画像、メモなどで記録でき、美味しくできた料理をYouTube、Facebook、Instagramなどにアップして共有することもできるそうです。

Wireless Meat Thermometer-Lumsing Bluetooth BBQ Digital Cooking Food Thermometer は、“インスタ映え”が流行している日本でもニーズがありそうなデバイスですね。

関連記事

NEW

スマートホームと連携可能な空気品質モニター「Awair」で常にお部屋を快適な状態に!特徴や設定方法まで解説

IoTと接続できる便利な空気品質モニター!Awairとは Awairとは、「Awair社」が開発する空気の品質を計測できる「IoT(モノのインターネット)」モニターです。普段目に見えない空気の成分を測 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.27
NEW

【インタビュー】対応時間が4割削減!『SpaceCore』リレーション機能の効果とは

営業社員がいなくても管理物件が増える理由 東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目」駅から徒歩5分にあるアイエフシー・コーポレーション(東京・港区)は、東京23区の都心部で、広さ30平米~6 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.27
NEW

スマートウォッチを使いこなしてより便利な生活へ!購入時にも役立つ基本機能7つを紹介

スマートウォッチの機能1:電話やメールの通知を受け取れる スマートウォッチの代表的な機能として、電話やメールの通知を受け取れるという点が挙げられます。 iPhoneやAndroidスマホなどに電話が掛 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.