iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.01.05
2019.05.01

スマートホームをアパートで実現するには?

鍵を持たなくても簡単に施錠、開錠できたり、帰宅すると部屋の電気が自動で点灯したり、冷房が入っていたりと、自宅をスマートホームにすることで数多くの恩恵を受けることができます。これらは一戸建て住宅でしか実現できないのでしょうか。

実際には、賃貸アパートに住んでいても、十分スマートホームは実現できます。むしろ一戸建てより面積が狭いことが多い分、隅々まで手が届く形にカスタマイズしやすいかもしれません。今回は、アパートでスマートホームを実現する方法について紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマートホームサービス導入済みのアパートに住む方法

まず、もっとも簡単なのが、アパート全体にスマートホームサービスあるいはシステムを導入済みの物件に入居することです。

昨今「Robot Home」や「Tateru Kit」など、賃貸アパート貸主向けスマートホームサービスが展開されているため、引っ越しするタイミングであれば、不動産会社に相談してみると良いかもしれません。

この方法ならば、導入機器の選定から設置にかかる手間が大幅に省け、一括したコントロールを実現しやすくなります。

反面、詳細な管理が可能になることで、貸主にプライベートを覗かれているような感覚を持つ人もいるかもしれません。そのような人には、自分でIoTデバイスをそろえて、スマートホーム化したアパートを実現する方がおすすめです。

 

自分でIoTデバイスを買いそろえる方法

1から10まで提供されたサービスでは不安という人や、自分好みのスマートホーム化を行ったアパートに住みたいという人、引っ越しするのは面倒という人には、自分でIoT製品を購入して、AlexaやIFTTTを利用して管理したり、電子タグを活用したりする方法がおすすめです。

フィリップスのスマートLED「Hue」、「QRIOスマートロック」など、定番と言える製品も出揃ってきているので、選ぶ楽しみを感じられるかもしれません。

また、2017年11月から「Amazon Echo」が国内販売されたため、今後対応デバイスが市場に多く登場する可能性が高いです。そのため、選択肢は非常に幅広くなりそうです。

 

今置いてある機器を工夫してIoT化

スマートホームに引っ越すのも、自宅内の機器を入れ替えるのも面倒という方におすすめなのが、以下で紹介する2つのデバイスです。これらを工夫して組み合わせることで、機器をいちいち入れ替えなくても、スマートホーム化したアパートに住むことが可能になります。

IRKit

まず紹介するのは、学習リモコンIRKitです。既存の製品をIoT化させるのはスマートプラグが代表的ですが、遠隔操作といってもできるのは切り忘れた電源を切るくらいで、完全な遠隔操作が可能になるというわけにはいきません。

その点、このIRKitは言わば「自分で好みのコントロールボタンを作れるIoTリモコン」といったところです。完全に使いこなすにはプログラミングの知識も必要で、少々敷居は高いものの、工夫次第で家中のデバイスを一括管理、遠隔操作、自動化させる可能性を秘めています。

MESH

MESHは、スマートフォンで管理することができる電子タグです。USBメモリほどの大きさで、機能の異なる7種類のバリエーションがあります。

LEDタグ

指定した条件を満たすことで、上部のLEDが光ります。

ボタンタグ

上部にあるボタンを押すと、アプリから通知が行きます。

人感タグ

人がタグに近づくと、アプリから通知が行きます。

動きタグ

動かすと、アプリから通知が行きます

明るさタグ

明るさの変化を検知すると、アプリから通知が行きます。

温度・湿度タグ

温度や湿度の変化を検知すると、アプリから通知が行きます。

GPIOタグ

底面にある10個のピンをコードでつなぎ、信号の入出力を検知するとアプリに伝えたり、受け取ったりします。上級者用のタグです。

それぞれのタグは、行動の結果アプリへ通知が行くようになっていますが、この通知をトリガーとして、自動で行う動作を設定することができます。

自動スケジューリングツール「IFTTT」とつなげることで、さらに高度な設定が可能になります。

使用例としては、

「子供が帰宅してボタンタグを押すと、両親にメールを送信する」
「目覚まし時計付近で動きを感知すると、部屋を明るくする」
「外出する時にボタンタグを押すと、ドアに設置した人感タグが作動し、玄関に人が近づいたことをメールで知らせる」

など、アイデア次第で使用法に無限大の選択肢が生まれます。複数組み合わせることで、さらに膨大な種類の使用法を編み出すことが可能です。

 

最後に

いかがだったでしょうか。スマートホーム化したアパートに住む方法を簡単に紹介してきました。引っ越しをする方法、機器を買い替える方法、工夫してIoT化する方法のいずれを選択するにしても、ライフスタイルや経済状況に合わせて、自分にとって最良の選択はどれなのかを見極めていきましょう。

関連記事

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

体重などのデータを効率よく管理可能!スマート体重計のおすすめ3選

スマート体重計の特徴 スマート体重計には、次のような特徴があります。 さまざまなモデルがある スマート系の機器はまだ歴史が浅いので、ジャンルによっては取り揃えが少ないものもあります。しかしスマート体重 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.07

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.