iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.29
2019.05.01

自宅でクリーニングできる時代到来!話題のスマートクリーニング機LG styler

私たちが普段身につけている服には、一見キレイそうに見えてもニオイや汗などが染み込んでいたり、花粉やダニなどが付着していたりするものです。もしそれらを“自宅で”クリーニングできるとしたら?そんな夢のような製品「LG styler」の登場です。

記事ライター:iedge編集部

全てをリフレッシュしてくれるLG stylerってどんな製品?

画像引用:http://www.lg.com/jp/steam-washer-b2b/lg-S3BERB

LGエレクトロニクス・ジャパンが販売しているLG stylerは、幅445mm×奥行き585mm×高さ1850mmのまるでロッカーのような形をしたクローゼット型クリーニング機です。

LG stylerはスチームジェネレーターが生成する蒸気によって、本体内部を一定温度に維持できるというTrueSteamという独自の技術を採用して、服を「ただ掛けておく」だけで衣類についているニオイ、シワなどを除去してくれるという代物です。

LG stylerには様々な機能が搭載されていますので、一つずつご紹介します。

まず、毎日でも行える標準のリフレッシュコース(約48分)では、毎日着るスーツやワイシャツ、ブラウスなどに付着しているニオイやシワを除去してくれるほか、しばらく着ていなかったオシャレ着なども、お出かけ前にリフレッシュしてくれます。

仕事で疲れて帰ってきてお手入れする時間もなく、スーツを脱ぎっぱなしにしてしまったり、そのままハンガーに掛けておくだけでケアをしていなかったりすると、翌日ニオイやシワが残っていて後悔してしまうこともあります。

そんな方でも、LG stylerのリフレッシュコースで衣類や小物を入れてセットするだけで、翌朝パリっとしたスーツやブラウスを着ることができますので、毎朝新鮮な気持ちで身にまとうことができます。

除菌プラスコースはリフレッシュコースに除菌がプラスされたもので、スチームで衣類を包み込み、ハンガーを1分間に約180回振動させることで雑菌、ダニ、花粉、ホコリなどのアレル物質(=アレルゲンのことで家電メーカーがよく用いる言葉です)などを除去してくれるというコースです。

振るい落とされたアレル物質などはLG stylerが排水タンクへ廃棄してくれますので、本体内部も清潔に保つことができます。洗いたくても洗えない寝具や、ぬいぐるみなどにもしっかり対応してくれます。

さらに上質乾燥コースでは、ウール素材のパンツ、カシミアのセーターなどデリケートな素材の衣類も繊維を傷めることなく丁寧に乾燥させてくれるうえ、先ほどの除菌プラスコースを併用することも可能です。

また、LG stylerのドアの内側には“ズボン折り目ケア”なる機能が搭載されています。専用ハンガーに掛けてセットするだけで、パンツスタイルで気になる折り目をしっかり残したまま全体のシワを除去してくれます。

いかがでしょうか?LG stylerがあれば、まるで本当にクリーニングに出した時のような仕上がりを毎日でも体感することができてしまうのです。

なお、リフレッシュコースは“おいそぎモード”であれば朝食を食べている間のわずか20分程度で仕上げてくれますので、忙しい方には大変心強い機能です。

*ちなみにLG stylerは洗濯機ではありませんので、水などで汚れを直接落とすことはしません。汚れた衣類を真っ白にするといった効果は期待できませんのでご注意ください。

 

スマホとの連携でLG stylerがもっと便利に

LG stylerは、コースの選択や予約、スタートなどは本体扉に搭載されているタッチパネルから行うことができるのですが、専用アプリをスマホにインストールすることで、IoT化された“スマート家電”としても活躍してくれます。

アプリでは、細かく分類された複数の専用コースの中から2つのコースを選んでスマホにダウンロードすることもできます。「NFC対応のAndroid端末」という縛りがありますが、もしお持ちであればスマホを利用すると大変便利になります。

ダウンロードしたコースを変更したい場合は、希望のコースをダウンロードすれば古いものに上書きされますので、難しい操作などは全く必要ありません。

 

LG stylerのネックは値段と大きさ程度

スーツやブラウスに付着した焼肉のニオイやタバコのニオイ、スポーツウェアに染み込んだ汗のニオイ、学生服に付着している花粉やホコリ、寝具に付着しているダニやハウスダスト……これらをしっかり除去してくれるLG stylerは、ユーザーからの評判は軒並み上々で、開発国である韓国でも初代から人気が高い製品です。

LG stylerのネックといえば販売価格が税込で213,840円とやや高額であること、そして445mm×585mm×1850mmのサイズに加えて83kgと重量があることでしょうか。

置き場に関しては物理的な問題ですので仕方ない部分もありますが、価格に関しては使えば使うほどクリーニング代が“浮く”ことや、その便利さを考えれば十分納得できる金額かもしれません。

なお、夜中に使うことが多い方は運転音も気になることと思いますが、図書館や静かな住宅の昼間程度の音の大きさに例えられる40dB(デシベル)とのことですので、ほとんど気にならないと言って良いでしょう。

あらゆる衣類や小物類のニオイ、ホコリ、アレル物質、シワなどをしっかり除去してくれるうえ、すでに多数のユーザーから高い評価を得ているLG styler、一家に一台あればかなり重宝することになりそうです。

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.