iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.25
2019.05.01

スマートホームをデザインするときに重要な機器やサービスについて

全てが自分の思い通りに動くスマートホーム。もし本当に自分の思う通りにデザインすることができたら、まさに夢のような生活が実現します。今回は、自分好みのスマートホームをデザインする上で重要な機器やサービスについて紹介します。

記事ライター:iedge編集部

まずは「何がしたいのか」

スマートハウスの導線をデザインしていこうとする時、まず必要になってくるのが「何をしたいのか」「何を中心にするか」ということです。

スマートホームで「何がしたいのか」が明確になれば、揃える機器の方向性も定まってきます。また、自動化していく際も目的がはっきりしていれば、スマートホームのデザインが容易になります。

IoT機器を多数購入して、それぞれ使用すれば、確かに便利ではあります。しかし、それは「スマートホーム」というより、IoT機器をただ使っているだけです。また、機器によっていちいち操作アプリを切り替えるのも煩わしいでしょう。

やはりスマートホームなら、まとまったシステムの元で各機器を一括管理させることが一番です。「スマートホーム・ハブ」という一括管理システムで、各機器がスマートホームでどう動いていくかをデザインすることが、スマートホームの醍醐味かと思います。

一口にスマートホーム・ハブといっても、どのようなものがあるのでしょうか。サービスとしてのスマートホームなら、独自のスマートハブが提供されることが多いですが、自分でスマートホームをデザインする時には、そうは行きません。

そんなときは、スマートスピーカーを使ってコントロールするのがおすすめです。

 

スマートスピーカーで簡単コントロール

2017年11月15日に国内発売されたAmazon Echoを筆頭に、Google Home、LINEによるClova WAVEなどが現在日本語に対応しているスマートスピーカーです。

パナソニックやソニー、オンキョーなど、国内メーカーもスマートスピーカーに参入し始めていますが、現状は英語など欧米言語対応で、国内展開は行っていないのが現状です。

スマートスピーカーが最も普及しているとされる米国のシェアを見てみると、Amazon Echoシリーズが圧倒的シェアを得ています。

2017年に米国で行われた調査によると、米国におけるAmazon Echoのシェアは71%で、2位のGoogle Homeの15%と合わせると、2ブランドだけで86%を占めています。

個々の製品の良し悪しは別として、これだけのシェアがあれば、必然的に対応製品も増えていきます。そのため、次世代製品での改良も大いに見込めます。

日本語においてもその恩恵を受けられるため、スマートホームをデザインする際のスマートスピーカーは、Amazon Echoを選んでおくのが賢明かもしれません。

中でもAmazon Echo Plusは、それぞれの機器のハブ機能も兼ねているため、特におすすめです。

IoT(Internnet of Things)といっても、それぞれの製品が必ずしも直接インターネットにつながっているわけではありません。ハブと製品が接続し、ハブがインターネットに接続することが多いのです。

そして、Amazon Echo Plusはこのハブの役割を果たしてくれるというわけです。まさにスマートホームの中心と言えるでしょう。

 

IFTTTで自動化

スマートスピーカーだけでは、冒頭に述べたような自動化されたスマートホームは実現しません。自動化されたスマートホームをデザインする上で重要になるツールがIFTTTです。

IFTTTは、もともとWebサービス同士を連携させるためのサービスでしたが、近年多くのIoT機器のアプリに対応が進んでいます。

基本的に「もし~なら、~になる」という構成で、ある行動をトリガーとして一定の動作を行う形になります。この組み合わせで、複雑な自動化を行うことができます。

たとえば、スマートフォンがWifi接続されたことをトリガーとして、リビングの照明を点灯させ、テレビをつけ、エアコンで快適な室温を保つというようなこともできます。

はじめはできることが多すぎて混乱することもあるかもしれませんが、慣れていけば世界が広がるほど、思う通りのスマートホームの自動化デザインが実現できます。

 

ツールの組み合わせ次第で理想のスマートホームがデザイン可能

いかがだったでしょうか、今回は理想のスマートホームをデザインしていく鍵として、スマートスピーカーおよびIFTTTを紹介してきました。

しかしながらいずれも、これさえ使えば理想のスマートホームがデザインできるという単純なものではありません。

それぞれうまく組み合わせて、自分が何をしたいのか、何があると便利なのかをうまく把握し、自分の生活スタイルに合わせてスマートホームをデザインしていくことが重要になります。

少々労力のいる作業にはなりますが、納得のいくスマートホームのデザインが完成すれば、憧れの未来的な生活を享受することができるでしょう。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.