iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.12.30
2020.12.30

【速報】2020年12月30日アメトーク年末SP『家電芸人2020/年末大売出し』に登場した絶対欲しくなる家電大特集!

見逃してしまった方やメモし忘れてしまった方も安心!アメトーク年末SPの人気コーナー『家電芸人2020/年末大売出し』で紹介された家電をすべて紹介します!

記事ライター:iedge編集部

アメトーク年末5時間SP番組概要

2003年から続く人気番組「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」の年末スペシャルです!『家電芸人2020/年末大売出し』のコーナーは土田晃之、品川庄司、和牛・水田、ユウキロック、松橋周太呂、かじがや卓哉がさまざまな家電を紹介してくれました。絶対欲しくなるスペシャルな家電たちをまとめて紹介します!

 

HITACHI「ラクかるスティックPV-BL2H」

ただ歩くだけで掃除ができるというクリーナーの登場です。本体と延長パイプ、ヘッド部分を合わせて重さわずか1.1kgと、持ち上げるのに力が要らない超軽量のスティック掃除機です。もちろんハイパワーのファンモーターを採用しているので吸引力も抜群!引きながらでもホコリをしっかり吸引してくれます。

 

BALMUDA「The Cleaner」

摩擦抵抗を大幅に低減するデュアルブラシヘッドを搭載したことにより、電源を入れると、浮いているのか滑っているのか分からなくなるほど軽くなるというスティック型掃除機の登場です。ヘッド部分は360°スワイプ構造なので、前後左右はもちろん斜めにも自由自在に回転します。「届かせたかった」あの場所までしっかり届く掃除機です。

 

Roborock「S6 MaxV」

2眼カメラが即座に空間の形状や障害物を把握し、衝突を回避しながら隅々まで掃除してくれます。吸い込みはもちろん1台で水拭きまでできてしまう効率抜群のロボット掃除機です。従来のロボット掃除機にありがちだったペットの「うんち」を引きずってしまうトラブルも見事に回避!外出先からでもモニタリングしながらコントロール可能です。

 

Panasonic「ルーロ MC-RSF1000」

業界初となる、最大2.5cmの段差を乗り越えるロボット掃除機の登場です。敷居はもちろん、薄めのマットやラグなどもしっかり乗り越えて掃除してくれる賢すぎるロボット掃除機です。前モデルから約10畳拡大された最大可動面積(130畳)で広いお部屋も隅々までキレイに。360°センサーや赤外線センサー、超音波センサーで障害物を避けながら部屋中をキレイにしてくれます。

 

SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 2」

男性にも女性にもぴったりフィットする、最長28時間のロングバッテリーを搭載した音質抜群のワイヤレスイヤホンです。GoogleアシスタントやSiriにもたった1タップでつながるほか、イヤホンを耳から外すと自動で音楽が停まるスマートポーズ機能も搭載しています。また買い物やレジなどのちょっとした会話でも外すことなくクリアに聞くことができるノイズキャンセリング機能を搭載し、電車内や混雑した街なかでも音楽を思う存分楽しめます。

 

アイリスオーヤマ「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」

部屋干し対策に最強のマシンが登場しました!サーキュレーターで風を送って洗濯物を乾かしながら、空気中に飽和していく蒸気を除湿機で除去。夜間の部屋干しも安心の静音設計に加え、50°70°90°と首振り角度が選べるなど効率化は図られています。通常、5時間を超えると部屋干しの生乾き臭が発生してしまうと言われていますが、本機はなんと自然乾燥で570分かかる洗濯物の乾燥もわずか「95分」という驚きのスピードで乾かしてくれます。

 

Take One「ボディドライヤー」

お風呂上がりの「拭く」作業が不要になるという、上に乗るだけで入浴後の体を乾かしてくれるガジェットが発売しました!ドライヤーの5〜10倍ほどになる風力を備えていますので、髪を乾かしたり化粧水を塗ったりしながら体が乾きます。春夏シーズン向きの冷風モードと秋冬シーズン向きの温風モードを搭載しており、モード切り替え、風量の調整などももちろん立ったまま足だけで操作できます。使用後もただ降りるだけで自動的停止します。

 

東芝「ZABOON TW-127X9」

ウルトラファインバブルよりもさらに細かいウルトラファインバブル(1μm未満の気泡)で繊維の奥の汚れも根こそぎ洗い流す洗濯機です。すすぎや水量を増やすことなく今よりもキレイに洗濯物を洗い上げることができます。低振動・低騒音設計、洗剤や柔軟剤は自動投入、消臭効果や除菌効果も得られるうえ、スマホ連携機能で外出先からでも操作が可能です。洗濯&乾燥で約108分というスピードも魅力ですね!

 

TESCOM「低温コンベクションオーブン」

価格ドットコム調理家電部門で金賞を受賞したオーブンがこちらです。1台でトースター・オーブン・ノンフライヤー・発酵食品メーカー・フードドライヤー・低温調理器の6役をこなしてくれるオーブンです。ジップロックに入れたままでの低温調理が可能なほか、最長12時間というロングタイマー搭載で、ほったらかしたままでも調理ができます。トーストやピザ、ローストビーフなどのほかパン生地発酵や甘酒、ヨーグルト作りも思いのままです!

 

TWINBIRD「全自動コーヒーメーカー」

2019年度 GOOD DESIGN賞を受賞した、カフェ・バッハ店主の田口護氏が監修した全自動コーヒーメーカーです。豆の焙煎度やお好みに応じて粗・中・細の3段階に挽き方を設定できるほか、抽出温度も83℃・90℃で設定できます。ハンドドリップに限りなく近い仕上がりを再現した「シャワードリップ」は、コーヒーの魅力を最大限に引き出してくれます。誰でも手軽に「ホンモノ」のコーヒーを楽しむことができる、おうち時間を充実させてくれる逸品です!

 

Panasonic「ホームベーカリーSD-MDX102」

ご家庭で手軽に本格的なパン作りができるホームベーカリーの登場です。練り・発酵・焼成を単独で設定できる「マニュアル機能」を搭載し、本格パンはもちろん無添加パンなどもボタンひとつで完成します。8分スピード生地、フランスパン、マーブルパンなど多彩な調理に対応できるほか、翌日食べても作りたてのようなしっとり感を味わえる「パン・ド・ミ」を搭載、グルテンフリーなどのアレンジレシピも拡充している優れものです!

 

LG「SIGNATURE OLDE R」

2020 CESでイノベーションアワードを受賞したのがこちら、「テレビを観ないときは収納する」時代の到来です。紙のように薄いスクリーンを搭載しており、観ないときはクルクル巻いて超コンパクトに収納可能、しかも1億を超えるという自己照明サブピクセルが組み込まれていますので、次世代レベルの深い黒、豊かな色彩、リアルで鮮明な画質を楽しむことができます。

 

Tacx「NEO Bike Smart」

ただのエアロバイクはもう時代遅れ!重量、速度、傾斜角を補正することで、速度に応じた風や坂道の重力などをリアルに感じることができるエアロバイクが誕生しました。左右のペダルストロークデータを計測し、トルク発生状況などを分析できるほか、最大2200Wまでの出力に対応できる堅牢性を備えています。トレーニング中のわずかな変化をも見事に再現する正確性により、文字通り「究極の没入感」を得られること間違いありません!

関連記事

NEW

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

スマートホームハブとは?メリット・デメリットとおすすめのブランド

近年話題のスマートホームは、コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、さらに注目を集めています。そんなスマートホームを実現させるために欠かせないものが「スマートホームハブ 」です。本記事では、スマートホー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.02

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.