iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.12.30
2020.12.30

鍵を失くす人必見!鍵を管理してくれる「スマートキーボックス」って何者!?

現在では鍵を「IoT(モノのインターネット化)」して管理する「スマートロック」が続々登場しています。しかし「スマートロックを設置するのには不安がある……」という方もいらっしゃると思います。
そんな方にもおすすめできるのが「スマートキーボックス」です。スマートキーボックスを使えばIoTを活用しながら、効率よく従来の鍵を管理できるようになります。
今回は鍵をよく失くすと悩んでいる方に、スマートキーボックスとは何か、そしてその特徴などを解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

スマートロックの代わりになる!スマートキーボックスとは

スマートキーボックスとは、鍵入れをIoT化してインターネット接続できるようにしたものです。

ドアノブにぶら下げたり壁に固定したりして利用します。

自宅で管理する鍵だけでも

・玄関の鍵
・自動車の鍵
・倉庫の鍵

といったようにいろいろな種類があります。

すべての鍵を一人で管理するのは難しく、場合によっては紛失してしまう危険性もあるのがネックです。

スマートキーボックスを使えば、簡単にスマホで箱を開錠して中の鍵を取り出せるようになります。管理したいあらゆる鍵をスマートキーボックス一つにまとめて管理できるようになるので便利です。

 

家の鍵を一元管理可能!スマートキーボックスのメリット

スマートキーボックスを利用すると次のようなメリットが得られます。

鍵のタイプを気にせずに導入できる

スマートロックには

・シリンダーごと鍵を変更する
・サムターン部分に外部から取り付ける

といった取付パターンがあります。

シリンダーごと取り替える場合コストが高くなりますし、シリンダーが取付要件をクリアしている必要があります。

またサムターンに別途取り付けるタイプは、シリンダーごと変更するタイプよりも費用が安めで手軽に取付可能です。ただし鍵のタイプによっては取り付けられない可能性があるデメリットは同じになっています。

スマートキーボックスの場合、物理的な鍵を変更することなく鍵管理をスマート化できます。鍵のタイプを気にすることなく気軽に導入できるのがメリットです。

スマホアプリから簡単に箱を開錠できる

従来のキーボックスではダイヤルを回して暗証番号を入力するのが一般的です。

しかし開錠するのにダイヤルをいちいち回すのは面倒です。

スマートキーボックスの場合、専用アプリを使ってスマホとキーボックスをBluetooth接続すれば簡単に箱を開錠できるようになっています。

スマホアプリのみで開錠ができればキーボックスを触る必要はないですし、片手がふさがっていてもアプリを立ち上げていれば開錠が可能です。

またスマホアプリが使えない状況でも、スマートキーボックスには直接コード入力ができる機能も搭載されているので安心です。

開錠履歴が分かるので防犯対策にもなる

スマートキーボックスではスマートロックと同じように、開錠履歴を確認できます。

・妻が18時ごろに帰宅した
・子どもが16時ごろに帰宅した

といった情報をアプリからすぐに確認可能であり、不正な開錠があった場合もすぐ検知が可能です。スマートキーボックスは防犯対策のツールとしても使えます。

一時的に開錠コードを発行できる

「家族以外の人に一時的に鍵を預けたい」という場合もあるでしょう。通常のキーボックスだと一時的に暗証番号を変更したりして対応を行うのは面倒です。

その一方、スマートキーボックスの場合、専用アプリからリアルタイムで一時的な開錠コードを発行できるようになっています。開錠コードには期限を設定できるので、後で不正に使われてしまうという心配もありません。

ですから単に自宅の鍵の管理をしたい場合だけではなく、

・カーシェアリングで自分が直接その場にいなくても鍵を手渡したい
・シェアオフィスでスペースを貸し出す人にすぐ鍵を渡したい

といったケースでも利用できます。

 

普通に買えるの?スマートキーボックスの販売状況

スマートキーボックスはまだ登場したばかりの製品であり、販売されている製品数は決して多くはありません。しかし大手ネットショッピングサイトなどで購入はできるようになっています。

たとえば「Amazon」では「igloohome Smart Keybox」という製品が購入可能です。

igloohome Smart Keybox は

・スマホと本体パネルを押してのパスコード開錠に対応
・電池が切れた場合も9V角型乾電池を本体下部の電極に押し付けて起動させられる
・完全防水で丈夫な作り

といった特徴を備えているスマートキーボックスです。

価格は2~3万円ほどで安くはありませんが、民箔サービス「Airbnb」の公式パートナーとして選ばれている信頼度の高い製品になっています。

また「GREEN FUNDING」というクラウドファンディングサイトでは、「K1」というスマートキーボックスが掲載中です。

5分間限定のパスワードを自動生成したりと、igloohome Smart Keyboxと同じように便利な機能が複数搭載されています。

スマートキーボックスが欲しい方は、クラウドファンディングなどを覗いてみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

成功者続出!Apple Watchにはダイエットを成功へ導く秘訣が詰まっていた

ダイエットの味方「アクティビティ」アプリがすごい Apple Watchに元々入っている「アクティビティ」アプリが、ダイエットの強い味方になります。 「アクティビティ」が記録しているもの 画像引用元: ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.23
NEW

もう寂しいなんて思わない!「LOVOT」が一人暮らしにおすすめな4つの理由

LOVOT(らぼっと)とは 画像引用元:https://lovot.life/lovestory/ 役に立たないけど、あたたかい ”愛されるために生まれてきた”ペット型ロボット、それがLOVOT(らぼ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.22
NEW

外国のメーカーだけど大丈夫?OPPO(オッポ)スマホにおサイフケータイは搭載されているのか

対象機種は一部!OPPOのスマホでおサイフケータイは使えるの おサイフケータイとは日本独自の決済サービスであり、スマホに内蔵されている「Felica」というICチップを使って下記のような操作ができます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.