iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.11.12
2020.11.12

女性の不安な一人暮らしに希望の光が差し込む!?「アレクサ、たすけて」と言うとどうなる?

女性がピンチに直面したとき、アレクサは助けてくれるのでしょうか?世の女性を代表して実際に試してみましたので、結果をお伝えします!アレクサスキルの基礎知識やおすすめスキル、日本でもリリースが期待される「Care Hub」スキルの説明も交えながら、詳しく解説します!

記事ライター:iedge編集部

アレクサができること・日々の生活のお役立ちスキル

最初にアレクサができることやスキルについて簡単に説明しておきますね。知っている方も一緒におさらいしておきましょう!

アレクサができること

天気やニュースなどの読み上げ、音楽やラジオの再生・停止、タイマーやリマインダーの設定といった基本的なところはすでにご存知の方も多いですよね。そのほか、連携できるスマート家電を音声で操作したり、面白い話をしてくれたり、質問に答えたりもしてくれます。これ以外に「スキル」を増やしていくことで、アレクサができることはどんどん増えていきます。

「スキル」とはスマホアプリのようなもの

スキルは簡単にいえばスマホアプリです。アレクサに追加すると、どんどん色々なことができるようになる機能です。お伝えした天気やニュース、音楽やラジオなど基本的なスキルはもちろん「乗り換え案内」「ピカチュウトーク」「ゾンビのまち」などとにかく色々です。日本国内だけでも3,000を超えるスキルがあるんですよ!

「スキル」の設定は簡単

アレクサアプリまたはAmazonのウェブサイトでスキルを検索して「使いたい!」と思ったスキルを選んで「有効化」するだけでOKです。中には有料のものがあったり、別のアカウントとの連携が必要だったりするものもあるので、有効化の前によく確認してくださいね。

日々のお役立ちスキル27選

どんなスキルを追加すればよいか迷ってしまう方もいますよね!そこでおすすめをいくつか紹介します。

■ニュース・ラジオ・天気系

・NHKラジオニュース
・J-WAVE
・Yahoo!天気・災害
・災害情報

■交通系

・Yahoo!乗換案内
・JR東日本 列車運行情報案内
・次のバス
・NAVITIMEフライト情報

■お役立ち

・ホットペッパーグルメ
・クックパッド
・ゼクシィキッチン
・家族レーダー
・お出かけチェッカー
・今日のゴミ出し

■スケジュール管理・仕事系

・リマインドカレンダー
・TimeTree
・Todoist
・ひづけ電卓
・メモメール

■ヘルスケア・フィットネス系

・くすりの時間
・血圧手帳
・ヘルスレコーダー
・Fysta ~お家で簡単フィットネス~

■音楽・癒しのサウンド系

・ビストロミュージック
・カラオケJOYSOUND
・音で旅する!TBS世界遺産
・おやすみの森

もちろん、これらはごく一部です!3,000を超えるスキルがあるので、ぜひ色々と探してみてくださいね。

 

アレクサは緊急事態に助けてくれるのか?

ところで、女性の一人暮らしで特に心配なのが、ストーカーや不審者などが急に目の前に現れたり自宅を訪ねてきたりしたときですよね。

考えたくありませんが、ストーカーや不審者などが玄関前をうろついているとき、急に家に入ってきたとき、あなたはどうしますか?「キャー!」と叫び声をあげるか、恐怖で声も出せないか…分かりませんよね。でも自分だけではどうにもできないその事態を、今すぐ誰かに知らせる必要があります。

そんな緊急事態が発生したとき、果たしてアレクサは助けてくれるのでしょうか?

 

実際にやってみた結果…

 

「非常事態時、アレクサは本当に助けてくれるのか?」

そんなことを考えていたら、強盗が家に侵入してきたので、実際にアレクサに助けを呼んでみました!

 

「金を出せ~~~!!!」

「ぎゃーーーーーー!!」

結果は…以下の通りです!

 

「アレクサ、たすけて」

アレクサからの返事は

「ヘルプが必要な場合はhelp.amazon.co.jpでデバイスサポートを選択してください」

というものでした。緊急事態にウェブサイトにアクセスできる余裕はありませんね。

 

「アレクサ、緊急事態」

こちらもアレクサの返事は

「ヘルプが必要な場合はhelp.amazon.co.jpでデバイスサポートを選択してください」

というものでした…。

「ちょっと難しいです。ごめんなさい」と返されたこともありました。いずれにしてもまだ未対応のようです。

 

「アレクサ、助けを呼んで」

アレクサに助けを求めるのではなく、助けを呼んでとお願いしてみたところ

「すみません、どのデバイスまたは連絡先にかけますか?」

との返事が返ってきました。引き続き「◯◯に電話をかけて」などと伝えれば、連携している電話帳の中からその人物を探し出して電話をかけてくれます。ですが…やはり緊急事態にそのやり取りは難しいですね。

 

結論

実験から分かったように、アレクサはスキルを追加すると色々なことができるようになりますが、2020年10月13日時点、まだ「たすけて」といった緊急事態には応えてもらえないようです。

ところで、アメリカAmazonではすでに「Care Hub」というスキルが登場しているのをご存知ですか?もしかすると「Care Hub」が緊急事態の私たちを助けてくれるかもしれません。

「Care Hub」スキルとは?

「Care Hub」スキルを有効化すると、Amazon EchoやEcho dotなどのスマートスピーカーで助けを呼ぶことができるようになります。「アレクサ、助けを求めて!」と声を出すだけで、あらかじめ設定した緊急連絡先にスマホなどから緊急事態であるという通知を送ってくれるというスキルです。

受け取った側は自分が出るか、警察など緊急通報するかを選択できます。スマホを取ってロックを解除して電話アプリを立ち上げて…といった動作はパニック状態ではなかなか難しいですよね。「Care Hub」が有効化されているというだけで、安心感がまったく違うと思いませんか?

ただ、残念ながら日本ではまだ使えません。いつ頃使えるようになるのか、そもそも使えるようになるのかなどははっきりしていないようですが、「Care Hub」ではなくともそれに代わるスキルが開発されることを祈りたいですね!

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.