iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.22
2019.05.01

スマートホームの普及によってタブレットの需要は拡大する?

タブレットは「スマホとノートPCの中間」のような、いまいちポジションが確立されていないデバイスでしたが、実はスマートホームが普及することによってタブレットが密かに注目を浴びています。今回はスマートホームにおけるタブレットについて考えてみましょう。

記事ライター:iedge編集部

タブレットとスマートホームの関係

一般的なスマホよりもひと回り~ふた回り大きい8インチ、10インチなどのタッチパネル式の液晶ディスプレイ端末の総称をタブレットと言います。

スマホの代わりのような位置付けに捉えている方も多いと思いますが、音声通話は基本的にアプリがないとできず、逆にマウスやキーボードがなくてもファイルの編集ができることから、どちらかというと小型のPCに近い存在と言えます。

タブレットのOSにはいくつか種類があります。

代表的なものでは「Windows(Microsoft)」「iOS(Apple)」「Android(Google)」「Fire(Amazon)」などで、それぞれUIが異なります。

昨今、次々に登場しているスマートホーム関連の各IoTデバイスはアプリを介して制御するものがほとんどで、多くの方はスマホやタブレットにそのデバイス専用アプリをインストールして制御することになります。

 

タブレットをゲートウェイとして使用するスマートホームデバイス

「アプリで始めるアパート経営・TATERU」のキャッチコピーでお馴染みの株式会社インベスターズクラウドが、ハードウェアビジネスプロデュースなどを手がける株式会社FORMULAとともに開発した「TATERU kit」があります。

TATERUのアパートに標準装備されているもので、入居者は外出先からでもエアコンの管理、玄関のドアの施錠、窓のセキュリティ、照明の点灯・消灯などがアプリを介して行えるというものです。

・NATURE SENSOR REMOTE CONTROLLER

室内の温度や湿度情報を取得し、必要に応じてエアコンを制御できるデバイスです。赤外線通信にも対応していますので、エアコン以外に照明やテレビなども制御することができます。

・WINDOW SECURITY

窓に装着しておくだけで開閉や揺れを検知し、その情報をスマホ等に通知してくれますので、外出先からでも異常を知ることができます。

・SMART LIGHT

照明を自分好みのトーンに調整することができるほか、消し忘れた場合などは外出先からでもオフにすることができます。

・SMART LOCK

スマホ、カードキーなどのNFC(近距離無線通信)、テンキー、リアルキーの4つの方法で施錠・解錠できるスマートキーです。

そして、これらを一元的に管理するための「ゲートウェイ」として用いられているスマートホームデバイスがタブレット端末(CENTRAL CONTROLLER)なのです。

室温、湿度、玄関のドアの戸締り状況、照明が点灯しているかどうか、エアコンはつけっ放しになっていないか等を一目で確認することができます。

このCENTRAL CONTROLLERは室内側のモニター画面にもなっていますので、誰が来客したのかが分かるほか、来客履歴も残りますし、連携させているスマホを介せば外出先からでも来客対応することが可能です。

TATERU kitのタブレットをスマートホームのドアホンにして民泊で活用していく動きも広まりつつあり、今後需要が増えてくると予想されています。

 

スマートホームにおいてスマホの欠点を補うのがタブレット

スマホとタブレットの大きな違いの一つが液晶ディスプレイのサイズです(なお、電話とタブレット両方の良いとこ取りをしたファブレットと呼ばれる5.5インチ~7インチ未満の端末もありますが、ここでは割愛します)。

スマートホームデバイスとしてスマホとタブレットの両者を比較した時、単純に考えて画面が大きい方が操作しやすいということが言えます。

たとえば株式会社インターテクノロジーの「アボットライリー」という、わずか12cmという手のひらサイズの可愛いネットワークカメラ付き見守りロボットがあります。

専用アプリをインストールしておけば、違う部屋にいても外出先からでもカメラに映る映像を確認できるほか、会話や録画も可能なセキュリティデバイスです。

このアボットライリーはアプリを開けば、スマホやタブレットの画面越しにラジコンのように動きをコントロールすることができるのですが、特に細やかな動きを指示するスマートホームデバイスとしてはタブレットの方が向いています。

あるいは、キッチンで料理をしながらIoTデバイスの制御のためにアプリを開いたり、誰が訪ねてきたのかモニタリングしたり、旅行中に家の様子が気になってネットワークカメラから室内をモニタリングしたりするなどの際、スマホでは小さすぎることがあります。

このことからも、タブレットはスマートホームデバイスの操作性という点においてスマホよりも優れていると言えます。

また画面が大きいということはそれだけ表示できる情報量も多くなりますので、あらゆるIoTデバイスが取得した様々な情報を、画面を切り替えることなく一度に確認できるのもタブレットの利点です。

ノートPCよりも小型のため携帯性にも優れ、スマホよりも多機能なタブレットは、これまでの「娯楽」や「ちょっとしたPCの代わり」からスマートホーム関連の各IoTデバイスをコントロールするための主要な存在となりつつあると言えるのではないでしょうか。

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.