iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.15
2019.05.01

外出先から家電をコントロールできるスマートリモコン「REX-WFIREX2」登場

エアコン、テレビ、扇風機、照明、オーディオなど、家の中にはたくさんのリモコンがありますが、それらをひとまとめにできて、しかも外出先からコントロールできてしまうスマートリモコンREX-WFIREX2が登場し、人気を博しています。

記事ライター:iedge編集部

赤外線学習機能を備えたREX-WFIREX2とは?

家電が増えるたびにリモコンも増えてしまい、リビングにはエアコン、テレビ、DVDプレーヤー、オーディオのリモコン、各部屋にはエアコンや照明のリモコンなど、家中にいくつものリモコンがあるという方も多いのではないでしょうか。

これらは赤外線信号によってオン・オフ、音量やチャンネルの変更、風量や風向きの調整などを行っているのですが、エアコンのリモコンでテレビを稼働させたり、照明のリモコンでオーディオを起動させたりといったことは基本的にできません。

それに、リモコンは頻繁に買い替えるものではなく、どこか「テーブルの上にあって当たり前」のような感覚になっていますので、

「リモコンがどこかにいってしまった」

「使おうと思ったら電池切れだった」

「押しても反応しなくなってしまった」

などという経験がある方も少なくないでしょう。

そんな時に大活躍してくれるのが、今回ご紹介するラトックシステム株式会社製のスマートリモコンREX-WFIREX2です。

赤外線リモコンを使用する家電で、かつ赤外線の受光部があれば特別な機器の追加や家電の買い替えなども必要なく、今日からすぐに便利な生活を始めることができます。

本体を購入後、無料の専用アプリ「スマート家電コントローラー」をスマホまたはタブレットにインストールします。

本体にはあらかじめ主要メーカー・機種のリモコンデータが200種類以上プリセット登録されていますので、その中から該当するモデルを選択するだけでOKという簡単操作も人気の秘密です。

もしプリセット登録されているリモコンの中に該当のモデルがない場合も、リモコンの赤外線信号を覚えさせることができますので、赤外線リモコンを使用するほとんどの家電をREX-WFIREX2一台でコントロールできるようになります。

 

REX-WFIREX2の便利さがわかる機能と日常での活用シーン

リモコンの紛失時、電池切れ、故障時などにも予備として使用することができるREX-WFIREX2は、日常の様々なシーンで活躍が期待できます。

たとえば外出中、ふと「テレビの電源は消してきたかな?」と不安になってしまったら、アプリを開いてオフにすることができます。

また「今日は寒いから帰るまでに部屋を暖めておきたいな」と思ったら会社を出る前にエアコンをオンにしておけば、帰宅時には暖かくて幸せな空間が待っています。

さらに、便利な機能として「温度・湿度・照度センサー」が搭載されています。

たとえば真夏の日中に家でペットや子供、高齢者が留守番をしている際「部屋の中の温度が高くなりすぎて熱中症にならないかな」と心配になっても問題ありません。

外出先からでもアプリを開いて温度や湿度をチェックし、必要に応じてエアコンを稼働させることができるからです。

「タイマー機能」もいろいろな使い方ができる非常に便利な機能です。たとえば、

・旅行中に夜になっても電気が点いていないことで不在であることがバレてしまわないか

・女性の一人暮らしで帰宅してすぐに部屋の電気を点けたら部屋を特定されてしまわないか

などと不安になってしまうこともあります。

そんな時でもタイマー設定を使えば、旅行中でも毎日定期的に、あるいは不定期に照明をオン・オフすることで不在と悟られにくくなりますし、女性の一人暮らしの場合でも帰宅前に照明をオンにしておけば、部屋を特定されにくくなります。

また、家電をグルーピングしてタイマー設定することも可能ですので、朝7時にオーディオとエアコンがオンになって快適に朝を迎える、といったこともできます。

このように、単なるスマートリモコンとして以外にも日常の様々なシーンで便利な使い方ができるのがREX-WFIREX2なのです。

 

REX-WFIREX2のその他の特徴

マクロ機能というのもREX-WFIREX2の特徴の一つです。

一つのボタンに複数の操作が設定できるというもので、たとえば「テレビの電源オン」「DVDプレーヤーの電源オン」「オーディオの電源オン」などの動作が一つのボタンで完結します。

さらに、各機器が“起動する時間”を考慮して次の操作まで0秒~200秒の中から適切な間隔を設定して登録することができます。

また、よく使うリモコンボタンのウィジェットを作成しておくこともできますので、いちいちアプリを立ち上げなくてもAndroid端末であればホーム画面のボタンから、iOS端末では通知センターのボタンからそれぞれ操作することができます。

 

使うほど便利さが分かるREX-WFIREX2。スマートホームを始めるには最適

このように、難しい設定や操作も必要なく、購入後すぐにスマートホーム・ライフを楽しむことができるREX-WFIREX2の販売価格は8,640円です。

なお、アプリに登録したリモコンデータはWi-Fi経由で他の端末に受け渡すことができますので、家族みんなで同じリモコンを共有することもできます。

使うほどにその便利さを感じることができるREX-WFIREX2は、初心者でも導入しやすいお勧めのスマートホーム向けIoTデバイスです。

関連記事

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

100%ワイヤフリーのWebカメラ!Arlo Essentialで屋外の見守りを

自宅の外にある自動車や自転車への犯罪に対して、監視カメラを設置することは有効な抑止力になります。しかしながら、監視カメラを設置するには、普通は電源などのケーブルが必要です。自宅の環境によっては設置が難 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.