iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.12.08
2019.05.01

Amazon Alexaを搭載したロボット・デスクライト「Lumigent」が登場

ハードウェアの企画・開発を手がける株式会社Crevoは、9月1日から6日にかけてベルリンで行われた「IFA2017」において、音声操作が可能なロボット・デスクライト「Lumigent」のコンセプトモデルを発表しました。その性能や仕様などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

ロボット・デスクライト「Lumigent」の大きな特徴

画像引用:https://lumigent.cerevo.com/ja/

日本発のIoTスタートアップ企業・株式会社Crevoが発表したLumigentは、4軸の可動域を持つ変形機構を備えたデスクライトです。

音声認識機能を搭載していますので「Hi Lumi,~」と話しかけるだけで点灯・消灯してくれるほか、アプリであらかじめ設定しておいた自分好みの位置に自動で変形したり点灯したりもしてくれます。

この音声認識機能は従来のLumigentにも搭載されていましたが、さらに今回のコンセプトモデルの大きな特徴として、Amazon EchoやEcho DotなどAmazonのAI音声アシスタントAlexaに対応したデバイスと連携が可能な「Alexa Skill Kit」をサポートしているという点が挙げられます。

これにより、Lumigent本体ではなくAlexaに話しかけることでも、変形したり点灯・消灯したりすることが可能になりました。

現在のところ音声認識機能は英語のみの対応とのことですが、今後Amazon Echoの日本進出などに伴って日本語対応版が発表される可能性もあります。

使い終えた後は「Goodbye」と話しかければ自動で折りたたんで省スペース状態で待機してくれますので、場所を取らずに済むよう気遣ってくれるかしこさも兼ね備えています。

 

Lumigentが持つ変形機構や搭載されているカメラについて

Lumigentには4つのモーターが内蔵されていて、4自由度の可動域が備わっていますので、「ちょっと右」「もう少し左」など細かい指示に対しても自由自在に、ロボットさながらにアームを動かすことができます。

アプリには作業ごとに最適なアームの角度や照明部分の角度、照度などをあらかじめ登録しておくことができ、それらを本体に搭載されたボタンのほかに音声で呼び出すこともできますので、仕事、読書、執筆、ネットサーフィンなど色々な場面で活躍してくれるでしょう。

さらに、本体には無線LANやオートフォーカス対応の8メガピクセル(800万画素)のカメラも搭載されています。

たとえば、デスク上の書類をカメラで撮影して無線LAN経由でスマホを介してクラウドに転送したり、microSDカードに保存したりといったことができるほか、動画の撮影やコマ送りでアニメーションするタイムラプス撮影もできます。

さらに、本体にはUSBポートも搭載されていますので、PCと繋げばWebカメラに早変わりするほか、Lumigentを活用してビデオチャットなども行えます。

なお、これらの操作はすべて音声で行うことができますので、作業している手を止めたり離したりする必要もありません。

デスクライトというカテゴリーを大きく超えたスペックは、まさに次世代のスマート・ロボット・デスクライトと言えるでしょう。

 

Lumigentの仕様について

音声認識機能、Amazon Alexa対応、変形機構にカメラ搭載など、これだけでも十分「すごい」デスクライトなのですが、光源の明るさも見逃せません。

製品版では1,000ルーメンになる予定(2017年11月現在開発中)とのことですから、非常に明るいと言えます(参考までに自動車のヘッドライトはハロゲンランプ55Wが1,000ルーメン程度です)。

開発中のためスペックは変更になる可能性もありますが、現時点で発表されているものは、

無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac(無線アダプタ同包)

有線LAN:別売りアダプタ

接続端子:カメラ用micro USBポート、USBポート×2、microSDカードスロット

サイズ:W294×H34×D46mm(セード部)、345+122mm(アーム長)、W145xD231mm(ベース部)

対応アプリ:Android、iOS(OSのバージョンは未定)

となっています。

 

Lumigentはオフィスや自宅での作業場を大きく変える可能性がある

様々な家電製品や家具のIoT化が進む中、デスクライトに関しては長い間代わり映えもなく、決して「今風」とは言えない製品も未だに多数流通しています。

今回、Alexa対応のLumigentのコンセプトモデルを発表したCrevoはそこに目をつけたわけですが、まさかここまで全く新しいタイプのデスクライトが登場するとは思いもしない方がほとんどでしょう。

もしかしたらLumigentがオフィスや自宅作業場の環境や、私たちの作業自体を大きく変えてくれる可能性もあるのではないでしょうか。

同社の岩佐代表は「既存の製品にインターネットやスマートフォン、特殊なテクノロジーを取り入れて革新していきたい」と語っていますので、今後もどんな既存製品が革新されていくのか、楽しみに待ちたいところです。

なお、Lumigentの予想販売価格は4万円~7万円程度、発売予定は2017年秋頃とのことですので、もしかすると皆さんがこの記事を目にする頃には発売が決定しているかもしれません。

関連記事

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

  IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.