iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.02.05
2020.02.05

【2020年最新版】Alexa(アレクサ)対応のスマート家電を一挙紹介!

IoTの技術が日々進化する中、スマート家電を導入したいと考えている人も多いのではないでしょうか。スマート家電は普段の生活を豊かにするもので、しっかりと有効活用すれば様々なことができる利便性の高い生活ができるでしょう。

今回ご紹介するのは、アレクサに対応しているスマート家電の2020年最新版です。もしもアレクサを持っているのであれば、対応しているスマート家電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。アレクサを持っていなくても、これを機にアレクサとそれに対応しているスマート家電を導入するのがおすすめです。

それでは、2020年最新版のアレクサに対応したスマート家電を一挙ご紹介しましょう。興味がある人は、是非とも参考にしてみてください!

記事ライター:iedge編集部

・アシックス スマートランニングシューズ

引用元:https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1228520.html

アシックスからはスマートランニングシューズが発表されました。こちらはランナーが自分の走りを客観的に分析できるようになっていて、発表された限りでは走った分の歩数や速度、走った距離、スライドの速さ、接地の角度、時間などを専用のアプリで確認できます。

現在はまだ開発中ではありますが、2020年には順次発売される見込みのようです。自分の走りはどんな感じなのか知りたい人や、もっと効率良く走るにはどうすればいいのかを客観的に知りたい人におすすめですよ。

 

Alexa対応スマート家電~スマートスピーカー編~

ここからはアレクサに対応しているスマート家電をご紹介していきます。

まずは、スマート家電のなかのスマートスピーカーをご紹介します。アレクサが搭載されていることで非常に便利な機能が活用できるので、普段の生活がより豊かになるでしょう。気になる人はスマートスピーカーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

・Amazon Echoシリーズ

引用元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1083855.html

AmazonEchoシリーズはアレクサに対応している製品の代表的なもので、毎日話しかけ続けるだけで学習する人工知能のアレクサを搭載しています。スマートスピーカーに話しかけるだけでアレクサが反応して喋ってくれるのでそれだけでも面白いですが、AmazonEchoシリーズには様々な機能があります。

まず、精度が非常に高いのでどの方向からでも音声を聞き取ってくれる機能、音楽再生デバイスとして使える機能、スキルが搭載されているので機能の拡張が自由にできることが挙げられるでしょう。

自然な感じで話しかけてもしっかり反応してくれますし、AmazonMusicと連携すれば好きな音楽を再生してくれます。また、スキルのおかげでアレクサに対応している製品であればAmazonEchoだけで様々な機能が使えるようになります。

両手が塞がっている時も様々な機能が使いたい人、好きな音楽を自由に聞きたい人などにおすすめですよ。

なお、AmazonEchoには他にEchoDot、EchoPlus、EchoSpotの計4種類があります。それぞれの価格は以下の通りです。

価格
AmazonEcho 1万1,980円
EchoDot 5,980円
EchoPlus 1万7,980円
EchoSpot 1万4,980円

・Eufy Genie

引用元:https://www.ankerjapan.com/item/T1240.html

Eufy Genieは主にモバイルバッテリーなど様々なガジェットを販売しているAnkerが提供しているスマートスピーカーで、AmazonEchoの体験版のようなものだと思って良いでしょう。アレクサを搭載していることはもちろん、そのほか搭載されている機能もAmazonEchoとほとんど変わらず、話しかければしっかり反応してくれますし、スキルも搭載されていてiTunesなどの音楽を再生することもできます。

使用する際にはEufyHomeでアカウントの設定とデバイスの登録を行うもので、セットアップも簡単です。AmazonEchoを使いたくても招待制なので招待メールが来なければ使うことができませんが、Eufy Genieであればすぐに使えます。

AmazonEchoを使いたくても使えない人や、アレクサ対応の安価なスマートスピーカーがほしい人、招待メールが来るまでの繋ぎがほしい人などにおすすめですよ。価格は4,980円です。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事

【IoTマスターへの道 vol.21】IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.3 メッシュネットワークってなに?普通のwifiとどう違うの?

担当編集者の塚岡氏が引っ越しをした。 新居にお邪魔した下村山だったが...そこで彼が見たモノとは一体...!? 前のお話:IoTマニアの塚岡、引っ越ししたってよvol.2 とても間抜けなスマートボット ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

アレクサの値段はいくら?月々の料金やアレクサの機能について解説

アレクサとはどんなもの? アレクサの値段に関わることを紹介する前に、アレクサとは一体どのようなものなのかについて解説します。 アレクサとは、音声認識システムのことを指します。 パソコンで言えばWind ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.12

【CES2020】鏡に様々な情報を映すスマートミラーは世界市場では当たり前の製品に

多数の機能を持つスマートミラー「Venus」 CESでは毎年出品された製品の中から、イノベーティブな製品に対してアワードが贈られています。そして、スマートミラーの中にもこのアワードを受賞した製品があり ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.02.10

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.