iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.11.10
2019.05.01

前モデルを超えたソニーのスマートLED電球スピーカー「LSPX-103E26」

天井から音と光のシャワーが降り注ぐ、そんな言葉がピッタリのスマートLED照明スピーカー「LSPX-103E26」、前モデルを上回るスペックで登場して以来、高い人気を維持しています。

記事ライター:iedge編集部

「照明とスピーカーを一体に」という新しい発想

スピーカーといえばオーディオ、テレビ、パソコンに搭載されているものや、広義ではイヤホンやヘッドフォン、あるいはカーステレオなどもありますが、そのどれもが、自分自身と同じかそれよりも低い位置にセッティングされているのが一般的です。

自分の頭よりも高い位置にあるといえば、カフェやオフィス、学校などに設置されている吊型スピーカーや大きなコンサート会場のスピーカーなどがありますが、一般家庭ではほとんど見かけることはありません。

今回ご紹介するソニーのLED電球スピーカーLSPX-103E26は、E26口金のソケットに装着することができるスマートデバイスで、天井に設置すれば文字通り「頭上」から音楽を流すことが可能なスマートデバイスです。

しかも、電球ですので照明としても使用でき、付属しているリモコンや専用アプリを使えば自分好みに色まで変えることができるという、全く新しい発想によって開発されたデバイスなのです。

前モデル LSPX-100E26Jから変更になった基本スペックは以下の4点です。

・全光束 360lm→500lm
・消費電力 9.0W→8.6W
・重量 205g→198g
・Bluetooth ver3.0→ver4.1

*全光束とは光源から全方向に発せられる光の束のことを指し、ルーメン(lm)という単位で表します。

それでは、バージョンアップした現在のモデルLSPX-103E26の機能や使い方をご紹介していきましょう。

 

LSPX-103E26の機能や使い方

LSPX-103E26は、E26口金のソケットであれば特別な配線や器具は不要、今使っている電球と交換するだけですぐに使うことができます。

E26口金はデスクライト、ペンダントライトなど多くの照明に用いられているサイズですので、天井、キッチン、リビングルーム、寝室、玄関、洗面所、ベッドサイド、トイレなど家中の至るところに設置可能です。

また、口金を変換するための市販のコネクターを使えばE17口金にも装着することができますので、さらにLSPX-103E26の用途が広がります(防水仕様ではありませんので浴室や水がかかりやすい場所への設置は控えましょう)。

新たな機器を設置する必要もなく、ごくごく自然に今までの生活に溶け込み、音や光のシャワーでこれまでにない空間を演出してくれるLSPX-103E26には、ソニーならではの様々なこだわりが込められています。

自分好みの空間を創り出すことができる

LSPX-103E26に付属のリモコンやスマホ、もしくはタブレットなどにインストールした専用アプリを使うと、192色もあるカラーの中から好きな色を選ぶことができます。

その日の気分によって変えることもできますし、映画や音楽のジャンルに合わせて変えることも可能ですので、よりリアルな臨場感を楽しんだり、あるいは非現実的な空間を創り出したりすることができます。

音楽連動モードによって臨場感あふれるコンサート会場に?

LSPX-103E26の専用アプリでは、再生する音楽のリズム、音量などに合わせて色が変化する音楽連動モードが搭載されていますので、自宅がコンサート会場さながらの臨場感に包まれるという面白い体験をすることができます。

なお、色の変化具合はアプリにて手動で設定することもできますので、自分の好きな音楽の照明に凝ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

就寝時や起床時にも立派なパートナーになる

スリープタイマー機能、ウェイクアップタイマー機能が搭載されていますので、就寝時は眠りにつきやすい音楽を小さく流しながら徐々に深い眠りへと誘ってくれますし、起床時には爽やかな音楽が徐々に流れ始め、快適に目覚めさせてくれます。

 

2台揃えばステレオ再生も可能!

そして前モデルと最も大きく異なる点が、ステレオモードとダブルモードの搭載です。

いずれもLSPX-103E26が2台あることが前提のモードですが、それぞれをワイヤレス接続して音楽を再生するSpeaker Add機能を使えばステレオサウンドを楽しめるほか、同じ音を2台同時に鳴らすダブルモードも利用できます。

リビングとキッチンなど別々の場所で同時に同じ音楽を聴くも良し、リビングに2台設置してステレオサウンドを楽しむも良し、LSPX-103E26にはソニーならではの音に対するこだわりがぎっしり込められています。

 

LSPX-103E26で家がより快適で居心地の良い場所になる

明るさは500lmと前モデルより約1.4倍アップしていますので通常の照明としても十分に機能してくれますし、明るさがアップしたにも関わらず消費電力は削減されているなど、嬉しいポイントがいくつもあります。

なおLSPX-103E26の販売価格ですが、

ソニーストアで23,880円

価格ドットコムで22,297円~29,800円

Amazon.co.jpで23,450円

ヨドバシドットコムで24,620円

となっています。

1台でも十分に音と光のシャワーを楽しむことができますが、やはり個人的には2台揃った時の感動をぜひ味わっていただきたいと思っています。

どうせなら2台購入してステレオモードやダブルモードで全く新しい感覚の音楽を体感したり、リビングや寝室など別々の場所に設置して家全体をさらに快適で居心地の良いものにアレンジしたりしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

NEW

もう寂しいなんて思わない!「LOVOT」が一人暮らしにおすすめな4つの理由

LOVOT(らぼっと)とは 画像引用元:https://lovot.life/lovestory/ 役に立たないけど、あたたかい ”愛されるために生まれてきた”ペット型ロボット、それがLOVOT(らぼ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.22
NEW

外国のメーカーだけど大丈夫?OPPO(オッポ)スマホにおサイフケータイは搭載されているのか

対象機種は一部!OPPOのスマホでおサイフケータイは使えるの おサイフケータイとは日本独自の決済サービスであり、スマホに内蔵されている「Felica」というICチップを使って下記のような操作ができます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.21
NEW

4Gと5Gってどっちがいい?現状と各技術を徹底比較

【どっちがいいを説明する前に基本を理解】そもそも4Gと5Gってどんな通信技術? 最初に4Gと5Gの基本を解説していきます。 動画もスムーズに再生できる高品質の通信技術!4Gとは 4Gとは「第4世代移動 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.