iedge
  • iedge

タグ

スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.30

【賃貸もIT化が進んでいる】スマートハウスを賃貸で実現する方法を紹介!

最近では大手不動産会社が、アパートなどの賃貸物件を「IoT(モノのインターネット)」化する動きも進んでいます。IoTがブームになる中、「自分もIoTを賃貸で活用して生活を便利にしたい」という方も多いでしょう。

今回はスマート賃貸とはどういったものなのかをはじめ、自分の賃貸物件をスマートホーム化する方法、そしてスマート賃貸を提供しているおすすめ不動産会社も紹介します。「スマート賃貸に住みたいが、どうすれば実現するか方法が分からない」という方など、スマート賃貸に興味がある方は、ぜひこの記事を参考に知識を深めてみてください。

記事ライター:iedge編集部

最近はスマートハウスならぬスマート賃貸が登場している

スマート賃貸とは、IoTを住宅に組み込んで人間の利便性を向上させたスマートハウスの賃貸版です。アパートなどにIoT家電やセンサーなどを設置しており、借主が便利に生活できるように工夫されています。

スマートハウスにもいろいろなタイプがありますが、各所にセンサーをつけて家電と密接な連携を取れるようにした高度なスマートハウスを自力で実現するには、手間と時間がかかります。スマート賃貸に住めばIoT機器の設置や設定など面倒な作業も一切なく、住み始めたときからすぐにIoTを活用した生活をはじめられます。

不動産会社によってはIoTつき賃貸にマークをつけてインターネット上で表示するなど、スマート賃貸を強く打ち出しているところもあります。後でスマート賃貸を提供しているおすすめの不動産会社をご紹介するので、ぜひ最後まで読んで下さい。

 

賃貸を自分でスマートハウス化する方法も

「高度なシステムを構築しなくてよいから、一人暮らしの賃貸生活でIoTを楽しみたい」という方は、自分でスマート家電などを購入してスマートハウス化する方法もあります。

スマートハウスを実現するにはIoTに対応した家電製品を個別に購入してもよいですが、その場合家電同士の連携が上手くできなかったり、購入コストが割高になったりとさまざまなデメリットがあります。

そのような場合は、スマートリモコンを活用してみましょう。

スマートリモコンはIoT非対応の機器が受け取れない情報を赤外線化して各家電に送信できるIoT機器で、導入すれば複数のIoT非対応機器をスマート賃貸に組み込めます。またわざわざ家電を買い替えたりする手間もないので、IoT構築に掛かる時間とコストを大幅に削減できます。

スマートリモコンを導入すれば、例えばスマホアプリ経由でエアコンの電源をON、OFFしたり、自動で照明をつけたりといった操作が可能になります。また自分の好きな家電を選んでスマートホーム化が実現できるという意味でも、メリットがあります。

さらにスマートリモコンを活用すれば、新しく家電を購入した、賃貸を引っ越すことになったなどの状況にも柔軟に対応して、また新しいIoTネットワークをすぐに構築できるようになります。

 

スマート賃貸を提供しているおすすめ不動産会社

ここからは、スマート賃貸を提供しているおすすめの不動産会社をご紹介していきます。「スマートハウスを自力で実現するのは、少し難しそう」という方はぜひ物件選びの参考にしてください。

レオパレス21

「レオパレス21」では、自社オリジナルシステム「Leo-LINK(レオリンク)」を導入した物件を提供しています。

スマートリモコン「LeoRemocon(レオリモコン)」では、レスパレスに最初から設置されている各家電の操作を外出先からスマホで行えます。また内蔵センサーにより、室内の温度や湿度などをすぐ調べて把握できます。

他にもスマホだけでドアの開閉ができるLeo Lock(レオロック)、クラウドサーバーに撮影映像を保存する「クラウド型防犯カメラ」など、さまざまなiot機器を利用できます。

レオパレス21は他にも駐車場やゴミ出し場の監視をIoT化する実証実験を行うなど、IoTを積極的にアパートサービスに取り込もうとしています。

シノケン

「シノケン」では、賃貸物件オーナー向けに「Shinoken Smart Kit」を提供しています。

専用のアプリをダウンロードして、赤外線リモコンの電波を受信可能です。そして受信電波の情報をアプリが学習し、アプリだけで家電の操作ができるようになります。

また侵入者発見などの異常時スマホに通知を送る機能やスマホやアプリで鍵を開閉する機能など、セキュリティに関する機能も搭載されています。他にも声だけで命令を出して照明器具をON、OFFしたりと、いろいろな操作が可能になっています。

アパマンショップ

「アパマンショップ」では、「AIスマートルーム」と称した賃貸を提供しています。

AIスマートルームには「Amazon」のスマートスピーカーと、IoTメーカー「リンクジャパン」のスマートリモコンが搭載されています。シンプルな構成ですがそれだけにさまざまな家電に対応可能で、自分で自由に操作のカスタマイズも可能です。

またアパマンショップは「アパマンショップ」という「アレクサスキル(Amazonのスマートスピーカーに搭載されている音声アシスタント、「アレクサ」に追加できるプログラム)」も提供しており、ゴミ出しの日など生活で必要な情報を手軽に取得できるようになっています。

スマートハウス増加の流れに合わせて、今後賃貸もますますスマートハウス化が進んでいくでしょう。ぜひスマート賃貸に住んで、便利な生活を手に入れてください。

賃貸をスマートハウス化するためにおすすめのデバイスが知りたい!という方は、こちらの記事もチェックしてみてください。スマートハウス化の注意点などと併せて解説しています。

関連記事

NEW

【IoTマスターへの道 vol.18】実家IoT化計画No.8_スマートロボット掃除機。これからも両親をよろしくお願いします。

実家のIoT化計画のシメとしてロボット掃除機を置いてきた下村山。 最初はなかなかわかり会えなかったロボット掃除機と人間たち。しかし実は、とっても大切なものをロボット掃除機から受け取っていたようです。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.22
NEW

3万点以上のアートをリアルに表示する「Meural(ミューラル)」って?

NETGEARの「Meural」は、絵画や写真といったアート作品を表示させるためのスマートアートキャンバス。テレビやモニターなどのディスプレイとは何が違うのか? どんな用途で使われているのか? 発売元 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.20

【引っ越しプロジェクト vol.3】追い焚きボタンを自動化したい!

寒い日々が続きますね。こんな日々は夜にゆっくりお風呂に入って身体を温め、リラックスしたいもの。 しかし…。今すぐ入りたい!と思っても「追い焚き」に一定の時間がかかってしまいます。これがストレス。なんと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2020.01.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事2017.10.02
1 2

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.