iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.11.06
2019.05.01

ますます便利になったロボット掃除機「ルンバ」960、その実力や人気の理由は?

「ルンバ」はアイロボットから発売されているお馴染みロボット掃除機で、現在600、800、900という3シリーズがラインナップされています。今回は中でも特に人気の最新機種、ロボット掃除機「ルンバ」960について、その実力や人気の理由をご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

ルンバ960の特徴や980との違い

ロボット掃除機「ルンバ」には600、800、900という3つのシリーズがあり、それぞれ違った特徴を持っていますが、基本的に数字が大きくなれば高機能かつ高価格となります。

現行モデルで最上位は900シリーズの980、次いで今回ご紹介するロボット掃除機「ルンバ」960ですが、両者は下記の性能や機能は基本的に同じです。

・吸引の仕組み
・走行方式
・自動充電機能
・自動再開機能
・進入禁止エリア設定機能
・段差落下防止機能
・iRobotアプリからの遠隔操作

なお980にあって960にない機能は「カーペットブースト機能(カーペット上で吸引力を上げる機能)」で、最大稼働時間も980が120分に対して960は75分と短めです。

とはいえ、75分も稼働してくれれば一般的なマンションであれば十分キレイにしてくれるでしょう。

その他の違いとしては

・交換用ダストカットフィルター(3,240円/2個)
・交換用エッジクリーニングブラシ(2,000円/本)
・デュアルバーチャルウォール(7,500円/台)

がそれぞれ980には2つ付属しますが960は1つのみです(追加購入する場合は上記カッコ内の価格を参考にしてください)。

両者はサイズも重量も全く同じなのですが、iRobotオンラインストアでの価格帯は980が125,000円に対して960が89,880円ですので、上記の違いを気にしない方であれば960を購入すれば十分事足りるでしょう。

 

ロボット掃除機「ルンバ」960の優れた機能

ロボット掃除機「ルンバ」960にはたくさんの優れた機能が搭載されています。

たとえば「iAdapt 2.0 ビジュアルローカリゼーション」という機能です。

本体に搭載されたカメラと多彩なセンサーによって、部屋の形状を把握してルンバ自身が「今どこにいるのか」をセルフナビゲーションし、どこが清掃されていないかなどを高精度に理解し判断してくれます。

特許を取得した「AeroForce クリーニングシステム」もロボット掃除機「ルンバ」960の持つ優れた機能の一つです。

特殊素材でできている弾性と剛性を兼ね備えたローラーがゴミを浮き上がらせ、パワーモーターによってルンバ内部に作られた真空状態が気流を一気に加速して、高い吸引力でもってそれらのゴミを取り込みます。

 

スマホアプリがあればいつでもどこでもルンバを動かせる

現在のところ900シリーズ限定の機能ですが、スマホにiRobotアプリをインストールしておけば外出先からでもロボット掃除機「ルンバ」960をコントロールすることができます。

「急遽、夜に人が来ることになった」
「最近忙しくて掃除できていない」
「旅行から帰った時に部屋がキレイになっていた方が良い」

など、ルンバを遠隔操作できるメリットは意外と大きいものです。

しかも、ルンバが走行軌跡を保存してくれますので、外出先からでも「ルンバがどこを掃除したか」をチェックすることができます。

また、同じくアプリではスケジュールの設定が容易にできますので、毎日外出先からアプリを開いてルンバをコントロールしなくても、設定した時間に勝手に掃除を始めてくれます。

なお、スマホアプリでロボット掃除機「ルンバ」960を遠隔操作するためには、ルンバ本体が、

・Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz帯)

に接続している必要がありますので、購入後にネットワークへの接続設定を忘れずに行いましょう。

 

まだまだある、ロボット掃除機「ルンバ」960の賢いポイント

*自動充電・自動再開
掃除中にバッテリー残量が少なくなったら、自動でホームベースに戻って充電を開始し、充電が完了したら掃除の続きをしてくれます。

*デュアルバーチャルウォール
ルンバを進入させたくない場所に、赤外線の見えない壁を作ることで避けて通るようになります(進入禁止エリアをつくるヘイローモードではペットの水飲み場なども避けてくれます)。

*エッジクリーニングブラシ
壁際、カーテン奥、家具の脚まわりなどのゴミもエッジクリーニングブラシがしっかり掻き出して吸い込んでくれます。

このようにロボット掃除機「ルンバ」960には様々な優れたポイントがあります。

 

至れり尽くせりのロボット掃除機「ルンバ」960、これさえあれば家中の床がキレイに


今回はロボット掃除機「ルンバ」960の特徴や優れた機能をご紹介してきました。価格帯も980と比べて手が届きやすくなりましたので、カーペットブースト機能や稼働時間、付属品の個数に対するこだわりがなければ、960のご購入をお勧めします。

掃除は毎日のことですし、意外と労力が大きいものでもあります。主婦の方はそんな日々の負担が、一人暮らしの方などは帰宅してからの負担が大幅に軽減されることになり、他の作業や趣味などに有効活用できる時間も増えます。

ゴミが多い場所はセンサーが感知してキレイになったと判断するまで入念に掃除してくれますので、「ちゃんとキレイになっているかな?」といった不安も解消されます。

ロボット掃除機「ルンバ」960が1台あれば、家中の床掃除を安心して任せられるでしょう。

関連記事

NEW

Fire TV Stickが止まってイライラ…フリーズした場合の対処法6つ

Fire TV Stickがフリーズしたときの対処法1:動画の再選択を行う ちょっとした不具合で、動画再生が止まりフリーズすることもあります。軽い不具合程度であれば、動画を再度再生するだけで症状が改善 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.29
NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.