iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.11.01
2019.05.01

デンタルケアの未来はここにある。ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート

2017年9月1日、家電メーカー大手のフィリップスは“ソニッケアー史上最高”となる充電式電動歯ブラシ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」の販売を開始しました。搭載されている機能や価格などについてまとめていきます。

記事ライター:iedge編集部

フィリップスについて

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」の大元であるソニッケアーを販売しているフィリップスは、オランダのアムステルダムに本社を置く多国籍企業で、日本法人である株式会社フィリップス・ジャパン(2017年10月1日株式会社フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンより変更)は東京都港区に本社を構えています。

日本ではソニッケアーのほか電動カミソリやコーヒーメーカーなども多く販売されていますので、目にしたことがある方や、実際に使っている方も多いのではないでしょうか。

もともと電球工場として創業したこともあり、IoT化が進む昨今においてはスマートIoT照明Hueを発売するなど、その存在感はますます高まっています。

そんなフィリップス・ジャパンは2017年8月3日、「フィリップス新商品発表会2017」を開催、その中でソニッケアー史上最高を謳う「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」を発表しました。

 

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」の最大の特徴はスマホとの連動

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」がこれまでのソニッケアーと最も大きく異なるのは「スマホと連動」するという点です。

スマホアプリをインストールし、Bluetooth経由でソニッケアー本体をペアリングすることで使用可能となるのですが、スマホと電動歯ブラシが連動すると果たしてどういったことが可能になるのか、見てみましょう。

*口腔マップでリアルタイムにチェックしながら磨ける
「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」のアプリに“口腔マップ”が表示され、問題がある箇所を色で分かりやすく表示してくれたり、位置センサーを使用することでブラッシングが不足している箇所をリアルタイムにお知らせしてくれたりします。

また仕上げ磨き機能では、磨き残しを色で教えてくれます。磨いている最中、全て磨き終わった後、いずれでもリアルタイムに磨き残しが分かり、最終チェックすることができます。

*スマートセンサーが最適なブラッシングに導いてくれる
「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」には加圧防止センサーが搭載されていて、ブラシヘッドを歯に押し当てる力が強くなりすぎるとアプリ上のライトリングが紫色に点滅したり、ハンドルが振動したりして力が強すぎることを教えてくれます。

また、電動歯ブラシを使用中についやってしまいがちなのが「歯ブラシをゴシゴシ動かしてしまう」という動作ですが、動作センサーによって動かしすぎないようにアプリ内で注意喚起してくれます。

*ブラシヘッド交換のタイミングが分かる
ブラッシングの時間、ブラッシング時の圧力などのデータを元に、ブラシヘッドの最適な交換時期をお知らせしてくれます。

このように「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」をアプリと連動させることで、まるで歯科医師や歯科衛生士が自分の口腔内やブラッシングをチェックしてくれているかのようなサポートを受けながら、ブラッシングすることが可能になります。

 

本体の機能自体も格段に向上している

アプリとの連動もさることながら、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」本体の機能も、従来のソニッケアーと比べると格段に向上しています。

*ブラシヘッド認識機能
ブラシヘッドにマイクロチップが内蔵されていて、モードや強さを自動で最適化してくれます(モードや強さは手動で自分好みに変更することも可能です)。

*4本のブラシヘッドが付属
・歯垢の除去力が手磨きと比べて最大10倍とされているプレミアムクリーンブラシヘッド
・3日間で手磨きより最大5倍のステイン(色素沈着)を除去してくれるプレミアムホワイトブラシヘッド
・2週間の継続使用で歯茎の健康が推進されるプレミアムガムケアブラシヘッド
・200個を超えるミクロの凹凸によって汚れを優しくもしっかり除去してくれる舌磨きブラシ

これらの4本がセットになっていますので、目的に合わせて最適なブラシヘッドを選ぶことができます。

 

価格や対応OSなどの基本情報

最後に、「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」の販売価格や基本情報をご紹介します。

*販売価格
HX9964/55(ルナーブルー)39,069円~42,980円
HX9934/15(ブラック)36,015円~43,855円
HX9934/05(ホワイト)36,015円~43,855円

*対応OS
Android4.4以上(Bluetooth4.0以降を搭載している機種)
iOS9.3以上(iPhone6以降)

*モード・強さ
クリーン(基本モード)、ホワイトプラス(ステイン除去)、ディープクリーンプラス(心地よい振動)、ガムヘルス(歯茎にやさしい)、舌磨きの5つのモードで、それぞれ強さは強・中・弱の3段階調節が可能です。

*使用時間
基本のクリーンモードで1回2分のブラッシングを1日2回行ったとして約2週間連続して使用可能です。

*その他の特徴
グラス型の充電器と充電器台、USB接続で充電可能なトラベルケースなどが付帯しています。また、対応電圧が100V-240Vと幅広いため海外でも使用可能です。

 

「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」で快適なデンタルケアを

電動歯ブラシとスマホの連動という画期的なアイデアでデンタルケアの将来像を示してくれた「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」、いかがでしたか?

日本人は特に歯周病が多いと言われており、しばしばデンタルケアの問題が取り沙汰されます。

いつまでも自分の歯を健康に保ち、食事を美味しく楽しむためには、できるだけ早い段階で適切なデンタルケアを行い、進行を防いだり、予防したりすることが大切です。

「長寿の鍵は口にあり」と言われるほど重要な口腔環境、あなたもぜひ「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート」で快適な、そして清潔な口腔環境を手に入れませんか?

関連記事

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.