iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.11.01
2019.05.01

オンキヨーが発表したAlexa+DTS Play-Fi対応スマートスピーカー「P3」

盛り上がりを見せるスマートスピーカー市場にまた一つ、新たなデバイスの登場です。オンキヨーグループが発表した、Amazon Alexa・DTS Play-Fiなどに対応した「P3」というデバイスの魅力に迫ります。

記事ライター:iedge編集部

「音とAIの融合」をテーマに開発されたAI対応スマートスピーカー「P3」


今回ご紹介するP3は、2017年9月にベルリンで開かれた世界最大規模の国際コンシューマー・エレクトロニクス展「IFA2017」で発表されたスマートスピーカーです。

日本での発売については「積極的に展開できるよう検討を進めている段階」とのことでまだ未定ですが、アメリカではEliteブランドから「F4」の名で、イギリスとドイツではオンキヨーブランドから「P3」の名でそれぞれ10月下旬に販売を開始します(本記事では便宜上「P3」としてご紹介します)。

*なお欧州ではGoogle アシスタント搭載のスマートスピーカー「G3」も同時期に販売が開始される予定です。

Amazonが持つ音声アシスタント機能「Amazon Alexa」、そしてDTSのワイヤレス・オーディオシステム「Play-Fi(プレイ-ファイ)」を搭載したこのP3、具体的にどのようなことができるのか、詳しく見ていきましょう。

 

P3が対応している「Amazon Alexa」と「DTS Play-Fi」について

P3の魅力をお伝えする前に、Amazon AlexaとDTS Play-Fiについて、どのような機能なのか簡単にご紹介します。

*Amazon Alexa
Amazonが誇るクラウドベースの音声アシスタントサービスで「Alexa、~」と話しかけるだけで様々なコマンドを実行してくれます。AIを搭載していますので、使えば使うほど、より賢く的確なレスポンスを示してくれるようになります。

*DTS Play-Fi
世界で最も多くのブランドがサポートしている高音質のワイヤレス・オーディオ技術です。スマホやタブレットなどの端末から無線でサウンドデータを飛ばし、スピーカーで再生することができます。

P3は、これら2つの機能が搭載されているスマートスピーカーです。続いて、その機能を使って具体的にどのようなことができるのかをご紹介します。

 

P3では具体的にどんなことが可能なのか?

Amazon Alexaは便利で快適なスマートホーム・ライフを実現してくれますし、DTS Play-Fiは家中に極上の音楽空間を創り出してくれます。

具体的にどのようなことができるのかと言うと、例えば次のようなことです。

*Amazon Alexaの機能でできること

1.音声による様々な操作
ユーザーの質問に対して答えてくれたり、ニュースやスポーツの結果・最新の天気予報や交通機関の情報を教えてくれたりするほか、電子書籍の読み上げやピザのオーダー、Amazonでの買い物、Uberでの配車依頼などが可能です。

2.スマートホーム関連デバイスの制御
Amazon Alexaに対応している各サードパーティ製のスマートホーム関連デバイスのアプリもサポートしていますので、P3に呼びかけるだけで照明の点灯や消灯、エアコンのオン・オフ、玄関のドアの施錠・解錠など、様々なデバイスの制御が可能です。

*DTS Play-Fiでできること
Amazon Music、Spotify、TIDALなどのサービスや各端末のライブラリーをWi-Fi経由で家全体の対応オーディオ機器に送信することができます。Android、iPhone、iPad用のOnkyo Music Control/Pioneer Music Controlアプリをインストールすれば、そのアプリを通じてDTS Play-Fi機能を利用できます。

 

オンキヨーの名の通り「音響」にも非常に優れている

P3は、2.5インチフルレンジウーファー2基とデュアルパッシブラジエーターの搭載によって、広がりや厚みのある重低音を持つ極上サウンドを実現し、DPSスイッチングアンプの搭載によって、小型とは思えない迫力あるエネルギッシュなサウンドを体感することができます。

また、P3は操作性にも配慮されていて、高いユーザーフレンドリー性を誇ります。

例えば、音声で毎回音楽を再生・停止することが煩わしく感じる場面もあると思いますが、そんな時はP3本体の天面に設置されたボリューム調整・再生・停止などのボタンを使うこともできます。

さらに、ネットラジオを4局までお気に入りとしてプリセット登録しておくことができますので、キッチンでの作業中や、午後のブレイクタイムなどに優雅な時間を提供してくれることでしょう。

 

競争が激化するスマートスピーカー市場を制することができるか?

すでに発売されているAmazon Echo、Google HOME、LF-S50Gや、年内販売開始予定のApple HomePodなど、次々に魅力あるデバイスが登場し、スマートスピーカー市場は一気に競争が激化してきました。

「音とAIの融合」をテーマに一切の妥協なく開発されたP3、スマートスピーカー市場においてどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?日本での発売と併せて、今後の動向にぜひ注目したいところです。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.